Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,430

¥ 270の割引 (10%)

ポイント : 24pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[チャド ハーバック]の守備の極意(上)
Kindle App Ad

守備の極意(上) Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,430
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

ウェスティッシュ大学野球部の捕手マイク・シュウォーツは、痩せっぽちの高校生ヘンリーの守備練習に見とれていた。ますます強くなるコーチのノックを、この小柄な遊撃手は優美なグラブさばきで楽々と捕え、矢のような球を次々と一塁に送る。その一連の動きはまさに芸術品だった。「来年はどこの大学でプレーするんだ」と聞いた。「大学へは行かない」シュウォーツはにやりとした。「さて、そうかな」シュウォーツはようやく見つけたのだ。みずからの弱小チーム立て直しの切り札を―アメリカ文学界の新星が贈る、野球への愛にあふれる傑作小説。

内容(「BOOK」データベースより)

ウェスティッシュ大学野球部の捕手マイク・シュウォーツは、痩せっぽちの高校生ヘンリーの守備練習に見とれていた。ますます強くなるコーチのノックを、この小柄な遊撃手は優美なグラブさばきで楽々と捕え、矢のような球を次々と一塁に送る。その一連の動きはまさに芸術品だった。「来年はどこの大学でプレーするんだ」と聞いた。「大学へは行かない」シュウォーツはにやりとした。「さて、そうかな」シュウォーツはようやく見つけたのだ。みずからの弱小チーム立て直しの切り札を―アメリカ文学界の新星が贈る、野球への愛にあふれる傑作小説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 595 KB
  • 紙の本の長さ: 237 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2013/11/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IIY0KIW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 217,048位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
先輩に見出された高校生のショートはその天才的な守備で大学に進学し、才能を発揮し始める。ストイックなトレーニングでさらに進化し、メジャーリーグのスカウトからドラフトでの指名内定を受け、さらに代理人まですり寄ってくる順風満帆な人生を過ごすかに見えたのだが・・・。

ノーエラーの記録更新を目前にしながらたった一度のエラーでまるでイップスに罹ったようにエラーを繰り返してしまい大きな挫折を味わってしまう。野球とは実は残酷なスポーツで、サッカーやバスケットなどの「集団乱闘スポーツ」とは違って、公衆の面前でエラーをした印をスコアボードにつけて個人を引きまわす、という当たり前ながら意外な側面が指摘される。

もちろん、先輩、同室のゲイであるチームメイト、学長とその娘の葛藤など小説らしい伏線も多数用意されており、たんなるスポーツ根性モノではなく、イッキに読み進められた。

ひとつだけ翻訳の違和感。「彼だけが(夢に)真一文字に向かっている。」真一文字は、漢数字の「一」なので「ヨコ」方向だと思う。「まっすぐに」「一直線に」では?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 某(バカ) トップ1000レビュアー 投稿日 2015/4/5
形式: 単行本
ある学生が野球の守備を見込まれ特訓が始まるが・・・というお話。
野球の小説ということで、野球の試合のシーンが多い小説なのかと思って読んだら、割合試合のシーンは少なく、野球を軸にした人間模様を描いた小説でした。主人公の選手の少年、仲のいいゲイのチームメイト、監督、コーチ、学長とその娘、とある高校の野球に関わる人たちの人間関係や事件を中心としたフィクションだと思いました。その人間関係に揉まれて各登場人物が挫折したり苦悩したり逡巡したりした末にやがてカタストロフィが・・・という展開の小説で、もっと野球のシーンに特化した小説を期待して読んだ人がいたら多少肩透かしを喰ったと思うかもしれません。が、私みたいにあまり野球に関心のない人間が読んでもとても面白い小説だったので、そういう人間が読んでも面白い野球小説を書いた著者は大したもんだと思いました。その人間関係も多様で、特に学長の娘が様々な人と関係をもったり、学長もシャレにならない関係をもったりと一筋縄では行かない展開に集中して読めました。主人公もただ一回のミスの為に人生が変わったり、そのせいで周囲の人生も変わり・・・と、人生の諸相が垣間見えて奥深い小説に思えました。タイトルは作中に主人公が読む野球の哲学の本の名前から取ったようですが、人間が守りに入った場合どういう風にすれば最善かを読者に提示する為に書かれた小説としも最適に思えました。
野球が好きな人も興味のない人も揃って楽しめる小説。機会があったら是非。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小説は、天才的守備力を見せるヘンリーをナヴィゲイター役としてシュウオーツとペラ、アフェンライトとオーエンのちょっと風変わりな
恋愛話がメイン。 奇妙な人間関係なんだが、話の切なさに次へ、次へとページをめくらされた。
映画を見たことのある人は皆[さよならゲーム]を思い出したんじゃないだろうか?
あの映画でのクラッシュ、エビー、アニーの人間関係のモデュファイが本作へのインスピレーションに繋がったとなんとなく信じたい気分。
(主人公のクラッシュも、やっぱり落ち目のキャチャー!)
肝心の野球の試合場面だが、どうもツボをチョットずつはずれてる、=見せ場の描き方が今一という印象、もっと
ヘンリーの見せ場が有っても良かったと思う。そこはやはり処女作たる所以か....
マア、十分続編がありそうな雰囲気なので、そちら期待ということで、今回は☆4.5。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover