通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
完全自殺マニア―日本自殺年表人名データベース がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 光来堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー・帯に少しスレがありますが、書き込みや角折れ・目立った汚れはなく全体的に綺麗です。【お急ぎ便対応のAmazon配送センターより迅速に発送致します】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

完全自殺マニア―日本自殺年表人名データベース 単行本 – 2012/5/8

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/5/8
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,780

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本近現代史に名を残す自殺2473件以上収録 いつ・どこで・誰が・何故・自殺したか? 蒼々たる自殺者達。彼らの記録が 一つの資料にまとめられる事によって 日本の歴史が甦る 「東京自殺地図」+「自殺跡地写真」

内容(「BOOK」データベースより)

日本近現代史に名を残す自殺2473件以上収録。いつ・どこで・誰が・何故・自殺したか?彼らの記録が一つの資料にまとめられる事によって日本の歴史が甦る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 社会評論社 (2012/5/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4784509844
  • ISBN-13: 978-4784509843
  • 発売日: 2012/5/8
  • 商品パッケージの寸法: 2.2 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 581,987位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

タイトルにあるように、これはデータベースです。
そこから何を読み取るかは、読者次第といえます。
データを丹念に読み解いていくことが好きな人間には、堪らない一冊です。
特に社会学領域にとっては、貴重な資料が1冊、世に出たといえるでしょう。

しかし、データから何をどう読み解くかといった訓練を積んでいない人にとっては、極めて退屈な一冊と映るでしょう。
それぞれの章に申し訳程度につけられた、一見淡々とした文をどう解釈するかは、読者にとって鏡を見せられているような錯覚を受けます。
膨大なデータ量といい、茫漠としているようで鋭利な切り口といい、侮り難い怖い本です。

これらの点から「人を選ぶ本」と言って差し支えないと思います。
万人受けする本とはとても言い難いという警告を込めて、★を4つにしましたが、非常に価値のあるデータ集という点には、疑いをさしはさむ余地はありません。

最後に、このデータベースに掲載された皆様の魂の安からんことをお祈り致します。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
たしかに自殺者リストだけを注視するのであれば、新聞記事の寄せ集めと取られるでしょうか。
しかしながら、著者なりの自殺論が、宗教や社会科学など自殺考察を織り交ぜながら、
随所に散りばめられているのが、この著の特徴であります。

加えて、多数の自殺スポットの写真は、決して自殺の雰囲気を表すものではない、
(著者も一般的な場所で人は死ぬと断言しています)
であるからこそ、自殺とは・・・考えるのに、材料を提供してくれています。

年間三万人が自殺によって命を落としている日本において、
冷静に概観できる本なのではないかと私は30分読んでみた感想です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告