通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宇宙は無数にあるのか (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

宇宙は無数にあるのか (集英社新書) 新書 – 2013/6/14

5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2013/6/14
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 52

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 宇宙は無数にあるのか (集英社新書)
  • +
  • インフレーション宇宙論―ビッグバンの前に何が起こったのか (ブルーバックス)
  • +
  • 宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

宇宙は本当にひとつなのか?「宇宙が人間にとって都合よくできている」というのは本当なのか?
宇宙論の第一人者が、めくるめく「多重宇宙」の世界へ誘う。

<集英社新書創刊15周年フェア>
人間とは宇宙。宇宙とは人間。人間は本当に謎なんですね。――荒木 飛呂彦

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙はひとつしかないのか。実は近年、物理学の世界では、宇宙はユニバース(単一の宇宙)ではなくマルチバース(多重宇宙)であると言われている。このマルチバース理論によって、宇宙創成や量子力学などが抱える様々な問題の辻褄が合い、宇宙論は飛躍的な発展を遂げたのである。では果たして、どのような宇宙が存在するのか。また、「宇宙が人間にとって都合よくできている」という人間原理は本当なのか?宇宙の起源に迫る「インフレーション理論」を提唱し、宇宙論研究を国際的にリードする著者が、不思議な多重宇宙の世界を解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/6/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087206947
  • ISBN-13: 978-4087206944
  • 発売日: 2013/6/14
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,301位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 ここ数年宇宙論に興味を持ちかなり色々な本を読んできているが、そのきっかけとなったのが佐藤勝彦氏の『宇宙論入門』(岩波新書、2008年)であった。今回著者の宇宙論に関する新書が新たに出版されたことを知り、早速購入して読んだが期待通りの内容であった。

 最新の成果も含めて、宇宙についてどこまでわかっており、一方で何が解明されない謎として残っているかということが分かりやすく解説されているのだが、話のつながりがとてもうまく連続の講義を聴いているような印象であった。「あとがき」を読むと著者が口述したものを文章に起こしたとのことでそういう成り立ちによる影響もあるのかもしれない。しかし分かりやすさのもう一つの要因は、著者が提唱した宇宙創成における「インフレーション理論」をベースにして、書名にもなっている宇宙が無数にあるという「マルチバース」論を始め色々な理論や仮説を説明していることにあるのではないかと思われる。一つの理論が作られることで、提唱者本人も思ってもいなかったような理論が新たに出てきたり、当初は何の関連もないと思われた研究からその理論を補強する結果が得られるといった科学研究の面白さを実感できる記述が随所に紹介されていて非常に楽しく読めた。そういう意味では理論提唱者の著者ならではの宇宙論入門書・解説書であるといえるかもしれない。

 本書の主題と
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2013/9/19
Amazonで購入
一流の研究者だけが真の啓蒙書を書く資格がある、という命題の見本のような著作です(残念ながらこの命題を守っているのは、数学、物理学などの自然科学系に限られているように思えます)。著者は紛れもない宇宙物理学の一流の研究者ですが(京大大学院修士2年のときにノーベル賞受賞者ハンス・ベーテと共同論文を書いたというから驚きであるp.38)、おそらく一般聴衆相手の講演会などの場数を踏まれているからでしょうか、説明のツボを心得ていらっしゃる。村山斉氏の啓蒙書は平易そうで素人には難解、佐藤先生の啓蒙書は平易そうで平易です。盛りだくさんの内容ですが、この本で仕入れた知識を早速誰これなく披露して、したり顔をしたくなる誘惑にかられること請け合いです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一般向けの解説書で、これほどクリアでコンパクトにまとめられた本は、今のところほかに知りません。
さすが、指数関数的宇宙膨張のプライオリティをもっておられる著者ならではの明快な説明です。
ネーミングのインパクトでは、アラン・グースの「インフレーション理論」に軍配があがりましたが、
原論文のプライオリティは、あくまでも著者のものだと思います。
そのことをあまり強調されない著者の謙虚さには敬服しますが、宇宙論の歴史に著者が燦然と輝く
ことは間違いないでしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2014/3/1
Amazonで購入
まことに宇宙は不思議なものであることがよくわかるというかますますわからなくなるというか、いずれにせよ我々の住む世界は難しくかつ魅力的であることを実感させてくれる好著だと思います。普通の人が難しいところを飛ばして読んでも大筋は理解できると思います。
物理学っていうのは高校で学ぶのとずいぶん違うということも改めてわかりました。もう遅いですが。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、宇宙が人間にとって実に都合よくできているようにしか思えないという大きな謎をテーマとしており、まず第1章と第2章で、「宇宙はどこまでわかったのか」と、「まだ解明されない宇宙の謎」について整理したうえで、第3章の「人間に都合よくデザインされた宇宙」で、宇宙が人間にとって実に都合よくできているようにしか思えないというさまざまな実例を挙げている。 

そこから第5章の「マルチバース」に先立って、一見、唐突とも思える形で、筆者の「インフレーション理論」が第4章に挿入されているのだが、本書を読み終わってみると、本書の肝は、このインフレーション理論であったことに気付かされる。私のような素人にとってインフレーション理論は、宇宙誕生直後に急速膨張が起こったとする理論程度の認識しかなかったのだが、これが結構奥深い理論で、宇宙をめぐるさまざまな謎を解決できる理論であるというだけでなく、その理論がもたらす結論として、第5章のマルチバースの存在が必然となるという筆者の解説には、本当に驚かされた。 

ただ、マルチバースを予言する理論はインフレーション理論だけではなく、超弦理論や量子力学などからも、それぞれ独自の形態のマルチバースが予言されているようだ。インフレーション理論は、まだ観測や実験によって証明されてはいないものの、宇宙初期の標準モデルとなっているほどの
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー