通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに使用感(スレ等)がございます。中身は書き込み、ヨレ、汚れなく大変きれいな状態です。お読み頂きましてありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫) 文庫 – 2009/3/10

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 556

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)
  • +
  • 1984年のUWF
  • +
  • 1993年の女子プロレス (双葉文庫)
総額: ¥3,873
ポイントの合計: 250pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1970年を境に勢いを失った世界のプロレス。なぜ日本のプロレスだけが、その力を維持し続けたのか。その謎を解くべく、アメリカ、韓国、オランダ、パキスタンを現地取材。1976年の猪木という壮大なファンタジーの核心を抉る迫真のドキュメンタリー。単行本に大幅加筆し、猪木氏へのインタビューを含む完全版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳澤/健
1960年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒。在学中からまんが専門誌「ぱふ」の編集を手がける。空調機メーカーを経て84年に文藝春秋に入社。「週刊文春」「Sports Graphic Number」編集部に在籍の後、2003年退社。以後、フリーランスとして各誌紙に寄稿。“1976年の猪木”にかかわる人びとをアメリカ、韓国、オランダ、パキスタンに訪ね歩き、07年3月、デビュー作「1976年のアントニオ猪木」を発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 493ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167753650
  • ISBN-13: 978-4167753658
  • 発売日: 2009/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,174位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
40歳以降の男性で、その昔に金曜日夜8時にNETテレビ(現テレビ朝日)の前に座っていた人には感涙モノの本である。

 プロレスとは、いまでは当たり前の話なのだが、ストーリーと役割がはっきりしているイベントである。その頃はまだまだ高校生の私も熱狂的になっておったが、その点においても猪木という男は天才的でありました。

 企画、脚本、演出、主演、監督をすべて一人でやってのけ、それが完璧なファイトとして世の大人・子どもは熱狂と化した。いや、猪木だからこそであり、馬場さんのプロレスにはこの熱さと危機感と悲壮感はありえないのだ。

 しかし、その長い猪木の歴史、いや、力道山、馬場から続くプロレスの長い物語の中で、「1976年」のみが、この一年のみが「リアルファイト」(ガチンコ)を行った唯一、稀な年なのだ。なぜ、猪木は「リアルファイト」という殺伐としたリスクの多い行動に出たのだろうか。そこには深いわけがある。

 1)対 ウィリアム・ルスカ戦
 2)対 モハメッド・アリ戦
 3)対 パク・ソンナン戦
 4)対 アクラム・ペールワン戦
 いずれも1976年に行われている。

 正確に言えば、対ウィリアム・ルスカ戦はシナリオのあるファイトであった。戦前には完全
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1976年にアントニオ猪木が行った「異常な四試合」についてのドキュメント。そしてその四試合が現代に至るまでのプロレスおよび総合格闘技にどのような影響を与えたのか?と言う疑問に対して非常に明確な一つの回答を提示した本だ。一般的に興味を惹くのはやはりモハメッド・アリとの一戦が書かれた第三章、第四章だろう。ただしその章だけを読めばOKかと言えばそうではない。

なぜ猪木がこの無茶な「異種格闘技戦」を行わなくてはいけなかったのか。そしてこの戦いが残した物とは何か。本書の一番面白い部分はそこだ。「アリ戦」以前とその後についてはプロレス・マニアしか知らないような内容だろう。しかしその部分をプロレス・マニア以外の読者にもわかり易く丁寧に書かれている。だから普段はプロレスも格闘技も興味がないが、タイトルだけに惹かれて本書を手にしたと言う人でも十分に理解ができるし、読んでいてつらくならないと思う。

本書を読むとこの時期のアントニオ猪木がどれほど狂っていて、その狂気がどれだけ魅力的だったのかがよくわかる。そして人々を熱狂の渦に巻き込んだ魅力は猪木が天才的な演出家であり、同時に(不完全ではあるが)天才的なグラップラーであったからだと言う事もよくわかる。猪木は優れた「ショー・レスラー」であると同時に「ガチンコ」でも強かったのだ。若い人たち、プロレスに興味がない人た
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1976年のアントニオ猪木

1ヶ月近くかかって…(;'Д`) やっと読み終えました。(本読むの苦手…)

プロレスはリハーサルのあるショーであるはずなのにモハメドアリ戦はリアルファイトだった。そのために猪木はボクシング王者の前で寝そべり、またアリはパンチを当てる事が出来なかった。
その結果、猪木は莫大な借金を背負いアリの脚はローキックによって深く傷ついた。
その年、猪木は数度のリアルファイトを行っている。それは莫大な借金返済のためだったのか?それとも…

この本は猪木賛辞の本では決してなく、史実に基づいてプロレスの凋落、猪木の凋落を書き綴っている。(巻末の猪木のインタビューも興味深い)

子どもの頃にプロレスに熱狂し、やがて覚めていったオトナに是非読んで欲しい一冊だ!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TaroTaro VINE メンバー 投稿日 2009/3/28
形式: 文庫
07年刊行の単行本に加筆、そして単行本刊行“後”に実現したアントニオ猪木へのインタビューが掲載された一冊。

著者のプロレスに対する立場は、「プロレスはスポーツではない。プロレスラーは勝利を目指さないからだ。よくプロレスは八百長などといわれるが、正確には違う。八百長試合ならばどんなスポーツにもある。普段は真剣勝負を戦い、時々負けてやるのが八百長である。一方、プロレスのリング上では真剣勝負は禁止されている。勝者と敗者を決めるのは観客の欲望を代行するプロモーターであり、レスラーではないのだ。(p68)」というものだ。

しかし、“プロ”レスラーでもあり同時に新日本プロレスの社長でプロモーターでもある猪木が、1976年に限って、ルールを逸脱したリアルファイトを行ない、それ以降は行なわなかったのかという理由を探ったのがこの作品だ。

よって、著者のこの立場に拒否反応を示す人(著者の見方を全面否定する人はいないと思うが)にとっては無用の一冊だ。

私自身はここ数年プロレスを観ることはなくなったのだが、熱心なファンだった頃の見方は、最初は単純にプロレス最強を信じる純粋な?ファンだったものが、いろいろ内幕を知ってからは、筋書きのある試合の中で本当に強いプロレスラーが一瞬みせる本気(相手との格の違いをみせつける瞬間)を
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー