通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完訳マルコムX自伝 (下) (中公文庫―BIBLI... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

完訳マルコムX自伝 (下) (中公文庫―BIBLIO20世紀) 文庫 – 2002/3/1

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,234
¥ 1,234 ¥ 885
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 完訳マルコムX自伝 (下) (中公文庫―BIBLIO20世紀)
  • +
  • 完訳マルコムX自伝 (上) (中公文庫―BIBLIO20世紀)
  • +
  • キング牧師とマルコムX (講談社現代新書)
総額: ¥3,332
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 396ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2002/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122039983
  • ISBN-13: 978-4122039988
  • 発売日: 2002/3/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,965位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
下巻では黒人イスラム教団で精力的に活動する中で次第に彼の尊師で
あるイライジャ・ムハマドと対立していく様子が語られています。
そしてついには脱退。その後、真のイスラム教を求めてメッカへ旅立ち
ます。その旅の中でマルコムは白人に対する今までの考えを改めます。
そして旅から帰ってきた彼は、自ら新しい組織を作ります。
最初の頃、過激な発言も多数あり、彼の考えはかなり凝り固まった
考えであるなと思いましたが、彼に惹きつけられる人々の気持ちが
分かるような気がします。マルコムはだいぶ前から自分は長くは生きられないと思っていました。
そして自伝が完成する頃には自分はこの世にいないだろうと言っていました。それが本当になったのが残念です。
この本を読んでいて、彼がどれほど熱意を持って黒人の人種問題について取り組んでいたのかが伝わりました。
モハメド・アリとの交流なども書かれていて、
マルコムXという人物を知る上でお薦めの本です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
下巻ではネイション・オブ・イスラム教団に入信したマルコムXが、尊師であるイライジャ・ムハマド氏の篤い信頼を得て、次々と教団を拡大していく様子が描かれる。

ところが、マルコムXの、そのやけどするほどの熱い情熱が周囲との軋轢を生み、ついには、その師であるムハマド氏との決別という衝撃の結果を招く。

彼はそれでも自分自身の信仰という火を絶やすどころか、イスラムの聖地メッカへの巡礼、そしてアフリカ訪問と、その行動力と見識の広さはある意味、師を超越していく。

下巻の3分の1は、マルコムXの自伝をインタビューから編集したアレックス・ヘイリィによるエピローグで占められるが、このエピローグが非常におもしろい。正直、自伝からはあまり伝わってこないマルコムXの緊迫感、神経疲労、または憤慨、やるせなさがとてもよくわかる。

思うに、彼はハスラーという渡世人の世界でつちかった非常に現実的な人間であり、自分の信じることに超特急のように前進するタイプで、そのあまりの性急さに、周りがついてこれないのだと思う。しかし、とは言うものの、現状のアメリカでの黒人の地位を見てみると、60年代から決して大きく改善したとは言えないところがまだまだ存在するのではないか。

マルコムXはえてして暴力と直結して考えられることが多いけれど、彼が本当に達成したかったことについて、我々は決してそれを誤解してはならないと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小僧 VINE メンバー 投稿日 2008/8/20
形式: 文庫
下巻ではネイション・オブ・イスラムの指導者イライジャ・ムハマドとの間で次第に対立が生じ、独自の黒人民族主義団体を立ち上げていく過程及び、メッカ巡礼、アフリカ諸国への訪問などによって徐々に思想を変化させていく過程が描かれている。上巻に引き続き、本書を貫くものは「人種融合」をほのめかす白人リベラルの偽善やワシントン大行進などに象徴される黒人公民権運動に対する手厳しい批判である。

白人の望む黒人像を演じることによって人種統合を目指したのがキングであるとするならば、そのような戦術を徹底して拒否し、黒人の自我を追求したのがマルコムであった。だが、本書を読んで気付かされることは、マルコムの戦術は決して暴力革命路線ではなかったことである。彼のブラック・ナショナリズムとは決して暴力革命による国家転覆を狙うものでもアフリカ帰還を目指すものでもなく、黒人2200万人の勢力を結集して投票行動によってアメリカ政治・経済・社会を変革しようとするものだったのである。日本でも「過激な暴力革命主義者マルコムX」というイメージが流布しているが、それは彼に批判的な白人黒人やメディアによって形成され、普及してきたものだということがわかる。公民権法が制定されて40年以上が経過するもなお未解決の黒人問題。本書に収められたマルコムの思想がリアリティを帯びて迫ってくる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
同時代のマハトマ・ガンジーの無抵抗運動や、キング牧師の公民権運動…彼は所謂一つの考えを貫いた偉人とは違う。彼の考えは流動する。白人全てを徹底的に糾弾するやり方。そこから聖地を巡礼し本当の信仰を手に入れる。そうこれは彼の成長の記録でもある。

彼の考えは上巻では白人への憎しみを煽るやり方で人々を釘付けにし、そして彼の背後には常に師であるイライジャ・ムハンマドの姿があった。しかし、イライジャ・ムハンマド二対する、懐疑心が深まったことをきっかけに、彼は教団から独立し、自分で黒人解放運動を行う為の団体を立ち上げたのだった。マルコムXはメッカ(イスラム教の聖地)への巡礼へと出る。彼にとって衝撃であったのは、そこで出会った人たち――黒人も、黄色人の優しさ、そして白人にも善良な人間がいるということである。"憎むべき"は…(彼はこの憎む事を捨てる事はしなかった)白人ではなくヨーロッパに充満する差別主義を体現した差別を当たり前に行う白人たちであると彼は悟ったのだ。(この考えに至るまで彼の思想はかなり流動する。この流動は教団・師への忠誠が強固、絶対だったが為に、それが崩れたとき、彼は向かうべきところを一時的にしろ失った。)
彼はメッカで純粋なイスラム教に触れ、真の信仰へ目覚め、再び活動を始める。彼は今まで通り攻撃的であった一方で、かつて批判を行ったキング牧
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告