Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 324の割引 (20%)

ポイント : 259pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三橋 貴明]の学校では絶対に教えてくれない 僕たちの国家
Kindle App Ad

学校では絶対に教えてくれない 僕たちの国家 Kindle版

5つ星のうち 4.5 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 650

紙の本の長さ: 260ページ

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【知ってるつもりで実は知らない「国家の仕組み」と「日本の論点」がまるごとわかる1冊! 】



*********************************************************************

「客観的データ」と「経済、政治に精通する独自の知見」をコラボさせた

三橋貴明氏がおくる、“日本国民の教科書"的 国家の仕組み論!

*********************************************************************




憲法改正機運の高まり、中国の防空識別圏、東京オリンピック開催決定と

「日本国家」について「日本国民」が意識改革を迫られる時期を迎えています。



人は国家という共同体に属さなければ生きていくことはできません。

それなのに、日本国民は戦後の自虐教育で国家感を喪失している。



日本社会が抱える多くの問題は、国家を意識することで解決できるのです。──



┃激動の時代、「日本国民」として今「国家」を強く意識するとき!

┃さあ、今こそ国家について学びましょう!



今や若手論客の一人となった・三橋貴明が、懇切丁寧に国家の仕組みを解説します。



読後は、日本国家の仕組みと日本人がどれほどすばらしい民族なのかがわかり、

先行きが見通せない現代でどう生きていけばいいか、背筋がピンと伸びる一冊となっています。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「国家とは?」「日本は建国何年?」といった国家概念から

「安部政権が憲法改正を目指す真の理由、緊迫事情」「政府とは与党のこと?」

「日銀はどんな条件で紙幣を発行しているの?」などの実際に知っておくべき知識、

「法治国家・日本から考えるTPPの問題点」「防空識別圏の解決に必要なこと」

「国益のために嘘八百を並べる韓国の従軍慰安婦“問題"」など

三橋氏ならではの見解でつづった、国家の仕組みがスラスラとわかる一冊です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

内容(「BOOK」データベースより)

知ってるつもりで実は知らない「国家の仕組み」と「日本の論点」がまるごとわかる1冊!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 14141 KB
  • 紙の本の長さ: 312 ページ
  • 出版社: TAC出版; 初版 (2014/1/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00I9QIR52
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 74,280位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
高校で日本史について勉強し、センター試験でも高得点をとったのですが、
その割には、日本は2000年続いている国だということは知りませんでした。
それは習っていないから。戦後の日本の教育は、国家としての日本をきちんと教えてはくれませんでした。
だから、私たちは国家観が異常に欠如しているのです。

また、消防車のサイレンがうるさいなんて思うことがありましたが、
アメリカでは一部の自治体でサービス費用を支払わなければ、消防サービスが受けられず、
火事で家が燃えていても、消防車は来てくれずに、燃えるに任せたとのこと。
この話を知り、消防車のサイレンがうるさいと思っていた自分を恥ました。
火事や事故のときに駆けつけてくれる消防車は本当にありがたい存在なんだと。

人は国家に属さなくては生きていけません。
国家を守っていくために提供されるサービスのありがたさや
属する国家で生きていくために、どう国家をとらえるかをつくづく考えさせられました。

この本は、右とか左とかではない、至極まっとうなことが書かれていると思います。
素直に読んでみて、子供にもきちんと国家観を伝えたいと思いました。

新成人の方もぜひ読んでいただきたい。
世の中の見方が変わる一冊です。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2014/1/14
形式: 単行本
「日本を、取り戻す。」という公約を掲げた2012年の政権交代は画期であった。
また、安倍総理は施政方針演説で「戦後レジームの大胆な見直し」を表明した。占領体制を見直すのは当たり前であろう。

世界は、冷戦体制崩壊後の秩序が崩れ流動化しつつある。
その現れとして金融資本主義の限界が見え、その中心であったアメリカが力と自信を失い、それにより急速に抬頭した中国にも翳りが見えてきた。EUは、先行き不透明であり「新帝国主義」時代の到来を思わせる。
これ迄の枠組みが崩れつつある中で今回のレジーム見直しというのは当然である。冷戦体制崩壊後にもチャンスはあったが見逃した。

前政権の無能無策は、その足元を見透かされソ連、中国、韓国から領土について干渉を受ける始末であっった。
第2章で著者は、北方領土及び竹島は領土問題であるが尖閣は違うと言う。そして、外交とは、正解のないゲームであり「ウィンーウィン」の関係はあり得ないと。
第1章は、「国家」というものの全貌である。国家という共同体の最強の共通概念である言語について述べられている。
第3章は、国家と国民で財務省の筋の悪いプロパガンダである「国の借金」というウソと騙しについて触れている。アベノミクスでハイパーインフレが起こると騒いでいた経済評論家は現在ど
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モト 投稿日 2014/1/18
形式: 単行本
 三橋貴明さんの『僕たちの国家』を読んでみました。
 気になった箇所にコメントしてみます。

【p.58‾59】
 我が国は翻訳文化が高度に発達し、大学教育まで自国語で行っています。現実の世界には「自国語」で大学教育を執り行える国は、旧西側先進国を除くと、ほとんどありません。理由は、外国語で書かれた高度な文献を、自国語に訳すことができないためです。結果的に、高校までは母国語で教育を受け、大学などの高等教育は「英語」になってしまう国がほとんどです。

→まったくその通りだと思います。ちなみに、日本語は曖昧だとか言う人っていますよね。そういった人には、「曖昧なのは日本語じゃなくて、あなたの頭ではないのですか?」と言ってやりたいですね。

【p.65】
 もともと、日本には(もちろん中国にも)経済という単語はありませんでした。明治期に外国の語彙、概念を輸入した際に、economyという単語に「経済」という2文字を当てたわけです。

→う‾ん。これは間違っていると思います。例えば、江戸中期の儒学者である太宰春台(1680‾1747)は、1729年に『経済録』という本を出しています。その中には、「天下国家ヲ治ルヲ経済ト云。世ヲ経シテ民ヲ済フト云義也〉と説明されています。

 あと、p.132‾133のナウル共和国の事例は、とても興味深かったです。
7 コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
左の思想、右の思想、どちらにも偏っていない日本がどうなっていくべきかを、丁寧に
述べている。自分の国を守るのに、戦後教育ではアメリカの意向で、近代の歴史認識に
ついて特に教えていない。電車の中で若い人が、昔アメリカと戦争していたんだってね、
とか、北方四島って日本に有ったんだってね、とか。
中国とか韓国は対日に関する歴史教育がすごい、しかも歪曲されて、
所が、日本は全く教育カリキュラムさえない。そんな若い人たちに、是非読んでもらいたい。
第二次戦争がなぜ、起きたのか?目先の情報に踊らせれずに、歴史を学んで欲しい。、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover