¥ 1,728
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学生を思考にいざなうレポート課題 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/7
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 2,264
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 学生を思考にいざなうレポート課題
  • +
  • クリティカル・リーディング入門:人文系のための読書レッスン (アカデミック・スキルズ)
  • +
  • グループ学習入門: 学びあう場づくりの技法 (アカデミック・スキルズ)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 114pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

どのように工夫すれば学生が頭を使ってレポート課題に取り組むのか?これまで理論的には問われてこなかったこの問いに、「レポート論題」、「授業設計」、「評価」の各観点から答える渾身の書。特に「剽窃が困難となる論題」についての分析は、これまでのレポート課題のあり方を根本から問い直す。

著者について

編者:成瀬尚志(なるせ たかし)
京都光華女子大学短期大学部講師。専門は哲学、高等教育。神戸大学大学院文化学研究科単位取得退学。博士(学術)。主な業績は『アクティブラーニングとしてのPBLと探求的な学習』(共著、東信堂)、『真理・言語・歴史』(共訳、春秋社)、「クワインはなぜ物理主義を採用したのか」(単著、『モラリア』)ほか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 184ページ
  • 出版社: ひつじ書房 (2016/12/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894768275
  • ISBN-13: 978-4894768277
  • 発売日: 2016/12/7
  • 梱包サイズ: 21.1 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,818位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

タイトルの通り、剽窃が困難で、かつ学生が自分の頭で考えざるを得ないような設問の出し方、課題の課し方が具体的に提案されている一冊です。

例えば知識を問うような課題を課す際にはサイトからの剽窃が容易ですが、そのような場合でも
「小学生に教えることを想定して口語体で説明せよ」
と設問を調整することで、少なくとも学生は自分で内容を理解し、噛み砕くことが必要になるのではないか。例えばこのような提案がなされています。

また、本書の後半にあった
「多くの大学でレポート課題が課されているにもかかわらず、またレポート課題は学生の成長にとって重要であるにも関わらず、レポート課題の設計についてはフィーリングで行われてきた。」
という問題意識にも強く共感できます。

ただ、一部では文系の専門用語が多かったり、徐々に要素を加えて肥大化していくポンチ絵に混乱してしまったりと、わかりづらい部分もありました。

ともあれ、学生のレポートの出来に不満のある先生方には一読の価値がありそうです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告