中古品
¥5,727
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: ほぼ新品
コメント: 【美品】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ等なく、非常に良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

学習の生態学 (日本語) 単行本 – 2010/8/24

5つ星のうち4.2 8個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2010/8/24
¥5,727
¥5,727
お届け日: 7月10日 - 11日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

言葉の知識を記憶し繰り返すことが学習なら、レコーダーこそが最高の学習者である、というのは馬鹿げた話ですが、では事故が起きたあとマニュアルを作って周知徹底すればOKという発想は、それと一体どう違うことなのか。かといって、学校もあらゆる組織も、徒弟制よろしくOJT(現場学習)を無秩序に繰り返す身体の群れが実体なのか。「現代の現場」の人類学者である福島先生は、医療、科学技術における学習、熟練が、実際はどう生きられているのかを調査し、「学習する組織」というものがもしあるとすれば、それはその現場が、ある学習のための「ラボ」(実験室)としての領域を持っていることを見出します。では、それは「どこ」にあるのか? 学習論のみならず組織のデザインを考えたい方にも必読の書になったと思います。【担当編集者】

内容(「BOOK」データベースより)

学習は、現場実践に潜むリスクを切り分けながら、ある実験として進んでゆく。学習理論の再検討から組織を見直してみるレッスン。人間の思考・学習を社会科学的にとらえ、高信頼性組織の遂行における「日常的実験」という領域の重要性をあきらかにする。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
評価の数 8
星5つ
80%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
20%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2015年11月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月11日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月11日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月12日に日本でレビュー済み
2015年11月14日に日本でレビュー済み
2011年6月28日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月8日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告