この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

大人の科学 真空管アンプ

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 51,855より 中古品の出品:1¥ 12,000より


学びたくなる学びを学研ストアで
ニューブロック、木製シリーズほか 学研ストアをチェック!
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!


キャンペーンおよび追加情報


製品概要・仕様

  • 本体サイズ:W205×H70×D140mm
  • 対象年齢:10歳から
  • 電池:

商品の情報

詳細情報
発売日:2007/12/6
対象性別男性用
  
登録情報
ASINB000VL90B8
おすすめ度 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 150,824位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.1 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/8/31
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

ステレオスピーカー付きアンプ組み立てキット。電池真空管(「電池管」)を4本、独自開発の出力トランス2個を使ったアンプの組み立て実験キットです。ステレオスピーカー、オーディオケーブルも付属しているので、組み立て後すぐ、iPodなどの外部音響機器に接続して、独特の柔らかなサウンドをお楽しみいただけます。ステレオスピーカーは本体と離して使うことも可能。スピーカーの背面を使った周波数特性の改善実験(マジックボイス)もできます。また、電池式なので自由に持ち運びできます。組み立ては、約30分。特別な工具は使いません。自分で組み立てることで、真空管の役割、アンプの構造などを知ることができます。※iPod等音響機器は付属していません。またアナログプレーヤー使用時には別途プリアンプが必要です。【主な仕様】出力100mW/ch 使用真空管(直熱タイプ、電池管):電圧増幅1B2×2/電力増幅2P3×2 入力端子:RCAピンジャック 入力感度/入力インピーダンス:1Vp-p/100kΩ 負荷(出力)インピーダンス8~16Ω 周波数特性:100~10KHz(+0、-6dB) 歪率5%以下(1kHz) 電池/電池寿命:単1アルカリ乾電池×2(1日に1時間使用で約20日間) 付属品:マルチセルラホーンスピーカー250mW/8Ω、フルレンジ方式×2、オーディオケーブル(RCAピンプラグ×2 ~ステレオミニプラグ)

Amazonより

   電池真空管を4本、独自開発の出力トランス2個を使ったアンプの組み立て実験キット。
   スピーカーユニット、オーディオケーブル付属で、手持ちのデジタルオーディオプレーヤーなどのステレオ用外部出力端子から音響機器に接続、独特の柔らかなサウンドがすぐに楽しめる。スピーカー単体での使用可能。スピーカー背面を使った周波数特性の改善実験(マジックボイス)可能。組立時間は約30分で、特別な工具等は不要。単1電池2本必要(別売)。
   音響機器の付属なし。アナログプレーヤー使用時には別途プリアンプ必要。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

まず、10,000円で真空管アンプが手に入ることに驚く。見た目も本格的。もちろん筐体はプラ製ではあるけれど、充分満足の行くスタイルである。キットではあるが全く電気の知識の無い初心者でも、まず、間違いなく組める半完成品。この辺はちょっと物足りなさが残る。電源が単一乾電池2本というのもすごい。おかげでハムに悩まされることもない。制作時間は私の場合は15分程度であっけなく完成。さて、音出ししてみると、えっ、というかやはり、というか。定格出力は100mWと決して充分なわけではないが、それにしてもアレレなのである。どうも付属のスピーカーがくせ者らしいとにらみ、手持ちの小型スピーカーで次々とテスト。おっ結構いけるではないのというのが、結論。立派に真空管の音で鳴っている。手持ちの中ではO社のD-057というスピーカーがいまのところベスト。057は出力音圧80dBなので本当は90dBかそれ以上の物がほしいところ。それでもボリューム1時位の位置でニアで聞くに充分な音量である。もちろん価格が価格なので多くを期待してはいけないが、デスクサイドで気楽に聞けるシステムとして充分だと思う。付属のスピーカーは単なるアクセサリーと考えたほうがいい。これからしばらくスピーカー選びでも遊べそう。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 他の方も言われておりますが、私も最初作った時は付属ホーンスピーカではあまりに貧弱な音でガッカリしたのですが、他のスピーカにつないだら十分使えることが分かりました。そこらのミニコンポについているスピーカでもずっとましに鳴ります。これならむしろスピーカ無しでキット化するか、安物でも普通のスピーカを付けて欲しかった。まぁこれがないと作業がほとんど無くなるのでしょうが、教育性を求めるならホーンのネジ締めよりは多少なりと回路の解説した方がためになるのでは。
 なお、パワーは低いので迫力のサウンドは無理ですが、電池式で非常にノイズが低いので夜中に一人で静かにボーカルなどを聴くにはピッタリです。1万円のインテリアにしておくのはもったいないので安いスピーカを探しましょう。最近ではフツーの小型スピーカは寧ろ少ないですが、onkyo辺りを探せば安い製品もあります。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マツ 投稿日 2008/1/19
初めて真空管アンプ買いました。
他のアンプと違い長く聞いてても疲れない、音色も綺麗です。
欠点はパワー不足ですが、自分が住んでる環境を考えれば十分な音量です。
今はオンキョーのD-057M(D)で聞いてますが、付属のホーンドライバーにバックロードホーンを組む予定です♪試作で段ボールで作ったらまともに低音が出てました。
極めれば絶対に綺麗な音のドライバーになると思います!
皆さん遊びましょう♪(自作に自信ある人だけの趣味)
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いつかは真空管アンプを作りたいなと思いながら、なかなか時間も取れないし、子供も小さいしなぁと半ば諦めていました。
そうしてそんな気持ちも忘れていた頃に、大人の科学から真空管アンプキットが出るのを知って買ってしまいました。
音質は半分諦めていたのですが、その通り確かに付属のスピーカーはレトロな古いラジオの音しかしません。
やっぱりなぁ、と手持ちのスピーカーにつないだところ、何とも優しい音で鳴るではありませんか。音量を上げると割れ出しますが、ニアで聞くには十分な音量だと思います。
能率の高いスピーカーだと結構音量もとれるんじゃないでしょうか。
組み立ても簡単で、(とは言っても、雑にやると壊れそうで結構ハラハラします。真空管をさす時はかなり緊張しました。)興味はあるが自作はちょっとと言う方にはおすすめじゃないでしょうか。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
1.5V乾電池だけで作動する真空管アンプというのはとてもユニークで面白いのですが、出力トランスとスピーカーがあまりにも貧粗で折角の真空管アンプの良さが発揮されていないようです。結局自分で改造し出力トランスを少し大型品に取替え、スピーカーもきちんとしたボックス入りのものを使用して作動させており、机上用真空管アンプとして立派に作動させることができてコンパクトなので移動も容易です。
値段的な制約があるかと思いますがせめてスピーカーだけでも50mmくらいにしてボックスに収めてもらうとよいアンプになるのではないかと思います。
石からは得られない柔らかな音の真空管アンプですから、その良さを発揮してこそ商品価値があるのではと感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー