通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学生のためのワークルール入門 アルバイト・インター... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆◆◆全体的に使用感もほとんどなく、本の状態非常に良好です。◆◆◆ご注文確認後丁寧に梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学生のためのワークルール入門 アルバイト・インターンシップ・就活でトラブルにならないために 単行本(ソフトカバー) – 2018/4/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/4/1
¥ 756
¥ 756 ¥ 449
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・食品・飲料・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム&キッチン・家電・オフィス用品・おもちゃ・スポーツ&アウトドア・シューズ&バッグ・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。4/2(火)から4/19(金)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 学生のためのワークルール入門 アルバイト・インターンシップ・就活でトラブルにならないために
  • +
  • 大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

だれもが経験する労働トラブル。学生の経験に基づく具体的な設問に、専門家が分かりやすく答えます。
自分を守り仲間を守る法律知識を身に着けよう。「相談の仕方」や「相談窓口」も分かる。

◆編著者
道幸哲也(北海道大学名誉教授)
淺野高宏(北海学園大学教授・弁護士)
NPO法人 職場の権利教育ネットワーク
◆著者(五十音順)
上田絵理(弁護士)
加藤智章(北海道大学教授)
川村雅則(北海学園大学教授)
菅野淑子(北海道教育大学教授)
國武英生(小樽商科大学教授)
倉本和宜(弁護士)
迫田宏治(弁護士)
白 諾貝(弁護士)
林健太郎(北星学園大学専任講師)
開本英幸(弁護士・北海道大学客員教授)

◆はじめに
昔は「学生アルバイト」という言葉がありました。小遣い稼ぎのための比較的楽で責任のない仕事という意味です。今は、多くの学生が学費や生活のために働いており、雇う方も一人前の労働力として期待しています。学生も働く主体として自分だけではなく職場の仲間を守るためにワークルールの知識が必要になっているわけです。これは、会社に就職する際にも、働き続けるためにも不可欠な知識といえます。
では、なぜワークルールの知識が必要になってきたのでしょうか。
第1は、多様でかつ身近な労働問題の発生です。非正規労働者には雇用不安や低賃金が、正規労働者についても長時間労働やハラスメントの問題があります。労働紛争は日常化しつつあるわけです。
第2は、ワークルール自体の複雑化です。その正確な理解のためには一定の体系的教育が不可欠となっています。マスコミ報道や新聞の細切れの知識だけでは対応できません。
第3は、職場における自主解決能力の低下により労使の対立が紛争化・外部化しやすくなっています。まず、個人レベルでは、対立した場合のコミュニケーション能力が低下し対立の初期段階において相互の話し合いで解決することが難しくなっています。学校教育や就活ではコミュニケーション能力は重視されていますが、対立構造を前提としたものではなく、相手(実際は会社)に寄り添う態度が重視されているだけです。さらに企業内では、労務管理の個人化等により労働者の孤立化がすすみ、同僚との結びつきや連携が困難になっています。上司の役割や労働組合機能も低下し、職場内での対立は容易に紛争化しやすくなっています。
ワークルール教育は職場における権利実現を目的としており、それは次の5つの側面から考えることができるでしょう。
その1は、法に関する知識や情報です。権利について知らなければ「権利主張」ができないのは当然で、そのためには条文や主要な裁判例、自分の労働条件についての情報(労働契約、就業規則等)も知る必要があります。
その2は、権利意識です。権利をわがものにし、置かれた状況で行動を起こす資質であり、そのためには、権利についての理解、それを他人に適切に伝えるコミュニケーション能力、さらに対立をおそれない態度が必要とされます。
その3は、権利行使を支援する仕組みです。権利行使は個人の主体的行為に他なりませんが、それを社会的に支える労働組合や外部の団体(労働NPO)の役割、さらに同僚の支援も重要です。
その4は、権利を実現する機構・手続きです。種々の相談体制以外に、労働局による個別斡旋制度、労働委員会、労働審判さらに裁判所等が整備されています。
その5は、具体的権利内容を規定する実定法です。とりわけ、労働基準関係の立法が重要で、ほとんどが強行規定なので知る必要性も高いわけです。
北海道においては、北海学園大学・小樽商科大学・北海道大学・北星学園大学・北海道教育大学の社会法関係のゼミとNPO法人「職場の権利教育ネットワーク」が協力して働き方やワークルールをめぐる討論会を毎年開催しています。アルバイトの実態や問題が起きたときにどう対処すべきか等について本音のレベルで議論がなされています。本書は、そこで提起された論点や「学生アルバイトの実態」等をふまえて日常的に問題になるワークルール上の論点につき、質問と答え、さらに解説という形でわかりやすく検討したものです。大学や社会さらに職場でワークルールの知識を踏まえて行動する能力を身につけることを期待しています。

内容(「BOOK」データベースより)

誰もが経験する労働トラブル。学生の経験に基づく具体的な設問に、専門家が分かりやすく答えます。自分を守り仲間を守る法律知識を身に着けよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 64ページ
  • 出版社: 旬報社 (2018/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845115409
  • ISBN-13: 978-4845115402
  • 発売日: 2018/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 0.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,681位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう