中古品
¥ 258
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 この商品はAmazon倉庫より発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

宇宙戦争 (角川文庫) 文庫 – 2005/5/25

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

イギリスの片田舎に隕石らしきものが落下した。地上にあいた巨大な穴の中から現れたのは醜悪な生き物。それが火星人の地球侵略の始まりだった。SF史に燦然とかがやく名作中の名作。6月公開映画「宇宙戦争」原作!

内容(「BOOK」データベースより)

火星人襲来!虫けらのように無造作に殺されていく群衆のパニックと悲劇的な惨事。そんな極限状態で発揮される勇気と真摯な祈り―。人間性への深い洞察で人類のエゴに警鐘をならし未来の希望を描ききる。今なお新しいSFの金字塔。瑞々しい最高の新訳でおくる決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 261ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4042703070
  • ISBN-13: 978-4042703075
  • 発売日: 2005/5/25
  • 梱包サイズ: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 995,199位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
恥ずかしいことに、小学校のときに子ども向けのを読んで、これを読んだつもりになっていた。

ウェルズの文明批判、人間のエゴへの警鐘は現代でもそのまま通用する。SFの古典としてよりも一種の思想書として読むことをおすすめしたい。

ちなみに映画化作品は、ぼくがこれまでに見た映画のなかで最低の出来だったが、この原作を読んで考えを改めなければならないと思った。
スビルバーグは「人類などさっさと滅んでしまえ」と思っていて、それをあの映画で実現したのではないだろうか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これが19世紀に書かれたものだなんて!
と思わずにいられない。
今でも十分に通用する、全く古びていないストーリー。

とにかく描写が丁寧かつ鮮やかで、文章を追っているだけで
頭の中に迫力のある映画のシーンが浮かんでくるようだ。
映画化作品の方は観ていないけれど、
わざわざ映画化しなくてもいいのでは、と思ったくらいだ。

優れた主人公がいて活躍するヒーローものでは全くなく、
人間の無力さを痛感させる、
ドキュメンタリーのような作りもおもしろい。

全体的に淡々とした文章がやや冗長だけど、
「もし、こういうことがあったら」という仮定に寄って立った
リアリティが秀逸で、群集心理や、主人公と副牧師の諍いなど、
考えさせられる部分も数多い。

まさに偉大なるSFの祖!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タコ型火星人の元祖であり、ラジオドラマとして全米で放送された際に、
緊急放送と間違い、死者が出るほどのパニックを引き起こしたと言われる
伝説の作品です。
ですが、さすがに今読むと古さは否めませんね。これは仕方がない。
巨大マシーンそのものや、手に持つビームがやや哀しいです。
冒頭から結末を語ってしまうのもどうでしょう。
人類がさほど活躍するわけではない事が分かってしまうので、歯がゆい
ゆえに、サスペンスが不足気味です。
テンポもやや悪い気がしますが、決して面白くない訳ではありません。
宇宙戦争テーマの元祖として、歴史を確認するくらいの気持ちで読むのが
良いのではないでしょうか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/15
形式: 文庫
「宇宙戦争」と言えば、今トムクルーズ主演の映画も公開中ですしSF映画の元祖みたいな所があって内容に期待される方も多いと思いますが、はっきり言ってしまえば全然面白くありません。
話の舞台であるロンドンに謎の物体が落ちてきて、その中から火星人が出てきて町を破壊するというストーリーなのですが、火星人が暴れては攻撃されてひるむ、という同じ事の繰り返しを登場人物の視点を変えているだけ(主人公だったり弟だったり妻だったり)で退屈しまくりです。
SFファンにはこれがイイのかも知れませんが、そうでない人にはこの本の良さは全く分かりません。
読んで損はしませんが得もしません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告