Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 802
(税込)
ポイント : 80pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小前亮]の宋の太祖 趙匡胤 (講談社文庫)
Kindle App Ad

宋の太祖 趙匡胤 (講談社文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 802
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

商品の説明

内容紹介

栄華を誇った大唐帝国が滅びて40年、天下はまだ再統一の兆しすらない。脆弱な王朝のひとつ、後漢の将軍・趙弘殷の嫡子、趙匡胤(ちょうきょういん)は無実の罪で繋がれた牢獄から脱出し、義兄弟のちぎりを結んだ鄭恩と共に、都の開封をあとにした。宋を建国した趙匡胤のダイナミックな生涯を瑞々しく描いた中国歴史長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)

栄華を誇った大唐帝国が滅びて四十年、天下はまだ再統一の兆しすらない。脆弱な王朝のひとつ、後漢の将軍・趙弘殷の嫡子、趙匡胤は無実の罪で繋がれた牢獄から脱出し、義兄弟のちぎりを結んだ鄭恩と共に、都の開封をあとにした。宋を建国した趙匡胤のダイナミックな生涯を瑞々しく描いた中国歴史長編小説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4355 KB
  • 出版社: 講談社 (2009/7/15)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00O2Z4KJ6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 74,084位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
あまり小説として扱われることのない10世紀中国の歴史ですが、本作の主人公趙匡胤は唐の李世民と並んで中国史上最高の名君と言われているそうです。

この人物を題材にしていることで、かなり期待をもって読みました。が、残念ながら人物の描き方が一面的かつ単調で、主人公にさえ共感を持てませんでした。

広大な中国世界や、動乱の世界を生きる人たちの理性や欲望、葛藤といった人間ドラマを感じることもなく、敢えて言えば学園ものだったとしても成立してしまいそうな軽さだったのが残念です。

しかし、この作者が題材にしている人物たちはいずれも興味をそそられる人たちなので、今後に期待したいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
趙匡胤というと、宋王朝の初代皇帝として有名です。

一般的に表舞台に立つのは、五代十国最後の王朝、後周の名君柴栄が半ば天下を圧しようか?
という中崩御し、そんな中周りの将軍たちから推挙されて酔っぱらっている間に皇帝にさせられた。
という感じだと思います。
だから、皇帝になってからはトントン拍子で天下を統一していったのと、
彼が建国した宋王朝が文治主義だった為、あまり乱世の皇帝というイメージがないかも知れません。
しかし彼が将として活躍し始めた頃は、まだバリバリの五代十国時代真っ只中の乱世。
彼の主君となる後周の郭威や柴栄、それを通じて彼らと対立する各地の群雄との闘いは、
まさに群雄割拠モノ小説です。
そんなこの時代を代表する名臣や豪傑も登場する作品で、後期五代十国時代を堪能出来ます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作者の作品を初めて読んでみましたが、宋の太祖 趙匡胤の人となり活躍の表現が実に巧みで読んでいてまるで劇画を見ているような錯覚に陥るくらい面白い!小前作品を探して読むつもりです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
五胡十六国の乱世の時代に、好漢・趙匡胤が宋朝皇帝にまで登っいく過程を描いた歴史小説。乱世を収めた王朝の始祖は、梟雄的要素が強いなか正義・公正を貫いていく姿は、爽快感すら感じました。王朝としては、強権でなくとも忠誠を尽くす臣下が多くいたのも頷けます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これまで宮城谷氏の古代中国の歴史を詳細に記述している著書を興味深く読みつくし、何か適当なものが
あればと思う間もなく、アマゾンから「この商品を・・・買っています」と紹介があったので、小前氏の李世民の
上巻をお試し買いしたところ、なかなかの作品だったので、下巻と宋の太祖 趙匡胤を買った。
唐滅亡後の分裂した五代をまとめて統一した宋の開祖の物語は、なかなか面白かった。小前氏の他の作品
も制覇していきたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover