通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完訳 7つの習慣 人格主義の回復 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 志士丸堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品、帯付です。CD未開封です。Amazonガイドラインに則しています。若干の使用感(シミや汚れ、開き癖、数ページ程度の書き込みや折れ、背表紙や天地小口に若干のヤケや傷)がある場合があります。ご愛読頂くには問題ありませんがコレクターの方や美品をお求めの方はご遠慮ください。 午前中に注文確定されると翌日までに、午後に注文確定しますと翌々日までに発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

完訳 7つの習慣 人格主義の回復 ハードカバー – 2013/8/30

5つ星のうち 4.3 223件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,762

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 完訳 7つの習慣 人格主義の回復
  • +
  • 人を動かす 新装版
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全世界3,000万部、国内180万部を超え、今も読み続けられるビジネス書のベストセラー『7つの習慣』は、人生哲学の定番として親しまれてきました。

今回スティーブン・R・コヴィー博士没後1年を期に、『7つの習慣』が本来持つ「人格主義」に基づき、原書に忠実に訳し直しました。
よりわかりやすく理解しやすい完全訳の『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』。
豊かな人生を望むすべての人にお届けします。

出版社からのコメント

『7つの習慣 成功には原則があった! 』が、スティーブン・R・コヴィー博士没後1年を期に新たに訳し直され、『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』として刊行いたします。

日本語に翻訳されて17年。ベストセラーの「7つの習慣」を、なぜ新たに訳し直さなければならなかったのか。そしてどう変わったのでしょうか。


●不透明な時代だからこそ人格主義!

今回の『完訳 7つの習慣』刊行に際して、著名な方々にインタビューさせていただきました。その中で、皆さんから言われる共通のポイントは、実は「副題が今までオリジナルのものではなかった」ということをお伝えしたことに対する反応です。それは「人格主義の回復」ですとお話すると、皆さん「なるほど! 」とうなられるのです。この言葉を聞いて、それは今の時代の流れに合っていると確信しました。「人格主義の回復」はコヴィー博士本来の意図であり、そのミッションに基づいて『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』を世に出すことは非常に大きな意味があると考えています。

●変わらない軸で激動の時代を乗り切る

人格主義の土台となるのが、時代を通して変わらない軸となる原理原則です。コヴィー博士は、今回の『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』に収録した「はじめに」の中で、時代が変われば「7つの習慣」も変わるのかという問いに対して、いや、これは原理原則なので、時代が変わるからこそ、逆に変わらない軸となり支えとなっていくと答えられています。むしろ今日の激動の時代だからこそ、多くの人たちが変わらない軸を必要としており、「7つの習慣」が日本人に受け入れられた結果として、現行版が168万部にもなったのだと思います。

●コヴィー博士の想いをきちんと伝えていくこと

今回やりたかったことは、『7つの習慣』というブランドの浸透より、コヴィー博士をブランドとして確立することです。アメリカではピーター・ドラッカーとスティーブン・R・コヴィー博士の知名度はあまり変わらないのですが、残念ながら日本での知名度に大きな差があります。コヴィー博士の名前をきちんと伝えていくこと、そして『7つの習慣』を知っていただく必要があります。コヴィー博士が考えていた本当の「7つの習慣」を伝えるため、またコヴィー博士というブランドを確立するため、コヴィー博士本来の哲学や思想を一番大切するために、新たに訳し直したのです。

●原著に忠実にかつ老若男女にもわかりやすい翻訳

新たに翻訳し直す際の基準は、とにかく原書に忠実ということです。とは言いながら読者は日本人ですから、日本語としてわかりやすいことが大前提となります。この2つを軸に、習慣名も含めて聖域は持たずに完全にゼロベースで、コヴィー博士が本当に伝えたいと思っていることが伝わる訳になるよう徹しました。もう一つの指針として、現行版はビジネスパーソンを意識して翻訳され、それはサブタイトル「成功には原則があった! 」にも反映されていますので、今回はより幅広い読者にも理解できるわかりやすい訳を心がけました。私たちは、「7つの習慣」を子ども向けに展開した『7つの習慣ティーンズ』やより一般読者向けに展開した『まんがと図解でわかる7つの習慣』など、かなりプロダクトラインも増え、多岐にわたって『7つの習慣』を紹介しています。そういう点でも、老若男女すべての日本国民が親しめる『7つの習慣』という点も意識しました。

●コヴィー博士の意図を生かした習慣名に変更

コヴィー博士本来の意図を伝えるために、習慣名も2つを除いて変えました。まず第1の習慣「主体性を発揮する」は原著では「Be Proactive」であり、「Be=なる」というニュアンスを生かして「主体的である」と訳し直しました。そして、第2の習慣は原著の「Begin with the End in Mind」に込められたコヴィー博士の意図を汲んで「終わりを思い描くことから始める」に変更しました。第3の習慣も原著の「Put First Things First」に込められた想いを生かして、「最優先事項を優先する」としました。第4の習慣「Win-Winを考える」は変わりません。大きく変わったのが第5の習慣です。原著の「Seek First to Understand, Then to be Understood」の「Seek」の「求めていく」というニュアンスを出して「まず理解に徹し、そして理解される」としました。第6の習慣は今では「シナジー」が一般的であり、また原著の「今生み出す」というニュアンスを生かして「シナジーを創り出す」に改めました。最後に第7の習慣「刃を研ぐ」は現行通りです。

●さらに多くの人に読んで実践していただくために

日本で『7つの習慣』はベストセラーとして紹介されていますが、まだ本当の意味では浸透していないと思います。これから10年、20年先の何百万人というお客様、今日生まれたような赤ちゃんが20年後に『7つの習慣』を手に取るような未来を考えていくと、現在の販売部数はまだごく一部だと思っています。よりわかりやすく訳し直すことで、幅広い読者に理解していただけるようになりましたので、一層の普及に弾みをつけたいと考えています。読みやすくなったことによって「7つの習慣」がより身近になり、途中で挫折することなく日々の行動に生かすことが容易になったと確信しています。

●BS-TBSで放映!
2013/9/21 14〜15時、「王様のブランチ」の谷原章介さんが、女子大の教授に扮して『7つの習慣』の特別講義を行います。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 560ページ
  • 出版社: キングベアー出版 (2013/8/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863940246
  • ISBN-13: 978-4863940246
  • 発売日: 2013/8/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.5 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 223件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 506位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
大ベストセラー『7つの習慣』を翻訳し直し、『完訳 7つの習慣』というタイトル
での登場。サブタイトルの変化に、先ずは目が行く。これまでは「成功には原則があ
った」とあるが、今回は「人格主義の回復」。これこそがコヴィー博士が伝えたい真
の狙いであり、その「人格主義」の土台が「原則」だと言える。この「原則」に従っ
て、誠実に生きることこそが、HIGHLY Effective」、すなわち継続した望むべき成果
=効果性につながるとコヴィー博士が伝えている。スキルやテクニックは不要とは言
っていないが、これらは「個性主義」の土台であり、この土台に生きれば、短期的な
効率は上がるかもしれないが、長期的には成果を生み出さない。先ずは、「人格」の
鍛錬であり、その上での「スキル」「テクニック」であるという指摘はまさに至言だ。
そして「人格」は、7つの習慣を地道に実行していくことで鍛錬されるというのも共
感できる。

より原著に忠実に翻訳をし直したとあるが、少なくともビジネスリーダーやビジネス
パーソンを強く意識した前作よりも読みやすく、分かりやすい表現になっており、好
感が持てる。習慣名称も、
第1の習慣 「主体性を発揮する」→「主体的になる」
...続きを読む ›
1 コメント 345人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
30年前は、私の嫌いな単なるビジネス・ノウハウ本だとばかり思っていて、近づきもしませんでした。失敗でした。もっと早くに読んでいれば。アマゾン・プライムの無料1冊、という機会のおかげで、本当に良い、と思える本に出会いました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
5年ほど前に読んで、忘れていたが、名著ということで再読。人生で本当に大切なことは何か。その大切なもののために人生を捧げているか。そのことについて再度考えさせられた。自分を磨くことを習慣化することは難しいが、常に忘れてはならないことを思い出させてくれた。人生をすり減らしていると感じている方におすすめ。

【学びのポイント】
1)人生で大切なことは何か?
 ・死の床で自分の人生を振り返ったとき、もっと多くの時間をオフィスで過ごせばよかった、あるいはテレビをもっと見ればよかったと悔やむ人は、果たしてどれくらいいるのだろうか。
 ・答えは簡単だ。一人としているわけがない。死の床にあって思うのは、家族や愛する者のことである。
 ・人は誰かのために生き、最期はその人たちのことを思うのだ。

2)相手と意見が異なるのはなぜか?
 ・誰しも、自分は物事をあるがままに、客観的に見ていると思いがちである。
 ・だが実際はそうではない。私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままの世界を見ているのであり、自分自身が条件づけされた状態で世界を見ているのである。
 ・何を見たか説明するとき、私たちが説明するのは、煎じ詰めれば自分自身のこと、自分のものの見方、自分のパラダイムなの
...続きを読む ›
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
初めて読んだ自己啓発本がこの本です。
どのように生きるかということを考えていない、考えようともしない自分には、まず、第一の主体的であるというところから外れていました。
本当にそこから始めると、すこしずつですが、周りの評価も変わってきたような気がします。
まだまだ未熟者なのでこの本を人生の教科書と位置付けて、行動できれば、と今考えています。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
著者が分類するカテゴリーを参考にして自分を振り返ると、
緊急性の高いことを優先しすぎて長期的視野に於ける重要なことに
手をつけられずにいたことも多かったように思う。
さほど重要でもない課題に多くの時間をかけてしまうこともあった。
特に仕事に関しては、予期していなかった課題が突然出てきて
対処しなければならないことも多いので、
注ぎ込む時間と労力の比重を意識せずに動いていた。
今後は職業としての有効性だけでなく生活全般を見直し、
自分にとって最優先事項とは何かを常に念頭において
大切な時間とエネルギーを使おうと改めて決心させてくれた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー