通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
安心の財産形成術 がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ブックカバーに少し使用感が感じられますが、中身は良好な状態の本です。☆貴重な一品☆ ★発送無料★ Amazon.co.jp配送センターより迅速に丁寧な発送を心がけております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

安心の財産形成術 単行本(ソフトカバー) – 2012/5/18

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/5/18
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,677 ¥ 72

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 安心の財産形成術
  • +
  • 資産価値を守る!  大災害に強い町、弱い町 (朝日新書)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

財産形成で成功するための
12のポイント

・投資とは、バランスシートの改善と知ること。
・人生設計とは、バランスシートの設計と知ること。
・資産家とは、時価ベースで、純資産が大きい人と知ること。
・財産形成の要諦とは、流動的な資産の比率を上げることと知ること。
・同じく、自己資本の比率を上げることを知ること。
・優良資産とは、時価が安定している資産と知ること。
・同じく、キャピタルゲインが見込める資産と知ること。
・不動産の資産価値は、鑑定理論を使って見極めること。
・不動産の将来性は、街の将来性次第であると知ること。
・財産形成には、正しいシナリオと順番があると知ること。
・仕組みや利害関係が不明確な投資話(=投機)には乗らないこと。
・ゼロサムゲームのマーケットには手を出さないこと。

内容(「BOOK」データベースより)

あなたの財産は「幻想」かも…。騙されていませんか?資産運用や投資で失敗していませんか?投資とは、バランスシートの改善行為に過ぎないのです!財産形成で成功するための12のポイント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: ファーストプレス (2012/5/18)
  • ISBN-10: 490433664X
  • ISBN-13: 978-4904336649
  • 発売日: 2012/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 658,786位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

実用的な投資の方法論を期待して、この本を読むと、半分より後の部分から、
どこに連れていかれるのだろう、と不安になってしまいます。
前半部分の人生のバランスシートの考え方は同感です。
64〜65ページの表の8つのパターン分け
(「悠々自適の大金持ち」「幸せな小金持ち」〜「突然の出費に苦労する大金持ち」「不安で夜も眠れない小金持ち」)
も面白いし納得です。
ここら辺りの著者の言いたいことの重点は、価値の下がらない不動産を買って、
優秀なバランスシートを組むように心がけろということのようです。

ここまでは普通の資産形成本の考え方なのですが、後半からは
資産とは実は何なのか、無形資産の価値とは、という話に始まって、
日本の歴史に対する著者の考え方が出てきて(ここらへんは好き嫌いが分かれるかも)
日本人の過去から積み上げてきた知的資産、ソーシャルキャピタルの話になってきます。
愚民化政策に踊らされず、(パチンコやバクチ、スポーツ観戦ばかりに時間を浪費せず)
各人が自分の人的資産価値(知的資産)を高めるために努力するべきという思想には賛成です。
p232の図を皆、肝に銘じるべきですね。特に若い人は。
しかし、このような本を買う人は私も
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Qchan 投稿日 2013/10/17
Amazonで購入
会計学の基本を知らない人にはとっつきにいかもしれません。自費出版なの?と思うほど編集されていないので、読み進みにくい本です。バランスシートの目のつけどころはいいのですが、自分の信条や歴史観などを展開しすぎて、読んでいる途中でなんの本を読んでいるのかわからない印象です。もっとバランスシートだけに徹していればという感想でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック