¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宇宙飛行士はどんな夢を見るか? (宇宙空間と人体メ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

宇宙飛行士はどんな夢を見るか? (宇宙空間と人体メカニズムII) 単行本 – 2016/9/10

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/10
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 1,600
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

宇宙飛行士を健康管理面などでサポートする専門医である
「フライトサージャン」経験者や宇宙医学研究者らを著者に迎え、
あこがれの宇宙飛行士たちの「現実」を紹介。

宇宙へ飛び立つ前の厳しい選抜試験や数々の訓練で、
求められる資質や基準とは何か?

国際宇宙ステーション(ISS)では、
どんな服装で、何を食べ、どのように眠るのか?
厳格な体力維持や健康管理の方法、休日の過ごし方など、
語られることの少ない宇宙船での日常とは?

さらに、心理面にも踏み込み、
隔離閉鎖環境での重要任務の数々で生じる
ストレスの回避、軽減の術とは?
また、彼らを支える地上支援職員や
宇宙飛行士の家族へのサポートについても言及。

近い将来、実現するであろう、
月や火星への有人惑星探査を視野に、
今まさに、宇宙へと漕ぎ出そうとする
人類の未来について考える一冊。

著者について

井上夏彦
(第I部4 章)
宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙飛行士運用技術ユニット主任研究開発員。
早稲田大学大学院心理学専攻修士課程修了後、筑波大学大学院社会環境医学専攻にて博士号を取得。
1998 年から2011 年まで宇宙飛行士健康管理グループにて、精神心理支援を担当。
NASA 等と支援内容の調整を行うとともに、若田・野口・古川宇宙飛行士のISS 滞在時には
支援の主担当者となった。現職(2015 年~)は宇宙医学生物学研究のコーディネートを担当している。

関口千春
(序章)
東条病院内科医師、慈恵医大客員教授、元NASDA 主任医長。慈恵医大卒業、医学博士、
米国オハイオ州ライト州立大医学部航空宇宙医学修士。
慈恵医大卒業後、内科医の研鑽をする傍ら日本航空にてパイロットの健康管理、
1977 年からは自衛隊航空医学実験隊にて航空医学の研究および自衛隊パイロットの健康管理、
その間の1980 年には米国空軍航空宇宙医学校にて研修、
1982 年から2 年間オハイオ州ライト州立大医学部に留学し航空宇宙医学修士号を取得、
帰国後NASDA(元JAXA) から請われて1985 年には日本人宇宙飛行士の健康管理をする
フライトサージャンとして入社した。以後2002 年に定年退職するまでの間、宇宙医学研究
および飛行士の健康管理に従事し、定年後もJAXA の各種委員会の委員を務めた。

立花正一
(第I部1・3・4・5 章、第II部7 ~ 13 章)
1956 年青森県生まれ。平沢記念病院医師。慈恵医大客員教授。元防衛医科大学校防衛医学研究センター教授。
医学博士。防衛医大を卒業後、精神医学および航空宇宙医学を専攻。1988 年、米空軍航空宇宙医学校留学。
その後、航空医学実験隊等で、航空医学の研究、パイロットの健康管理、航空事故調査に携わる。
2003 ~ 10 年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士健康管理グループ(旧宇宙医学グループ)長として、
日本人飛行士の健康管理や、宇宙医学研究の推進に尽力。

田中邦彦

(第I部6 章)
岐阜医療科学大学大学院保健医療学研究科研究科長、同 保健科学部放射線技術学科教授。香川医科大学卒業、
同大学院終了。医学博士。宇宙航空医学認定医。外科医研修ののちカリフォルニア大学サンディエゴ校留学、
宇宙服の研究・開発に従事。帰国後岐阜大学医学部生理学教室を経て2009 年より現職。
平衡感覚と起立性低血圧との関係といった血圧調節研究とともに新しい宇宙服の研究・開発に従事。

松本暁子
(第I部2 章)
宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士運用ユニット・フライトサージャン。東京医科歯科大学・徳島大学客員教授。
東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学大学院医学研究科修了、医学博士。
米国ライト州立大学大学院修了、航空宇宙医学修士号取得。日本内科学会総合内科専門医。日本神経学会専門医。
American College of Physicians Fellow。
これまで山崎・若田・油井宇宙飛行士の専任フライトサージャンとして、スペースシャトルおよび
ISS ミッションにおいて、NASA ジョンソン宇宙センターやロシア、カザフスタンでの日本人宇宙飛行士の
健康管理、打ち上げ時・帰還時の医学管理、ミッション中の医学運用業務を務めた。その他、古川(2011)・
星出(2012)・大西(2016 予定)宇宙飛行士 のISS ミッションでも、医学運用業務を担当している。
また、ISS プログラムでの様々な医学的問題についての国際調整も担当し、2014 年から飛行中医学WG の
議長を務めている。


登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 恒星社厚生閣 (2016/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476991587X
  • ISBN-13: 978-4769915874
  • 発売日: 2016/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 763,007位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2016年10月31日
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。車 洗車