¥1,320
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
完全版 証言UWF 1984-1996 (宝島SU... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

完全版 証言UWF 1984-1996 (宝島SUGOI文庫) 文庫 – 2019/11/1

5つ星のうち3.6 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2019/11/1
¥1,320
¥1,320 ¥2,441

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 完全版 証言UWF 1984-1996 (宝島SUGOI文庫)
  • +
  • 証言 新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実
  • +
  • 最強の系譜 プロレス史 百花繚乱
総額: ¥6,260
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

あの「10・9」から24年目の再会!
髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録

プロレスか、格闘技か――
前田、髙田、藤原、山崎、船木、鈴木……
28人が告白する葛藤、暗闘、醜聞の全真相!

全750ページ超、大ボリュームの完全版!



猪木の不参加、佐山と前田の対立、新生UWFのブームと崩壊、3派分裂……1984年の第一次UWFの設立から1996年のUWFインターナショナル崩壊まで、プロレスと格闘技の間で漂流し続けた男たちの葛藤、暗闘、醜聞の全真相! !
単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


目次
■コンテンツ

「激突!! 新日本プロレスvsUWFインターナショナル全面戦争」から
24年後の“10・9"に初めて実現──
特別対談 髙田延彦×武藤敬司

第1章 第一次UWF「原点」の真実

前田日明
「メシが食えるのなら、間違いなく佐山さんの言う通りにやった」

髙田延彦
「Uインターの後期は、すべてを手放し、一人になりたかった」

更級四郎×杉山頴男×ターザン山本
3人の〝黒幕〟が語る「UWFと『週刊プロレス』」全内幕

藤原喜明
組長が語る「天才・佐山聡」の功罪と「メガネスーパー」

山崎一夫
「前田さんの“暴言"をフロント陣はこっそり録音していた」

新間 寿
「猪木、タイガー、ホーガン」招聘計画はどこで狂ったのか

上井文彦
「『海外UWF』と書かれた水色の給料袋を忘れたことがない」

中野巽耀
「前田さんは力任せ。スパーリングで一番だったのは髙田延彦」

宮戸優光
「前田さんと若手の分断を画策していた神社長が許せなかった」

安生洋二
「前田さんが宮戸さんを『新弟子』と呼び続けたことがすべて」

第2章 新生UWF「分裂」の真実

船木誠勝1
「『なんでやっちゃわないんだ』?と言われたが、できなかった」

鈴木みのる
「前田さんとの確執はあったが存続させるためにウソをついた」

田村潔司1
「選手全員が神社長から興行の売り上げデータを見せられている」

垣原賢人
「道場の練習をそのまま出してはいけないのか」?という葛藤

川﨑浩市
「前田さんには伝えず、神社長は自分の給料を上げ続けていた」

尾﨑允実1
「“解散宣言"直後に前田は涙声で『俺、どうしたらええんやろ』」

第3章 U系3団体「確執」の真実

船木誠勝2
リングス、Uインターとの差別化のためだった“真剣勝負"

田村潔司2
クビ覚悟だった髙田への「真剣勝負してください」発言

金原弘光1
“真剣勝負"を絶対に許さなかったUインター

山本喧一1
リングスに要求した移籍の条件は〝田村との真剣勝負〟

安生洋二×髙阪 剛
「誰も止めないから」起こった安生の前田殴打事件

山本宜久
髙田に言われた「お前の目つきは前田日明ソックリやな! 」

石井和義
「リングスに怒ったのは佐竹だけが真剣勝負だったから」

尾﨑允実2
「団体間のもめ事の最中は、スタンガンを携帯していました」

第4章 UWF「消滅」の真実

船木誠勝3
「掌底ルールを捨てたことで、完全にUは終わりました」

金原弘光2
「髙田道場に誘われなかったのは、正直ショックだった」

山本喧一2
「Uインターで〝神様〟だった髙田さんは孤独だった」

鈴木 健
「田村の『真剣勝負してください』発言で髙田さんは人間不信に」

坂田 亘
“シュート"と“ワーク"を超えた恐るべき戦場だったリングス

ミノワマン
ヒクソン戦を狙い続けた男の〝プロレス愛〟

山田 学
「パンクラスを罵倒する前田日明が許せなかった」

高橋義生
「UFCで負けたらナイアガラの滝に飛び込むつもりだった」

UWF全史 完全年表

内容(「BOOK」データベースより)

猪木の不参加、佐山と前田の対立、新生UWFのブームと崩壊、3派分裂…1984年の第一次UWFの設立から1996年のUWFインターナショナル崩壊まで、プロレスと格闘技の間で漂流し続けた男たちの葛藤、暗闘、醜聞の全真相!好評を博した「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る高田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


登録情報

  • 文庫: 747ページ
  • 出版社: 宝島社 (2019/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 480029908X
  • ISBN-13: 978-4800299086
  • 発売日: 2019/11/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,571位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
評価の数 3
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
62%
星3つ
38%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2019年11月2日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月9日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月9日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告