この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学校選択制のデザイン―ゲーム理論アプローチ (叢書 制度を考える) 単行本 – 2010/3/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 23,732 ¥ 1,130
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

子どもたちが従来の通学区域に縛られずに、通う学校を選ぶことができる学校選択制。わが国でも公立小中学校の約15%が実施しており、その是非をめぐって議論が活発に行われている。本書は、この問題に若手経済学者が挑む野心的な研究である。より良い学校選択制を「デザインする」という視点から、ゲーム理論研究で得られた最先端の知見に基づき日本とアメリカの現状を分析し、具体的な政策提言を試みる。

内容(「BOOK」データベースより)

子どもたちが通学区域に縛られずに学校を選ぶことを可能にする学校選択制。わが国でも公立小中学校の約15%が実施しており、その是非をめぐって活発に議論が行われている。本書はこの問題に若手経済学者が挑む、野心的な研究である。より良い学校選択制を“デザインする”という視点から、ゲーム理論研究で得られた最先端の知見に基づき、日本とアメリカの現状を分析、具体的な政策提言を試みる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: エヌティティ出版 (2010/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757122594
  • ISBN-13: 978-4757122598
  • 発売日: 2010/3/29
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 604,147位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ