Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 281

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クラーク ダールトン]の宇宙英雄ローダン・シリーズ 電子書籍版95 虚無への探索 (ハヤカワ文庫SF)
Kindle App Ad

宇宙英雄ローダン・シリーズ 電子書籍版95 虚無への探索 (ハヤカワ文庫SF) Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 281
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

商品の説明

内容紹介

【大好評ローダン初期シリーズ電子書籍版、続々配信!/掲出の書影は底本のものです】〈ローダン、応答せよ!〉不死の謎を秘めたワンダラーが、宇宙の果てから呼びかけてきた! 早速駆けつけたローダンが聞かされたのは、意外な事件――放浪惑星バルコンが行方を絶ったのだ。ローダン、グッキー、セングの三人は、ワンダラーの提供した小型ロケットに乗って、島宇宙の間の暗黒の空間に飛びだした! やがて目の前に現われたのはすべてのエネルギーを切られ、雪と氷におおわれた極寒の星と化して、星のない闇の虚空に浮かぶ死の星バルコンだった! 一体何が起ったのか? バルコン人たちはどこへ? 地上に降りたローダンらを見えない敵が襲う!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 259 KB
  • 紙の本の長さ: 108 ページ
  • 出版社: 早川書房 (1979/3/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HLPJKHA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 101,973位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
何時読んでも新鮮な驚きをもたらしてくれる大長編SFスペース・オペラ宇宙英雄ローダン・シリーズ第48巻。本巻の執筆者は、シリーズの重鎮ダールトンとシェールです。惑星ワンダラーの主である不死者が突然ローダンとミュータント部隊の脳に直接苦痛を伴うほどのテレパシー・メッセージで語りかけます。三万光年以上かなたから、「応答せよ、ペリー・ローダン、待っているぞ」と。
『虚無への探索』クラーク・ダールトン著:駆けつけたローダンに不死者が告げたのは、放浪惑星バルコンが消息を絶ったという事件であった。やがて、ローダン、グッキー、ウリウ・セングの3人は不死者が用意したロケットで暗黒空間へと飛び出した。そして、惑星バルコンは雪と氷に覆われた極寒の星として姿を現す。『謎のアンティ』K.H.シェール著:アトランは故郷惑星でアルコン大評議会の開催期間中に思わぬ災厄に見舞われる。何とガスで眠らされて胸に装着していた細胞活性装置を何者かに盗まれてしまったのだ。速やかに取り戻さなければ60時間後に死が訪れるだろう。アトランはローダンに助けを求め、やがて事件はアルコン系の邪教バアロル教団の仕業と判明する。彼らはアンティミュータント、ミュータントの能力を完全に中和させて無力にする存在で、ローダンは苦戦を強いられる。
アトランがローダンとテラナーを評して、小さな蛮人と呼ぶのが決め台詞なのですが、今回の
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover