Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 800
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宝彩有菜]の宇宙詩抄
Kindle App Ad

宇宙詩抄 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 800

商品の説明

内容紹介

(本の紹介)(宝彩有菜)
--------------------------------
 私がこれらの詩を書いたのは、自分の記録のためです。
 瞑想が深まるにつれて、瞑想の中での不思議な体験、あるいは、日常での幸せな体験など、自分がそれまでに出会ったことのないような素晴らしい体験が次々に起こってきました。
 
 あるときは、歓喜に打ち震えたり、あるときは、いわゆる宇宙と渾然一体となったり。
 また、無重力になったような不思議な体験が起こったり、快感や至福もさまざまなバリエーションで起こりました。
 また、目に映る映像が超スローモーションになって、世の中の端から端まで輝いて綺麗に見えた体験とか、面白いところでは、ある時、あらゆる「心配」がまったく起動しなくなって、言いようのない巨大な安心感と、楽しくて楽しくて笑えてどうしようもなかった体験などもあります。
 とにかく、さまざまな楽しい体験です。

 私は、銀行に30年勤続した普通の社会人、常識人ですし、非科学的なことは好きでありません。認めていません。何か非科学的なものや、不合理なことを信じるということもありません。
 ですから、私に起こったことは、一見とても不思議ですが、すべて説明のつくことです。追体験も可能なものです。 しかし、今まで、そのような心の動き方になったことが、私自身はなかったので、それらの感動は素晴らしいものでした。

 私は、それらの多くのことを詩に紡いでいました。
 それらは、感動や感激が主ですから、なかなか散文では表現できないことが多いのですが、でも、何らかの形で記録しておけば、後でそれを読み返すと、その時の自分のリアルな感動や、心の状態をありありと思い出せるだろうと思ったわけです。忘れるにはあまりに、もったいないと思ったからです。
 それで、詩の形に記録していました。ですから、これらの一連の詩は、いわば私の忘備録です。それを、今般、まとめてくださる方がいて、一冊の本になりました。
 
 もし、ご興味のおありの方は、読んでみてください。悟りの素晴らしい世界がそこに広がっているのが、お分かりになると思います。
 どんなに素晴らしいことなのか、どんな素晴らしい体験があったのか、それらを、読み取って、その雰囲気の一端を感じていただけるのではないかと思っております。

宝彩有菜

--------------------------------
(目次)

第一章 【自分も宇宙】

 (01)「分けない」
 (02)「求めよ、さらば開かれん」
 (03)「恐怖は無い」
 (04)「真の成長」
 (05)「欲と愛」
 (06)「すべて美しい」
 (07)「私は自由」
 (08)「無意識」
 (09)「分かる」
 (10)「私・宇宙」
 (11)「宇宙で唯一つの道」
 (12)「自分も宇宙」
 (13)「マインド(『頭』)は働き者」
 (14)「気力の横溢」
 (15)「欲を押さえる?」
 (16)「かって自分は悟っていた」
 (17)「究極の判断基準は愛しか有り得ない」
 (18)「本当の愛は、相手を生かすこと」
 (19)「悟りの道はまっさら」
 (20)「どのくらい経ったのだろう」
 (21)「宇宙は、愛でできている」
 (22)「幸福になる一工夫」
 (23)「律儀なマインド」
 (24)「知っている」

第二章 【瞑想賛歌】

 (25)「宮殿」
 (26)「呼吸」
 (27)「静寂の楽しみ」
 (28)「莫大な私」
 (29)「消えることは無い」
 (30)「生きる喜び」
 (31)「冒険の国へ」
 (32)「今ここが天の国」
 (33)「全ては一つで同じもの」

第三章 【呼吸賛歌】

 (34)「生きるとは」
 (35)「息をすること」
 (36)「世界と息と巡る」
 (37)「感謝と呼吸」

第四章 【宇宙の詩】

 (38)「その時、私は居なかった」
 (39)「すべてを知っている」
 (40)「雨と涙と」
 (41)「瞑想で扉を開けて」
 (42)「誰もみんな懐かしい」
 (43)「自分勝手な玩具」
 (44)「圧倒的な光の煌めき」
 (45)「地球の裏側まで」
 (46)「揺れながら」
 (47)「三人の女神」
 (48)「気分はスキップ」

第五章 【宇宙の愛】

 (49)「始まりも終わりもない」
 (50)「目標は無い」
 (51)「自分が消える」
 (52)「揺れて生きる」
 (53)「なぜそんなに急ぐのか」
 (54)「私は完璧」
 (55)「言葉は影」
 (56)「すべては巡る」
 (57)「宇宙の意味」
 (58)「本来の自分が現れる」
 (59)「一番近い扉」
 (60)「無意識」
 (61)「いつも青空のまま」
 (62)「分からないままに」
 (63)「存在の真実」
 (64)「果てしなく伝わるもの」
 (65)「みんな宇宙の愛の子だ」
--------------------------------
(宝彩有菜)

---------------------

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3976 KB
  • 紙の本の長さ: 98 ページ
  • 出版社: 宝彩堂出版; 3版 (2013/3/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BUHW406
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 170,905位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover