通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫) 文庫 – 2009/3/10

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 387

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)
  • +
  • 1984年のUWF
  • +
  • 1993年の女子プロレス (双葉文庫)
総額: ¥3,873
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1970年を境に勢いを失った世界のプロレス。なぜ日本のプロレスだけが、その力を維持し続けたのか。その謎を解くべく、アメリカ、韓国、オランダ、パキスタンを現地取材。1976年の猪木という壮大なファンタジーの核心を抉る迫真のドキュメンタリー。単行本に大幅加筆し、猪木氏へのインタビューを含む完全版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳澤/健
1960年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒。在学中からまんが専門誌「ぱふ」の編集を手がける。空調機メーカーを経て84年に文藝春秋に入社。「週刊文春」「Sports Graphic Number」編集部に在籍の後、2003年退社。以後、フリーランスとして各誌紙に寄稿。“1976年の猪木”にかかわる人びとをアメリカ、韓国、オランダ、パキスタンに訪ね歩き、07年3月、デビュー作「1976年のアントニオ猪木」を発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 493ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167753650
  • ISBN-13: 978-4167753658
  • 発売日: 2009/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,371位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
小学生の時に猪木に心酔していた自分としては、当時の裏舞台を知れて楽しく読めた。
ただし、この本を楽しく読める人は猪木ファンを卒業した人でしょうね。
アリとの世紀の一戦の両陣営の攻防ももちろんだが、ルスカ戦に熱狂した自分としては、
この辺りのドキュメントも面白かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ナンバーの連載「1984年のUWF」が終了し、これがたいへん面白かったのですが、狙い澄ましたタイミングでの本書電子版リリースに吸い寄せられて予約購入しました。

結論から言うと「1984年の~」に勝る面白さでした。

リアルタイムで追いかけたUWFと、幼少期の記憶にかろうじて残る猪木vsアリ戦。前者を題した「1984年」がトレンディドラマなら、後者を中心に据える本書は大河ドラマの趣き。そして、両本を通じた根底のテーマとして繰り返し丹念に描かれるのが、「プロレスとは何か」。とても、とても奥深いものを感じさせてくれます。

さて本書には、古き良きアメリカン・ショープロレスの体現者が幾人も登場します。その中でもアメリカ・プロレス史上最も有名とされるゴージャス・ジョージとその後継者フレッド・ブラッシー。モハメド・アリに直結するこの両者が魅せる、分かりやすい対立構図、対戦相手をこき下ろすマシンガントーク、自らを偉大と壮言大語する、といったパフォーマンスは、やはりこの国の伝統なのでしょうか。現代の最高権力者に既視感を禁じえませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 単行本の時も絶賛したが、文庫本では、完本となり、5章「パクソンナンの項」、6章「ペールワンの項」が加筆、刊末にナンバー誌で行われた猪木とのインタビューが収めれている。

 筆者の立ち位置は、まるでコロンブスの卵である。プロレス村出身であったら絶対に取りえない発想で見事にアントニオ猪木という天才プロレスラーの「歴史化」に成功している。

 「プロレスは八百長か八百長でないか」、かつて猪木の全盛期に世間で問われた疑問・論争そのものの誤謬をはっきりさせる事から筆者は、「アントニオ猪木」にアプローチする。

 「プロレスに八百長はありえない。なぜならプロレスとはリアルファイトを絶対にしてはいけないものなのだから」と。ここから筆者のリサーチは始まるのだ。

 プロレスラー猪木が何故1976年にリアルファイトを3試合したのか。そこにエポックを筆者は見た。

 そのエポックを分析する事はすなわちアントニオ猪木のプロレスを分析する事だった。

 そして、何人ものプロレス村のライターが成し得なかったアントニオ猪木プロレスの「完全本」が完成したわけである。
 プロレスファンなら必読の一冊であろう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 色々と噂、癖のあるの猪木の真実をかいてあった。猪木と20年付き合って居た方がいて人から「良く20年も付き合えたなー」と呆れかえられたそうだ。
これを読んでいると確かにと思う。先輩レスラーのユセフ・トルコ氏が猪木をペテン師、詐欺師と言っていた事を思い出す。鍛えているから素人より強いけど本人自身が言うほど、世間が思っている程強くは無かったという事が分かった本。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1976年のアントニオ猪木

1ヶ月近くかかって…(;'Д`) やっと読み終えました。(本読むの苦手…)

プロレスはリハーサルのあるショーであるはずなのにモハメドアリ戦はリアルファイトだった。そのために猪木はボクシング王者の前で寝そべり、またアリはパンチを当てる事が出来なかった。
その結果、猪木は莫大な借金を背負いアリの脚はローキックによって深く傷ついた。
その年、猪木は数度のリアルファイトを行っている。それは莫大な借金返済のためだったのか?それとも…

この本は猪木賛辞の本では決してなく、史実に基づいてプロレスの凋落、猪木の凋落を書き綴っている。(巻末の猪木のインタビューも興味深い)

子どもの頃にプロレスに熱狂し、やがて覚めていったオトナに是非読んで欲しい一冊だ!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こあら 投稿日 2016/1/28
形式: 文庫
これほどスリリングで衝撃的な本は、数えるほどしか知らない。圧巻の取材力、文章力、構成力!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー