通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学生 島耕作(1) (イブニングKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: クリーニング済み、全体的に若干使用感があり、カバーにスレ・キズがあります。中身は比較的良好な品です。落札後、プチプチ付封筒にて出来る限り早く発送致します。日本郵便にて発送を依頼しておりますので、追跡番号・日時指定は請け負いかねます事、予めご了承下さいませ。商品到着後、何かございましたらぜひご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学生 島耕作(1) (イブニングKC) コミック – 2014/11/21

5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 600
¥ 600 ¥ 100
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 学生 島耕作(1) (イブニングKC)
  • +
  • 学生 島耕作(2) (イブニングKC)
  • +
  • 学生 島耕作(3) (イブニングKC)
総額: ¥1,800
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『安眠ウエーブ枕 プレミアム 特製オリジナル枕つき 熟睡できて、首こり・肩こりも解消!』
『安眠ウエーブ枕』が進化。眠りやすさがアップし、首・肩コリの解消、自律神経の調整、疲れとり、いびき改善といったさまざまな体の不調の改善に役立つ。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

舞台は1966年の東京。
夢と希望を胸に抱き、早稲田大学法学部に入学した島耕作。
東京で芽生える新たな友情、刺激的な人々との交流、そして心惹かれる女性との出会い――。
学生運動まっさかりの激動の時代に、多くの邂逅や経験を経て一人の青年がどう成長していくのか、
後に大企業のトップに立つ男の「原点」となる青春時代、開幕!!

舞台は1966年の東京。夢と希望を胸に抱き、早稲田大学法学部に入学した島耕作。東京で芽生える新たな友情、刺激的な人々との交流、そして心惹かれる女性との出会い――。学生運動まっさかりの激動の時代に、多くの邂逅や経験を経て一人の青年がどう成長していくのか、後に大企業のトップに立つ男の「原点」となる青春時代、開幕!!

著者について

弘兼 憲史
1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『学生 島耕作』(イブニング)『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)コラム『パパは牛乳屋』(週刊朝日)を連載中。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063545490
  • ISBN-13: 978-4063545494
  • 発売日: 2014/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
島耕作が山口から上京して大学生活をスタート。
地方から上京してきた人は必ず体感したであろうあの不安とワクワク感が入り混じった感情を懐かしく思い出すことが出来ます。
やはり島耕作は若い頃の方がおもしろいです。
ただ、高校卒業したばかりの青年にしては大人び過ぎていると言うか、サラリーマンの島耕作とキャラが同じ過ぎて学生編としては違和感を感じます。
特に島耕作が童貞を捨てる貴重なシーンでも相変わらずの綺麗な女性主導のトントン拍子の展開で、学生特有の甘酸っぱい感情は全く表現出来ておらず冷めてしまいました。
全体的に少しアカデミック寄りの内容になりそうなのが残念に感じます。折角の学生編なので、もっと単純にストーリーや感情描写で楽しませて欲しい。今後の展開に期待したいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 「ヤング島耕作」シリーズから、スター・ウォーズ並に過去と現代が並列して進んでいく島耕作シリーズ。本作は『過去』編の中でも、彼の人格を養成するうえで極めて重要となるであろう島耕作の大学生時代を追っていくシリーズ。
 話は、早稲田が発端となった学生紛争が全国的に吹き荒れる直前の1966年春からスタートする。当時の風俗描写は概ね出来ている。しかし、例えば高校時代の旧友が1966年の初夏には肩までの長髪にしているなど、いささか66年の日本という時代を超越し過ぎな描写も多々ある。大学生が長髪(せいぜい耳を隠す程度)をたくわえるようになったのは1968年半ばくらいのもので、66年ではエレキギターを弾いているような「不良」でもアイビー・カットが主流だった頃である。そういう意味では、この作品は66年と銘うっていながら、1970年あたりまでの学生風俗を一気に出し過ぎなキライもある。大学の実力を登場人物達が当時は一般的でない「ブランド」という言い回しで語る箇所も気にかかる。
 また、「ヤング島耕作」スタート時から言われる事だが、主人公島耕作の価値観が結果として当時のものではなく、現代の価値観で当時の風俗を評価している点も微妙である。例えば学生運動に対する姿勢など、まるで主人公だけが、タイムマシンに乗ってやってきたかのように冷めている。もっとも、当時の大部分の学生は冷めていたという
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
折しも、学生運動が盛んな時代に早稲田に入学し、新しい生活がスタートする。三沢純子の境遇に現実の社会の厳しさを垣間見る。学生編で島耕作がなぜ英会話が堪能なのかが分かる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 課長から始まり会長まで持っていますが、今度は学生ですか面白いのですが長く掲載されすぎているような気もします。
もう惰性で購入しているだけです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
時代感がしっかり描かれているうえ、ドラマも描けているし、何よりもこの時代の学生の生活感が伝わってくる。
山本直樹のレッドと近い時代の話だけど、こちらの方が断然面白い。
さすが島耕作です!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
島耕作好きとしては、面白い視点だと思う。
以前、何かの話で大学時代の描写はあったと思う。車を借りてデートして車内でしたのが親父さんにばれるというような話。

ただ、ネタが尽きてきて、その内、「小学生島耕作」などという本が出るとは思わないが、ネタが尽きたなら、新作を作るか「ハローハリネズミ」を復活させるとかして欲しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2015/6/30
形式: コミック
わざわざ金払ってまでおっさんの初めて物語を読む気にはなりません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 舞踏家 投稿日 2014/12/20
形式: コミック
私の父も、地方都市から東京六大学に進学した、団塊の世代です。
まさに、この島耕作と同じ境遇なんです。
父の見た当時の東京の光景や、父の体験した学生生活とはこんな感じだったのかと思うと、とても感慨深いです。
漫画としてはちょっと盛り上がりに欠ける感があるが、そういう視点で見てみると、とても貴重な資料でもあると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
会長編に比べれば、お色シーンもさわやかでよかったです。
じじばばのは見たくありません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
学生運動華やかなりし頃の島耕作の学生時代。著者の学生時代と重なるのだろう。自分は団塊の世代ではないが、古き良き昭和が感じられる作品である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック