通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完訳マルコムX自伝 (上) (中公文庫―BIBLI... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少使用感がありますが、問題なくお読みいただけます。【返品、返金保証】十分な検品をして出品しておりますが、万が一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかにご返品、ご返金しますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

完訳マルコムX自伝 (上) (中公文庫―BIBLIO20世紀) 文庫 – 2002/3/1

5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,234
¥ 1,234 ¥ 657
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 完訳マルコムX自伝 (上) (中公文庫―BIBLIO20世紀)
  • +
  • 完訳マルコムX自伝 (下) (中公文庫―BIBLIO20世紀)
  • +
  • キング牧師とマルコムX (講談社現代新書)
総額: ¥3,332
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

父の暗殺、一家離散、母の発狂を体験したマルコムは、麻薬を常用し強盗などを重ね投獄される。獄中で自己の価値に目覚め、ブラック・マスリムに入信。釈放後、黒人解放運動の最も戦闘的で説得力のあるリーダーとなる。


登録情報

  • 文庫: 421ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2002/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122039975
  • ISBN-13: 978-4122039971
  • 発売日: 2002/3/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,674位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazonのお客様 VINE メンバー 投稿日 2008/11/11
形式: 文庫 Amazonで購入
マルコムXとキング牧師。暴力の肯定と否定。
同時代に生きた偉大な2人の黒人解放運動者の違いとしてよく引き合いに出される部分である。しかし、果たしてそうであろうか?確かにこの本を読むと、マルコムの過激な人間性を見ることができる。だが同時に、彼は決して暴力を奨励していたわけではない。アメリカにおいて非暴力では何も変わらなかったという事実・アフリカにおける植民地解放が少なからず武力に基づいたものであったという事実を踏まえ、真に「人間」らしく生きるために、人間としての当り前の振る舞いを説いているにすぎない。少なくとも私はそう感じた。また、晩年彼の思想がキング牧師に近付いていることにも留意する必要がある。
オバマ新大統領誕生で、アメリカが本当に人種の壁を越えた国となったのか。いまだに映し出される貧民街を見るたびに、この問題の解決はそう簡単ではないと思わずにはいられない。
今こそ、この本を読む意味がある。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
彼は運動家というより、革命家。読んだらイメージが変わりました。ゲバラのような純粋さを感じました。一読の価値があります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kasa2001 トップ500レビュアー 投稿日 2013/4/8
形式: 文庫 Amazonで購入
「白人が悪魔なんだ・・・」窃盗の罪で刑務所にいたマルコムに、弟のレジナルドが訪ねてきて言った言葉
だ・・・。
レジナルドは(他の兄弟も)マルコムが獄中にいる間、イスラム教に改宗しその教団の指導者イライジャ・ムハマドの教えを伝えに来たのだった。
その言葉が、以後のマルコムの生涯を決定的に変えてしまう・・・。

第二次大戦中のハーレムを中心とした黒人社会、屈折した白人、クラブのミュージシャンたち、ビリー・ホリディ、大量の麻薬・・・。
ごく普通の純朴な黒人少年が徐々に堕落し、加速がつき、あとは転げ落ちるように奈落へ落ちて行った若きマルコム、逮捕され刑務所へ入ったのは1946年21歳の時。

明晰な頭脳で、冷静にシニカルに自分を、黒人達を、白人達を、アメリカを見つめるマルコムの語り口が鋭い。
イスラム教、イライジャ・ムハマドに心酔し、話術を磨き、信者獲得に奔走するマルコムX導師の誕生までが前編。

読むのが、ずっと恐ろしかったマルコムXの自伝、面白すぎて少し震えながら読んでいる・・・。

以下、目次。
序/第1章・悪夢/第2章・マスコット/第3章・「ホームボーイ」/第4章・ローラ/第5章・ハーレムの住人/第6章・デトロイト・レッド/第7章・ハスラー/第8章・手詰まり/第9章・逮捕/第10章・サタン/第11章・救済/第12章・救世主/第13章・マルコムX導師
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小僧 VINE メンバー 投稿日 2008/8/14
形式: 文庫
時に「夢のキング、悪夢のマルコム」と並び称されることもあるマルコムXの自伝。上巻では幼少時の回顧からボストン、ニューヨークにおいてハスラーとして鳴らした青少年期、逮捕・投獄された経験、獄中にてブラック・ムスリムの思想に感化され、出獄後ネイション・オブ・イスラムの導師となっていく経過が描かれている。

W.E.B.デュボイスはその著『黒人のたましい』(岩波文庫)において「アメリカの世界―それは、黒人に真の自我意識を少しも与えてはくれず、自己をもう一つの世界(白人世界)の啓示を通してのみ見ることを許してくれる世界である。この二重意識、この絶えず自己を他者の目によって見るという感覚、軽蔑と憐憫を楽しみながら傍観者として眺めているもう一つの世界の巻き尺で自己の魂を図っている感覚、このような感覚は一種独特のものである。」(P15)という有名な言葉を残しているが、マルコムの戦いもまた真の自我を持ちえない黒人の現状に対するものだったことがわかる。

印象的なのは戦時の総力戦の過程で階層上昇に成功した「一番乗り」の黒人に対する彼の批判である。「「上流階級」に属するといわれる黒人の多くは、白人たちに「自分たちはほかの黒人たちとは違うんだ」ということを印象付けるのに忙しくて、そうすることがただ単にすべての黒人に対する白人の軽蔑を維持するのに預かっているだけだとい
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
黒人解放運動の指導者において、キング牧師に比べて高評価が少ない人物だが、彼の運動思想やその行動力、経験などからしても、キング牧師に劣らない力を持っていたのは火を見るよりも明らかである。

上巻では、マルコムの黒人解放運動指導者になるまでの道のりを著しており、非常に面白く読める。中公文庫には、このような貴重な文献を復刊してもらい、非常に感謝している。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー