通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完全自殺マニュアル がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京Book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

完全自殺マニュアル 単行本 – 1993/7/1

5つ星のうち 4.0 270件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,258
¥ 1,258 ¥ 358

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

薬局で買える死ねるクスリから、最も安楽に死ねる方法まで、聖書より役に立つ、コトバによる自殺装置。

内容(「MARC」データベースより)

世紀末を生きる我々が最後に頼れるのは生命保険でも年金制度でもない。その気になればいつでも死ねるという安心感だ。…薬局で買えるクスリから、最も安楽に死ねる方法まで、聖書より役立つ、コトバによる自殺装置。


登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 太田出版 (1993/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872331265
  • ISBN-13: 978-4872331264
  • 発売日: 1993/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 270件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
高校3年生のときに宮台真司の著書で鶴見渉を知り、アマゾンで買いました。

「いざとなったら死んでしまえばいい」と言う精神的な支えが欲しいと思い、本を読み、いくつかの方法を試して楽に自殺できることは分かったのですが、自身がつくわけでもなく、今も不安で眠れない夜は度々あります。

でも、そんな時はこの本を枕元に置いて、心の中でいつでも死ねると唱えると多少は楽になるので、私にとってはとても大切な一冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
中学生からずっと自殺を考えてきました。
だけど、私の周りには自殺できるような場所がなくて、近くに森林もない・首を吊れる高さもない・橋もない・ビルもない・自宅で死んでもすぐ見つけられる…という感じで、なかなか死ねませんでした。
一度ドアノブ自殺も図りましたが、ドアが体重に耐え切れず壊れる。
結局オーバードーズや自殺未遂を繰り返すばかりでした。
サイトで自殺方法を検索しても、なんだかどれも信用できないものばかりで…。
でも、この本を読んで、「充分な高さがなくても首を吊れるんだ」とか「10階建てなら死ねるんだ」とか、詳しい事がいっぱい書かれていたので、とても参考になりたした。
そして著者の最後の言葉、読者に本当に伝えたい事。それは、「みんな自殺しろ!なんてつまらない事を言いたい訳じゃない。この閉塞した世の中を少しでも生きやすくする為に、死にたくなったら死ねばいいし、生きる奴は勝手に生きればいいという考えから、ちょっとは生きやすくしよう。ってのが本当の狙いだ」とありました。
なんだか心が軽くなったような気がします。
今まで、「死にたい」と言うと、他人に「簡単に命を粗末にするな」とか「強く生きろ」等と言われてきたので、それが凄く心に負担でした。
でも、この本は違う。
本当に死にたい人達の心の中
...続きを読む ›
1 コメント 192人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自殺の種類とその難易度、または方法など具体例を挙げて記述されています。少し難しい薬品の名前も出てきますが具体例を交えることによって読みやすくなっています。自殺は苦しいものだと理解していましたが案外そうでもないのかもしれないという気分になりました。私は特に自殺志願者ではないのですが、これから先のことを考えて知識として購入しました。とても貴重な情報が載っていると思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
何の悩みもない健全な人間がこの本を読んで、「そうか自殺にはこんな方法があるのか、それじゃあ死んでみよう!」ってなる訳がない。方法じゃなくて原因を潰す方に力を入れるべきでしょう。それは置いといて、この本は自殺を止めるという意味で有益でした。実例も交えて自殺の方法、途中経過、死後の状態などを知ることができるので、死にたい度が低い時は読むだけで「面倒くさそうだしまた今度でいいか…」と思えます。今の時代ネットで調べられると言われればそれまでなんですが、やはりオフラインでまとめて読めるというのは心強い。ただ流石に情報が古すぎる。別の人でもいいから、改訂版を出して頂きたいものですが、今の時代では無理かな…
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自殺者の例が書いてあり、共感する話がたくさんありました。
死ぬしかない、そんな人間もやはりいるのだなと思いました。自分もそれに該当する…と思うのは傲慢でしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
うつ病が悪化して、身体的にも絶望的に衰弱してしまった昨年前半の私は、毎日、どうしたらこの世からおさらばできるかだけを考えていた。そして七月、家族が一日家にいない機会ができたら、矢も楯もたまらなくなって、なんとかこの空白の時間帯のうちに死ねないかと、湯船の中で自分の手首を切ってみたが、致命傷にならないうちに「もうこれ以上は無理だ」と悟ってみずから救急車を呼び、助かってしまった。救急車を待つあいだに、玄関に大皿一枚ぶんぐらい血の池ができたが……。

その後すぐ、精神科に措置入院させられて、三か月と三週間でやっと退院を許され、以後は希死念慮は起こらなくなったが、あの、リストカットに至る前の半年ぐらいは、何を考えていたのかよく思い出せず、ただただ、死ぬことが頭から離れなかったことだけを思い出す。「飛び降りれば死ねそうな高層ビル」や「飛び込めそうな踏み切り」を下見して歩いたり(ビルの管理人に見とがめられたこともあった)、縄跳びの縄を輪っかに結んで「これなら楽に首を吊れるか」などと考えたりばかりしていた。あのころ、何度も何度も読み返していたのが本書だ。そのころは、本書の中に書いてあるバルビツール系睡眠薬を始めとするさまざまな医薬品が、自殺に使われた実績が明るみに出るごとに、次から次へと市販薬としては規制の対象となって、姿を消していった歴史を知って、「人間、死ぬっきゃないとい
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー