通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
安楽死で死なせて下さい (文春新書) がカートに入りました
+ ¥271 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 diysnow
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆使用感は少なく、おおむね良好な状態です。◆注文確定後、2営業日以内にクリックポストにて発送予定です。◆万一商品に不具合がある場合は返品・返金が可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

安楽死で死なせて下さい (文春新書) (日本語) 新書 – 2017/8/18

5つ星のうち3.8 26個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥880
¥864 ¥55

本まとめ買いクーポン
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 安楽死で死なせて下さい (文春新書)
  • +
  • 安楽死を遂げるまで
  • +
  • 長生き地獄 (SB新書)
総額: ¥3,520
ポイントの合計: 36pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

92歳「渡る世間は鬼ばかり」の人気脚本家が語る究極の往生論
衝撃の問題提起で2016年「文藝春秋読者賞」受賞!
NHKクローズアップ現代+「92歳の“安楽死宣言" 橋田壽賀子 生と死を語る」で話題沸騰。

著者が「終活」を始めたのは89歳の時でした。きっかけは著者のことをママと呼んで親しくしている女優の泉ピン子さんから「ママはもう90なんだから、じゅうぶん歳を取ってるんだよ」と言われたことでした。夫に先立たれ、子供もなく、親しい友人もいない天涯孤独。仕事もやり尽くし、世界中の行きたい所へも行きました。やり残したことも、会いたい人もいない、もう十分に生きたと思いました。遺言は80歳の時に作っておいたので、まずは物の整理から始め、今までのドラマの原稿、ビデオテープ、手紙類などを大量に処分しました。あとは人に知られずにひっそりといなくなり、死んだことも公表せず、葬式や偲ぶ会もしないと決めたのです。
ただ、唯一気がかりなことは、病気になったり、認知症になったりして、人さまに迷惑をかけることです。それは著者の尊厳の問題でした。死ぬ時に痛いのや苦しいのも勘弁してほしい。いつどうやって死ぬのかはやはり自分で決めたいと思った時に考えたのが「安楽死」です。しかし、現在の日本の医療現場で安楽死は許されていません。ヨーロッパの国やアメリカの州のいくつかで合法化されていますが、日本人が安楽死を希望する場合はスイスのNPOを頼ることになります。そのため著者は、日本でも法を整備し、自らの死に方を選択する自由を与えてほしいと主張します。もちろん、あくまで本人が希望し、周りの人の理解が得られた場合です。
著者が2016年12月号の「文藝春秋」に寄稿した「私は安楽死で逝きたい」は大きな反響を呼び、第78回文藝春秋読者賞を受賞しました。読者の方からは「私も賛成です」「法制化の旗振り役になってください」など多くの賛同の声が寄せられました。本書には、病気で苦しむ妻に悩む男性や、進行性の難病を抱える男性と著者との手紙の対話も収録しています。

出版社からのコメント

病気になったとき、認知症になって自分自身のことが分からなくなったとき、どのように最期を迎えたいと思うでしょうか。立つ鳥跡を濁さずというのは日本人の美徳の一つ。子供や他人に厄介をかけず、苦しまず逝きたいと考える人が増えてきています。そんな世の中にあった小さな声を代弁したのが本書です。医療といえば延命という常識はまだ続きそうですが、今後は「渡鬼」の英作さんのように、看取り医も増えるのかもしれません。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/8/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166611348
  • ISBN-13: 978-4166611348
  • 発売日: 2017/8/18
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,545位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
評価の数 26

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

26件のカスタマーレビュー

2017年10月30日
形式: 新書Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月5日
形式: 新書Amazonで購入
2018年1月12日
形式: 新書Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月31日
形式: 新書Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月5日
形式: Kindle版Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月9日
形式: Kindle版Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト50レビュアー
2017年8月25日
形式: 新書
74人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月8日
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告