¥ 648
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宇宙怪人 (少年探偵) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

宇宙怪人 (少年探偵) 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 宇宙怪人 (少年探偵)
  • +
  • 怪奇四十面相 (少年探偵)
  • +
  • 鉄塔王国の恐怖 (少年探偵)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人々はアッといったまま、息もできなくなってしまった。東京の大都会、銀座の空に五つの「空とぶ円盤」が!遠い星の世界から、コウモリの羽をもった大トカゲのような、宇宙怪人がやってきた。山奥に着陸した円盤にとじこめられたという、北村青年がおそろしい体験を語り、日本中が、いや世界中が、大混乱にまきこまれる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江戸川/乱歩
明治27(1984)年10月21日、三重県名張町(現名張市)に生まれる。本名、平井太郎。早稲田大学在学中から、英米の推理小説を片っぱしから読む。卒業後、貿易会社、古本商、新聞記者などたくさんの職業を経験する。大正12(1923)年に『二銭銅貨』を「新青年」に発表。筆名の江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーから取っている。その後、数多くの推理小説を精力的に書く。昭和11(1936)年「少年倶楽部」の求めに応じて書いた『怪人二十面相』がたいへんな人気を博し『少年探偵団』『妖怪博士』など少年少女に向けた作品を発表する。昭和40(1965)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 197ページ
  • 出版社: ポプラ社; 文庫版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591084205
  • ISBN-13: 978-4591084205
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 13.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,927位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
少年探偵シリーズの中でも個人的に一番好きな話です。

宇宙から来た空飛ぶ円盤のやトカゲの怪人の騒動に始まり、
最終的に話を戦争や平和まで持っていく壮大なストーリーが
当時小学生だった自分を虜にしました。

推理ものとSFの要素が融合した、乱歩ワールドを味わうのに
もってこいの素晴らしい一冊だと思います。

ぜひ今の小学生、未来の小学生にも読んで楽しんで欲しいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今回のスケールの大きさは驚きました。宇宙からの円盤が現れ、宇宙怪人が登場したといふ演出?が凄いです。その割に事件の展開が世田谷の一隅に集中するローカルさが少し変かなと苦笑しました。とは言へ、最後の最後に二十面相が現れ、明智探偵が種明かしするまでは、話がどこまで拡大するのやらと感じたのは確かです。世界の人々を目覚めさせるためにといふ大義を二十面相が語ったのは、今までのスタイルとは異なる新しさを感じましたが、やや取って付けた感じは否めませんでした。それでも、書かれた当時の時代風景を感じられたのはよかったと思ひました。上野にゐた戦災孤児のルンペン、駅前のラジオに人が集まってゐた事、世田谷のさびしい屋敷町等、昭和二十年代の雰囲気が随所に出てゐて、こんな事件で大盛上がりした世相だったかもしれないと思はれました。一大娯楽読物の傑作としての今回の作品の力を思ひました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラヴクラフト同様に、異様なまでの説得力で嘘八百を積み上げていく怪人・ランポ! これはほんとに面白いです。最初からおいおいおい、と思いながらもどきどきさせられ、最後まで一気に引っ張られる、ノンストップアクションノベル(でいいのだろうか?)。

唐突に繰り出されるショタ趣味も作品にいいスパイスとなっているのではないでしょうか。
しかし相変わらずというか当然のごとくといいましょうか、子供に読ませていいのかどうかは私にはちょっとわかりません(笑)。

いい時代にいい作品を書いたなあ、と郷愁と共に憧れを駆り立てられてやみません。

新しい装丁も正方形の造本もこの本を愛して広めたい、という作り手の強い意志を感じます。嬉しいシリーズ……さあどんどん読んでいこう!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック