通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、quickshop 横浜店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。
学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書く... がカートに入りました
+ ¥200 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 元図書委員
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ★全国一律配送料★迅速丁寧に雨でもOKプチプチ完全防水発送★ 帯無し。 アルコールクリーニング済み。 十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる読むには問題ないと判断される 書込・キズ・汚れ・折れ・やけ・経年の痛みがある場合、ご容赦下さい。 万が一購読等に支障をきたすような場合、アマゾンの規定に従い 対応させていただきます。 メール便でアマゾン登録のご住所に発送しますが、投函されず戻ってくる場合があります。 再度ご住所に【**様方】【部屋番号】等正確に登録されているかご確認お願いします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで (日本語) 単行本 – 2017/4/12

5つ星のうち4.4 43個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,250
¥1,250 ¥3
お届け日: 12月5日 - 6日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで
  • +
  • ユリイカ 2018年3月臨時増刊号 総特集◎岡田麿里 -『true tears』から『とらドラ! 』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』…そして『さよならの朝に約束の花をかざろう』-
  • +
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (上) (角川文庫)
総額: ¥3,472
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

「あの花」「ここさけ」を生んだ脚本家・岡田麿里が明かす“不登校の日々"

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』

普段アニメを観ない方も、このタイトルに聞き覚えがある方は多いのではないだろうか。

映画の興行収入がともに十億を超え“聖地巡礼アニメ"として大きな話題になった両作。本書はそれらを手がけたアニメ界のカリスマ脚本家、岡田麿里さんの初の自伝となっている。

書かれているのは成功者のサクセスストーリーとはほど遠い、闘病手記とでも言うべき小学校時代からの困難な自意識との闘い。

なんと豊かで苦しい心か。

私が鼻水垂らしていたような頃に周囲との不調和に直面し、友達を冷静に観察評価し、自覚的に自らの「キャラ設定」にあえぎ、結果挫折し、不登校になる。

すでに作品を知っている私としては「そういうことだったのか」と腑に落ちた。本書は自伝であると同時に両作の裏設定が書かれた濃密な設定資料である。

重苦しいのに引き込まれる。ついページをめくってしまう。これは岡田さんのアニメの印象そのものだ。舐めるとピリッと苦くて、えぐみがある。でも「苦い苦い」と舐めているうち気づけば瓶が空いている。そんな薄い毒の魅力。

面白いのは、本文のあちこちから著者の“天然っぽい"部分がぽろぽろこぼれているところ。不登校の二年半を「たった二年半」とさらりと書いたり、教習所で耳栓を付けた理由も大したことがないかのように流されている(ように見える)。上京する列車で隣になったおじさんが居心地悪そうにしてコーヒーを飲まない理由を、「甘いのが苦手なのかもしれない」と考えたときは「鈍いよ! 」とツッコミを入れてしまった。

上京した彼女はシナリオライターという職業に出会い「アニメのライターになりたい」と道を定める。そして「登校拒否児は果たして、魅力的なキャラクターとして成立するのだろうか?」と、自分自身に基づくテーマに挑み、ヒット作『あの花』が生まれた。

このあたりでは内容も軽快になり、前半の重苦しさとともに彼女の半生のトレンドを追体験した感覚になれる。特に『あの花』スタッフが秩父にある岡田さんの実家を訪問したくだりはコメディでありつつ感動的なシーン。なのにスタッフを招いた理由を「母親に見せつけたかったのだ」。ここでその言い方を選ぶのかと苦笑した。さすがだ。

本書で彼女が美しいと感じた瞬間には、車窓や扉といった「額縁」の存在が記されている。次に飾られるのはどんな風景だろうかと読了し思いを馳せた。

評者:七月隆文

(週刊文春 2017.04.20号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」ひきこもりだったじんたんと、幼少期のトラウマで声が出なくなった成瀬順。二人を主人公にした二本のアニメは、日本中の心を揺さぶり、舞台となった秩父は全国からファンが訪れるアニメの聖地となった。実は、そのアニメの脚本を書いた岡田麿里自身が小学校で学校に行けなくなっていたのです。これは、母親と二人きりの長い長い時間をすごしそして「お話」に出い、やがて秩父から「外の世界」に出て行った岡田の初めての自伝。

登録情報

  • 発売日 : 2017/4/12
  • ISBN-13 : 978-4163906324
  • 単行本 : 253ページ
  • ISBN-10 : 4163906320
  • 出版社 : 文藝春秋 (2017/4/12)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 43個の評価

関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
43 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年11月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年6月12日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月24日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年12月1日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年2月9日に日本でレビュー済み
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告