通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
完訳 紫禁城の黄昏(上) (祥伝社黄金文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少しヤケあり。帯なし。管理番号1-16。不備が生じた場合、返金致します。2点50円返金。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

完訳 紫禁城の黄昏(上) (祥伝社黄金文庫) 文庫 – 2008/10/10

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 225

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 完訳 紫禁城の黄昏(上) (祥伝社黄金文庫)
  • +
  • 完訳 紫禁城の黄昏(下) (祥伝社黄金文庫)
  • +
  • 東條英機 歴史の証言 (祥伝社黄金文庫)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、満洲人でも日本人でもないスコットランド人のジョンストンが、皇帝溥儀の家庭教師という客観的な第三者的立場で、外部者には見えない当時の満洲王朝の内情を直に見聞した記録であり、貴重な証言である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ジョンストン,R.F.
1874年、スコットランドのエディンバラに生まれる。オックスフォード大学卒。1898年、香港英国領事館に着任。1919年、皇帝溥儀の家庭教師に就任。宮廷内で唯一の外国人として、その内側を見聞する。1930年、英国に帰国し、ロンドン大学教授に。1938年、死去

渡部/昇一
1930年、山形県生まれ。上智大学名誉教授。英語学、言語学専攻。上智大学大学院博士課程修了後、独・ミュンスター大、英・オックスフォード大へ留学。専門の研究活動に留まらず、歴史批評の分野でも多数の著作がある

中山/理
1952年、三重県生まれ。上智大学大学院英米文学専攻博士後期課程修了。エディンバラ大学留学。現在、麗澤大学学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 480ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2008/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 439631468X
  • ISBN-13: 978-4396314682
  • 発売日: 2008/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 115,232位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 著者は、清国ラストエンペラー「宣統帝溥儀(せんとうてい・ふぎ)」の外国人教師を勤めたスコットランド人。原著は歴史的な一級資料である。現代文での邦訳は岩波文庫に収められた。だが、岩波文庫版は序章が虫食いのように省略され、第一章から第十章までと第十六章が訳されずに出版された(一九八九年)。そこには何が書かれていたのか?岩波書店にとって何か不都合があったのか?
 一九一二年に清王朝が滅亡。一九二四年、前皇帝「溥儀」は乱暴な扱いを受け紫禁城から追放される。急進的な支那人は煽動した。処刑を!と。ジョンストンは安全のため、前皇帝を外国公使館区域に避難させる。受け入れたのが日本公使館だった。それ以来、日本は執拗に非難攻撃される。支那大陸を侵略するための狡猾な策略の結果だ、と。しかし、当時の芳沢公使は前皇帝が公使館区域に到着することすら知らなかった。ジョンストンが熱心に懇願したからこそ、前皇帝を手厚く保護することに同意したのだった。
 清国は満州族の王朝である。一六四三年に北京に入城し、満州と支那はいわば「結婚」をした。持参品が満州だった。今や支那との結婚が破綻。追放された満州族は持参品である祖国に帰る権利を当然持っていた。満州人、蒙古人の中には、満州独立運動の支持者がいた。一九二八年には先祖の墓が支那人により破壊され陵辱された。前皇帝は決意する。日本の力を利用し祖国満州に帰
...続きを読む ›
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
気の遠くなるような玉座のいさかいを
何千年と繰り返す中国
清王朝最後の皇帝は子供であり
家庭教師には一人の英国紳士がそばにいた。

映画「ラストエンペラー」を見たことのある人ならば
ジョンストン先生の存在は知っているだろうし、
劇中も本著作が登場する。

驚くべきことに戦後日本国内で読まれていたのはオリジナル原稿の半分以下のわずかな和訳と
さらに極端に湾曲された内容編纂が行われていたので、ジョンストン先生のクリアな意見を
我々が読めていたとはお世辞にも言い難い。

本作は訳者の労をまず労う。
素晴らしい訳なのだろうと思う。

紛いなりにも皇帝に仕えたイギリス紳士が
清王朝の末期を黄昏に例えている本題なのだ。
原文が隠喩とウィットに富んだ言い回しがリリカルに繰り広げられているのは想像に容易い。

知られざる宮廷の生活の描写は非常に生き生きとしていて、良くできた映像ドキュメンタリーを眺めるよりも、そして映画版ラストエンペラーを見るよりも興奮した。

宦官に対する視点も鋭く、本罪は内務府の腐敗によると断罪し、当時吹き荒れていた共産主義の麻疹に疑問符を投じようとジョンストン
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なぜ,東南アジアの人たちはそんなに日本を嫌っていないのに
韓国や中国の人たちは日本が何かするたびに文句を言うくらい嫌っているか
を知りたいと思っています.
上巻しか読んでいませんが,当時の状況を皇帝の帝師という立場から
説明している.他の人たちと違い内部に入り込んでいたため清国の
崩壊の理由がよく見えているように思いました.
岩波文庫のものは,14章からとなっているようですが,
その前の章も,いろいろ当時の状況など個人の見方ではあるが
伝えています.
役人たちが,国のことより自分のことを考えたこと
皇帝には,それをあらがう力が足りなかったこと
(皇帝より西太后のほうが偉い,中華圏独特の年長者の方が偉い)
などが記載されています.
また,共和国を作ったものの,国民は別に共和国を望んでおらず
真に仕えることのできる皇帝であればそれでいいと思っていたこと.
袁世凱は国民を見切り皇帝につこうとしたが失敗したこと.
共和国の議会は作ったが,直接暴力などに訴えることもあり
なかなか前に進まなかったことなどが書かれています・

いろいろな意味で,日本はよく維新ができたものだと思います.
下巻も時間があれば読んでみたいです.
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本が初めての「紫禁城の黄昏」完訳である。
巻頭に記されているように、過去、日本で多く流通した「岩波版」は、恣意的に半分も削除され、
また記述内容さえも書き換えてしまったものであるという事実に、私は慄然とした。

ジョンストンの著作は様々な記事で引用されているが、信用性の高い史料であることの証明であると思う。
同時に、読み物としてもスリリングで、紫禁城~満州への旅に誘う一冊だ。
監修した渡部昇一氏に感謝しつつ、一気に読了した。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック