通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫) 文庫 – 2005/12

5つ星のうち 4.6 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 55

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)
  • +
  • これだけは知っておきたい わかる・書ける・使える 保育の基本用語
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 100pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「どうして勉強しなければいけないの?」「なぜ毎日学校へ通わなければいけないの?」こうした疑問には、大人になった今でもなかなか答えづらい。他にも、「どうして校則でソックスの色まで決められてるの?」とか「教科書ってほんとに必要なの?」など、生徒たちの疑問は尽きない。これらに対する答えはひとつではない。これまで考えられてきた学校や勉強についての「常識」を複眼的に問いなおし、「学ぶことの意味」をふたたび掴みとるための基本図書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

苅谷/剛彦
1955年東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。ノースウエスタン大学大学院博士課程修了、Ph.D.(社会学)取得。放送教育開発センター助教授等を経て、東京大学大学院教育学研究科教授。わかりやすくておもしろい授業が学生たちの間で評判となり、全国3万人の大学生から日本のNo.1ティーチャーに選ばれた実績をもつ。著書に『階層化日本と教育危機』(第1回大仏次郎論壇賞奨励賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 248ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480421572
  • ISBN-13: 978-4480421579
  • 発売日: 2005/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,254位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 「なぜ勉強するのか」や「校則はなぜあるのか」など学校にかかわる疑問は多いと思う。しかし、そういった疑問は「当たり前」という答えによって片付けられてきた。本書はそういった「当たり前」に対する疑問を出発点として学校や教育のことを考えるヒントを与えてくれる本だ。

 本書で与えられるのはあくまでも「ヒント」であって「答え」ではないという点が本書の最大の特色である。筆者は非常に分かりやすい言葉で丁寧に学校の「当たり前」を解きほぐし、学校の秘密を明らかにしていく。本書を読むことで読者は学校をこれまでと異なった視点で見ることができるだろう。しかし、そこから先は読者にゆだねられている。今の学校という制度が意味するものを知った上で学校とどのようにかかわっていくかは読者次第なのである。

 本書がこのような特色を持っているのは本書が毎日中学生新聞の筆者の連載をまとめたものであるからだろう。安易なHow toに陥ることなく、学校という社会をいろいろな観点から見る方法を中学生に持ってもらおうという筆者の思いや意気込みが伝わってくる。中学生にも分かりやすいやさしい語り口でありながら学問の持つ深さを失っていないため、大人にとっても読み応えがあると思う。学問の凄みを見せてくれる本だ。中学生はもちろん、大学生や社会人にも非常にお勧めだ。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/11/10
形式: 文庫
「教育の社会学入門」という副題の方が、この本の中身をよく表しているかもしれない。中学生を念頭に書かれているが、教育に多少なりとも関心のある全ての人にとって一読のある内容になっている。このような問題については答えはひとつではないので、各自がしっかり考えてみることが重要とした上で、そのために必要な材料として、著者なりの考察結果や見聞を披露している。以下の8つのテーマについて論じられている。

・どうして勉強するの?:答えはひとつではない。また、実は今の教室の形態は一人の先生が多数の生徒を教えるのに効率的な仕組みとして発展したもの。
・試験の秘密:能力は能力の基準をどう考えるかで変わってくる。ただし、一定の時間内で発揮される能力が重視されるのは社会の特徴を反映している面がある。
・校則はなぜあるの?:「正しい行動」かどうかよりも「正しい態度」を見るための物差しでもある。そして、少人数の大人が多数の子どもの集団を効率良く管理していうことを聞かせるために必要。実は大人は、中学時代の外見と立派な大人になるかどうかは直接関係無いと知っている。
・教科書って何だろう:内容を統一することで、地方や先生によるバラつきを防いだ。しかし、近年は日本が多様化に向かう一方で、元々ばらばらだったイギリスは画一化に向かった。社会の考え方を反映してそうなっている。<
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 メーストル VINE メンバー 投稿日 2009/9/5
形式: 文庫 Amazonで購入
私は著者の事をよく知らなかった。いくらかの新書だけは読んでいたが、冷静に統計などを駆使しつつ、あまり綺麗事や理念を熱く語るような事をせず、ゆとり教育や個性尊重を容赦なく批判しているという姿からは、どこか冷徹で保守的という印象(というより限りなく誤った偏見)を受けたが、そのような偏見は本書を読んで一気に消し飛んだ。

まず本書は極めて平易な文章で書かれている。どれ程に平易かというと、中学生向けに書かれているという程度の平易さである。本書は元々「毎日中学生新聞」の編集者に「自分のやっている学問を中学生にも分かるように書けますか」と言われた事をきっかけとして中学生新聞に連載されていた文章に手を加えたものなのである。こういった事情もあって読みやすさに関しては申し分がない。

著者は語りかけるような、これ以上ないほど丁寧な文体で「学校とは何か」「教育とは何か」「教科書とは何か」「校則は何であるのか」「テストは何であるのか」といった非常に根本的なテーマを語り、多くの人々が常識として疑う事もしない大前提を疑い、よく考えてみる事を促す。頻繁に「本を置いて自分で考えてみてください」と言い、読者自身に考える事を促している。本書は教育社会学の入門書とされているがこのような著者の姿勢は哲学的とすら許容できるもので、部分的には教育哲学と言ってもいいと思う。哲学とはいっ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
苅谷 剛彦が、研究対象である中学生に向かって書いた教育社会学の入門書。

・どうして勉強するの?

・試験の秘密

・校則はなぜあるの?

・教科書って何だろう?

・隠れたカリキュラム

等の問題について、誰にでもわかる言葉で書かれた本。この本では、それぞれの問いに対して「答え」が提示されているわけではない。むしろ、それぞれの問いに対して子供たちが自主的に考えるように、と訴えかけている。

著者は、「当たり前」、「常識」だと思われていることを、あえて疑ってみることにより、その裏にある「秘密」を探ろうとしている。

誰が読んでも楽しめるような本。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー