通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書) 新書 – 2013/9/18

5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 474
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)
  • +
  • 元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)
  • +
  • 世界は「ゆらぎ」でできている 宇宙、素粒子、人体の本質 (光文社新書)
総額: ¥2,397
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

宇宙生物学とは、地球に限定せず、宇宙全体の広い視野で生命の成り立ちや起源を解明する学問で、アストロバイオロジーとも呼ばれています。本書は、この宇宙生物学の研究成果を医学に結びつけることで、生命の本質に迫ろうとする、意欲作です。一見すると、何の接点もないように見える宇宙生物学と医学ですが、実は両者は深い関係があり、宇宙生物学のアプローチによって、従来の医学では説明がつかなかった、さまざまな人体の謎が解明されつつあります。著者の吉田たかよし氏は、東京大学で宇宙生物学の研究に携わった後、医学部に再入学し、医師になった多芸多才の持ち主です。こうしたバックグラウンを持つ著者だからこそ書ける作品です。

第1章 人間は月とナトリウムの奇跡で誕生した
第2章 炭素以外で生命を作ることはできるのか?
第3章 宇宙生物学最大の謎 アミノ酸の起源を追う
第4章 地球外生命がいるかどうかは、リン次第
第5章 毒ガス「酸素」なしには生きられない 生物のジレンマ
第6章 癌細胞 vs.正常細胞 「酸素」をめぐる攻防
第7章 鉄をめぐる人体と病原菌との壮絶な闘い

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙生物学とは、地球に限定せず、宇宙全体の広い視野で生命の成り立ちや起源を解明する学問で、アストロバイオロジーとも呼ばれています。本書は、この宇宙生物学を医学に結びつけることによって、生命の本質をわかりやすく興味深く解き明かしていくものです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062882264
  • ISBN-13: 978-4062882262
  • 発売日: 2013/9/18
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 55,936位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
11
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(11)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hide 投稿日 2017/6/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
目から鱗。
これは臨床に活かせる。考え方を根本から変える。すべての医療従事者に読んでほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
どの章を取ってもかなり楽しめる一冊。
必要不可欠でありながら超やっかいものでもある酸素をめぐる人体のジレンマ。
その他、内容盛りだくさんの良書です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者は、高い知的能力を持つギフテッド (Gifted)であろうが、
新鮮な内容を一般人にも良く理解できるように説明してくれている。
多くの子どもたちにも是非読ませたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
以前図書館で読んで面白かったので、最近本屋で購入して再読しました。
第三章のアミノ酸、四章のリン、七章の鉄は、雑学以上の人体の不思議さを知ることが出来、何度読んでも感心します。特にリンは凄い!

本著を読了して、アストロバイオロジー (宇宙生物学) という視点から宇宙、そして地球、人体を眺めてみると、私たちが「今」「ここに」「存在している」ということが、いかに奇跡的なことであり、驚嘆するとともに感謝の念も抱きました。
「生きる」ということを日常とは違った視点で眺めることができ、贅沢な時間を過ごせました。

これほど広大な宇宙のどこかに、我々のような知的生命体が存在したとしても不思議ではないと感覚的には思いがちですが、岩石惑星に単細胞生物が生まれ、それが人類にまで進化してきた長い道のりをアストロバイオロジー的な見地から眺めてみると、我々のような知的生命体はやはり希有な存在なのではないかという思いが強くなってきます。
アストロバイオロジーはフェルミのパラドックスをどこまで明らかにしてくれることでしょうか。

ここ数年来、脳科学 (認知神経科学) やアストロバイオロジーの書籍に触れる機会が多くなりました。どちらも閉ざされた単一の学問領域ではなく、多様な学問の知見を踏まえた「学際性」を持ってることに、
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2015/4/4
形式: 新書 Amazonで購入
著者は、NHKアナウンサー、自民党幹事長加藤鉱一の公設第一秘書、学習カウンセリング協会理事長、医師など様々な経歴をもつマルチ人間です。

以下に私の印象に強くのこった部分を簡素化して記しました。

・宇宙生物学とは、宇宙全体の広い視野で生命の成り立ちや起源を解明する学問をさす。

・月がなくなれば地球上の高等生物は死滅する。なぜなら月には地球の自転軸を安定させる作用があるためだ。月がなくなると、巨大な質量をもつ木星の重力により地球の自転軸は大きく狂う。その結果、地上は極寒と灼熱が繰り返される地獄となり、微生物しか棲息できない惑星となる。

・人体を七割を占める「水」は彗星が起源であるため、厳密には「母なる地球」ではなく「母なる彗星」が正しい。

・月は地球から毎年約4センチずつ離れている。海が誕生した頃、月は地球にとても近かったため、月の潮汐力が現在の百倍以上だった。そのため当時の海は岩石を急激に削るほど荒れ狂っていた。これが原因で海に大量に溶け出したのがナトリウムイオンである。ナトリウムイオンは海水に豊富だったので原始生物はこれを用いて細胞の内側をプラスに切り替えるのに利用しはじめた。このシステムは現在すべての生物が受け継いでいる。

・ケイ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「宇宙生物学」といわれても、素人には全く何のことやら分からないのだが、筆者によると、「宇宙全体の広い視野で生命の成り立ちや起源を解明する学問」なのだそうだ。正直いって、この説明を聞いても抽象的過ぎてよく分からないし、ウィキペディアを読むと、一層、本書の「宇宙生物学で読み解く」という意味がよく分からなくなるのだが、それはさておき、本書がめちゃめちゃ面白かったことだけは、自信を持っていえる。 

第1章で述べられている地球と月の関係については、たまたま10月24日にNHKBSプレミアム『コズミック フロント〜発見!驚異の大宇宙〜▽月の神秘 知られざる45億年の隣人』でも、ほぼ同内容で放送されていた。「宇宙には、水が液体で存在し、質量も地球と同程度で、生命が存在できる環境も地球程度に長く続いている惑星は沢山あり、知的生命体がいる可能性はかなり高い」(佐藤勝彦著『宇宙は無数にあるのか』)ともいわれているのだが、それに、月程度の巨大な衛星が回っているという幸運が重なる必要があるとなると、やはり、この宇宙に人間が存在しているのは奇跡ではないかという気もしてくる。 

また、地球に存在する元素を複雑かつ巧妙に組み合わせて、現代の最先端科学の粋を集めても解明し切れない精密なメカニズムを持った人体という高度な生命体を創り出した自然の力の偉大さを思い知らされるこ
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー