¥ 1,749
  • ポイント: 52pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学校と社会の現代史 (放送大学叢書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

学校と社会の現代史 (放送大学叢書) 単行本(ソフトカバー) – 2011/9/29


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,749
¥ 1,749 ¥ 121

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

いま学校に何ができるか。
「教育の信頼」を取り戻すため、
学校教育の理想と現実をたどる。


「清水幾太郎は関東大震災のときの自分と同じ年頃の
敗戦後の生徒を前にしてこういった。
自分は敗戦で、関東大震災のときの父や母のように力を落としていますが、
みなさんのほうは、若いときの私のように
不思議な力を感じているのではないか、と。
大きな重苦しい問題に気づきながらも
新しい元気でニコニコしているのではないか。
皆さんの若さからくる不思議な新しい力で
この不幸な日本が再建されることのために働いてほしい、と結んだ(「巣立ち」『日本の運命と共に』)。
清水にこう励まされた世代こそ
戦後の復興を担った人々だった。
震災後社会の教育は、
清水のいう若さからくる不思議な新しい力を
伸ばしていくものでありたい。
(「まえがき」より)



[目次]
まえがき
序章 学校が輝いたとき
第一章 高度成長と教育拡大
第二章 大衆受験社会
第三章 教育問題の変貌
第四章 学校への疑惑
第五章 葛藤の場としての学校
第六章 教育問題の考え方
第七章 パブリック・スクールというノスタルジア
終章 教育への信頼


[著者紹介]
京都大学名誉教授、関西大学人間健康学部教授。
教育学博士(京都大学)。歴史社会学、教育社会学。

内容(「BOOK」データベースより)

いま学校に何ができるか。学校教育の理想と現実をたどる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 196ページ
  • 出版社: 左右社 (2011/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903500640
  • ISBN-13: 978-4903500645
  • 発売日: 2011/9/29
  • 梱包サイズ: 18.5 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 212,609位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。竹内洋