学校II [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,133
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

学校II [DVD]

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,133 通常配送無料 詳細
ポイント: 2pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ローカルストアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,784より 中古品の出品:2¥ 3,754より

この商品には新しいモデルがあります:

学校II [DVD]
¥ 5,800
(14)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で学校Ⅱを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 学校II [DVD]
  • +
  • 学校III [DVD]
  • +
  • 学校 [DVD]
総額: ¥10,968
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西田敏行, 吉岡秀隆, 中村富十郎(五代目), いしだあゆみ, 永瀬正敏
  • 監督: 山田洋次
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2005/11/26
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BKJF4Q
  • JAN: 4988105046450
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,035位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   北海道の小さな町にある養護学校。リュー先生(西田敏行)のクラスには、知恵遅れで心を閉ざした高志(吉岡秀隆)や、障害の重い佑矢(神部浩)などがいて、新任の小林(永瀬正敏)はノイローゼ気味だが、そんな彼らを玲子先生(いしだあゆみ)は常に優しく見守っている。やがて高志たちは差別に満ちた厳しい世間の現実を思い知らされていくのだが……。名匠・山田洋次監督が『学校』の好評を受けて、舞台を養護学校に移して描いたヒューマン映画シリーズの第2弾。ここでは障害児問題という重いテーマに真正面から取り組んでいるが、最後には気球を用いてファンタジックに映える設定も用意されている。公開時はそこに賛否が分かれたが、あくまでも映画は娯楽であるという基本を崩すことなくテーマ性を揺るがすこともない山田監督の姿勢は認めていいだろう。障害児という難しい役柄を吉岡秀隆が熱演し、新境地を開いている。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

生徒と教師の心の交流を描いた映画「学校」の第2弾。北海道の養護学校を舞台に、西田敏行演じる教師が生徒たちに情熱を注ぎ、夢と希望を抱かせる心温まる作品。出演は西田敏行、吉岡秀隆、中村富十郎、永瀬正敏ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
購入して私の生い立ちに似ていてとても感動しています。私は知的には障害はないのですが、人よりは知能は低いらしいです。運動に障害があって右手に少し麻痺があります。普通の学校に行きましたが、授業についていけず、馬鹿にされたりもしました。友達もいませんでした。高校は私にあったところを先生に探して頂きました。高校では友達もできました。車の免許も取りました。今は自分にあった仕事を見つけて頑張っています。この映画を見てると、ほんとにジーンときます。購入してほんとによかったです。
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
昔、DVDで見ましたがまた見たくなったのでレンタルしました。
役者の演技が素晴らしいので、すごくリアルに心打たれる作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 高橋 昭五郎 投稿日 2016/11/24
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
吉岡君の演技は本当に素晴らしかった。自分は馬鹿だけど、馬鹿だとわかるから辛い・・というくだり。
何度も何度も見ては号泣!見ては号泣!。出演者も皆さん素晴らしい演技力の持ち主ばかり。
ⅠもⅢも見ました。山田監督は本当に素晴らしい監督ですね。我々が見過ごしている社会の一面をどの作品でも的確にとらえ投げかけてくる感じでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
 秋から冬への季節が移り、体が真から冷えるような時期に見たくなる映画です。

 「学校」第2弾は舞台を夜間中学から養護学校にし、前作同様子どもたちの悩みや葛藤を真っ向から受け止める。
 幸福とは何か?この永遠なるテーマを学校から逃げ出した高志と佑也が旅の中でつかもうとする。神部浩の演技がひときわ光る。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
前作は、東京のとある下町の夜間中学を舞台に描かれた。
街中で、地べたを這いつくばるように生きてきた人たちの学びと希望の場が、夜間中学だった。
今度は、北海道の大自然の中、ハンディキャップを背負いながら、これからの社会を生きていかなければならない、高校生の年齢の子どもたちが舞台の養護学校である。

西田敏行氏のベテラン教師の演技は、実に、観ていて温かみがあって、観る者をどんと大船にのせてくれるような雰囲気が漂う。その周囲を固める女性や若手教師たちとのやりとりもまた、観ていてすばらしい。
前作のように、年配の人たちが醸し出す、人生のよどみというか、そういう色合いは全くと言っていいほどない。
逆に、ハンディキャップを背負いつつも、前向きに、今を必死に生きている子どもたちの背景には、北海道の自然がしっかりと溶け込んでいる。その寒さと涼しさが、登場する子どもたちの心象風景を象徴しているかのようである。

目の前の対手と向かい合い、寄りそい、時にはぶつかり合う。
それらの触れ合いを最も必要とされているのが、実は、養護学校の子どもたちなのかもしれない。
だがそれは、学力の高低、「障がい」の有無、性別、人種・・・・・そんなことにかかわらず、すべての学校に通う子供たちにとって、必要とされていることなの
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
邦画は嫌いで観ないのですが、養護学校を描いた作品を探していてこちらに辿りつきました。
障碍者を描いた作品は多々あっても、養護学校を描いた作品は意外とないのですね。
探すのに苦労しましたが、邦画嫌いを払拭するくらい素晴らしい作品でした。

西田敏行さんが素晴らしい俳優さんなのは言うまでもないのですが、この作品で素晴らしいと思ったのは吉岡秀隆さんです。
身内が吉岡さんと同じ症状になったことがあるのですが、その時の身内の姿と吉岡さんがソックリでした。
姿勢から顔つき、目線に至るまで、とにかく彼のコピーを見ているようでした。
きっと研究熱心な役者さんなのだろうなと、その演技力に感動しました。

ただあまりにリアルすぎて、前半は吐きそうになってしまったのも事実です。
当事者でなければ「大変だな〜」「先生たちガンバッてるな〜」と肯定的に見れるシーンが、他人事に思えず恐怖を感じました。
それだけ事実に目を逸らさずに描いてくれたという意味で、監督はじめ役者さんたちに感謝でいっぱいです。

サラリーマン教師が増えてしまっている現在、すべての教師および学校関係者、教職を目指す若者の必須課題にしてもらいたいと思いました。
きっとなんらかの琴線に触れ、初心を思い出させてくれるシリーズだと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。シルバー925925

関連商品を探す