通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学校裏サイト がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学校裏サイト 単行本(ソフトカバー) – 2008/3/28

5つ星のうち 3.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 学校裏サイト
  • +
  • 学校裏サイト――進化するネットいじめ(晋遊舎ブラック新書 6)
  • +
  • ネットいじめ (PHP新書)
総額: ¥3,197
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「○○死ね」
「楽しみたいんさイジメを(笑)」
「ちょっとHな♀(12歳)です☆」

「学校裏サイト」とは、子どもたちが自ら開設し、実在の学校の名前を付けた
ウェブサイトのこと。いじめ、誹謗中傷、わいせつ情報などが氾濫し、「無法地帯」
と呼ぶにふさわしい様相を呈している。
本人になりすました書き込みによるイジメや家族への誹謗中傷、女子生徒が自らの
わいせつ写真をアップすることすら、いまや珍しいことではなくなってきた。
本書では「学校裏サイト」の想像を絶する実態とその解決策を、この問題の第一人者が
初めて解説する。

筆者は大学で「子どもとケータイ問題」を調査している研究者でありながら、
校長などからの相談を受けて「学校裏サイト」問題に取り組み、実際に複数の学校の
裏サイトにおける有害情報発信を止めさせることに成功した実績のある人物。
リアリティのある現状紹介と具体性のある対応策を紹介する。

また、無法地帯と呼べる惨状にあるのは「学校裏サイト」だけに限らず、最近子ども
たちに大人気の「プロフ」「ケーム」「SNS」なども、同様の危険を秘めている。
「プロフ」はイジメの手段となるし、「ゲーム」や「SNS」で知り合った成人に
小学生女子がレイプされる、という事件も起きている。
本書では、これら「学校裏サイト」以外のケータイサイトにも着目し、ケータイ
サイトの現状を幅広く紹介する。


子どもが初めて一人で外に遊びに行くとき、「気をつけて」と言わない親は
いないはずだ。
しかし子どもにケータイを買い与えるときにそう言えないのはなぜだろう。
それは、ケータイサイトの現状がよく分からないからだ。
本書を読んで、ケータイサイトの現状を知り、子どもを「無法地帯」から
救わなけばならない。

すべての親、教師必読の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

大人はいま、何をしなければならないのだろう。「子どもとケータイ問題」の第一人者が、ネット遊びの闇を解明する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 230ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2008/3/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492222804
  • ISBN-13: 978-4492222805
  • 発売日: 2008/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 892,406位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
インターネットが出来るパソコンやゲーム機・携帯は、書籍やテレビ・ビデオのようなマスメディアではなく、パーソナルメディアであるが故に子供たちへの影響が格段に大きい。
その影響の大きさと各種ウェブコンテンツで起きている利用実態や問題点をこと細かく説明。
多分、今の子供はインターネツトを手放せないが、その最終責任者は保護者ですよと暗示してる。
パーソナルメディアであるが故、保護者も見落としていたかもしれないが・・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
学校の公式サイト以外で、学校の話をすれば、そこは全て「学校裏サイト」。
本書の中で言われる定義を端的に言うと、こうなるだろう。

昨今のいじめ問題の中で注目が集まった「学校裏サイト」。著者は、その言葉を提唱し、広めた人物として知られている。だが、本書を読んでいて感じたのは、その定義の曖昧さ(上に書いたように、学校公式サイト以外で、学校の話をすれば、全て裏サイトになってしまう。それは、学校名を特定するようなものだけでなく、メル友募集のようなサイトの掲示板も含む)と、やたらに煽る危機感である。
本書に記された「実例」というものは、確かに、「子供に見せたくない」と大人が思うものである。だが、本書には「裏サイトの多くで、そういう書き込みがあった」というようなものはあっても、具体的に「このサイトの書き込みの何割が、そういう書き込みなのか?」というようなものは無い。人気のあるサイトの何千、何万の書き込み。そのうちの1つが、問題のあるものであっても、「問題のある書き込みのあるサイト」として、それは捉えられてしまうのである。他にも、定義も何も示さずに「有害情報」と連呼したり(どこからが有害かわからないが、何となく悪そうに聞こえる)、危機感を煽る文言だけを並べるのはどうかと思う。
「子供のしていることを知る必要がある」
という著者の言葉には
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
学校裏サイトのことを全然知らない人なら外観的に眺めるのにはよいかもしれません。まあ1時間もあればさらっと読めちゃいますし。学校で研究の一環として、そのサイトを運営する側の心理に踏み込んで書かれているところはなかなか新味があります。ただ、学校裏サイトについて悩んでいて、その解決策や対応方法について求めている方にはお勧めしません。やはり、法的にも、方法論的にもまだまだむずかしいようです。対応、というより「対処」のしかたをもとめるならば、一筋の光明かも。一緒に悩んでくれる人がいるんだ、という感じでしょうか。学校裏サイトで具体的に悩んでおらず、興味だけならば立ち読みで十分です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やま 投稿日 2008/4/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
ちょうど興味のある話題だったのでつい買ってしまったが、内容は期待はずれだった。
後半は「プロフ」などの個人的に初めて聞く内容だったのでそれなりに楽しめたが、ニュース報道である程度知識を持っていた学校裏サイトについての記述には独自色が見出せず、退屈だった。
2ちゃんねるなどの既存の掲示板との相違点に焦点を当てるなどして独自の視点で描写してほしかった。
とはいえ、「裏サイト」を運営する生徒のインタヴューを掲載して運営面にも光を当てているという点については評価ができる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック