中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【綺麗なお品】中古品としては使用感が少なくきれいな状態です。本のカバーや中身には書き込みやラインはなく非常に良い商品状態です。※帯がない場合がございます。通常、ゆうメールで丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学園カゲキ! (ガガガ文庫 や 1-1) 文庫 – 2007/5/24

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

学園カゲキ! 6 (ガガガ文庫)
¥ 617
通常1~4週間以内に発送します。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「いいか、野郎ども!目立て!ここでは目立ったやつの勝ちだ!」----日本一のタレント養成高校・歌劇学園入学式。壇上の生徒会長のお言葉に、早くも入学を激しく後悔するのは、成り上がり精神ゼロの新入生・会澤拓海。お昼の学食風景は毎日全国生中継だし、体育館裏。女子のケンカを止めに入ったらドラマの撮影だし、その監督は担任の女教師・有坂古都乃先生24歳着やせタイプ!だし、ヒロイン役のクラスメイト・橘九月とは、なぜか近所のスーパーでしょっちゅうはち合わせしちゃうし……第一回小学館ライトノベル大賞・ガガガ賞受賞作!


登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094510044
  • ISBN-13: 978-4094510041
  • 発売日: 2007/5/24
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,579,231位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

投稿者 わさらー 投稿日 2007/9/23
形式: 文庫
ネタが分かっても別におもしろい。シナリオは悪くないと思う。これがクソだって言うならもっとクソなライトノベルなんてうじゃうじゃあるので・・・。
というか絵が良いのでジャケ買いしたら思ったよりおもしろくてわぁい。な感じ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
うちの魔女しりませんか? 2 (ガガガ文庫)」がおもしろかったので、
読ませていただきました。
元ネタを想起してしまってもおもしろかったです。
全6巻出版されてから読みましたが、
「学園カゲキ」という設定を創った上で、
お話を遊びたいというのが感じられました。

『王道をちゃんと違和感なく書けるのは、力があるんだと思います。』と上記作品でレビューしましたが、
デビュー作で、10年位前の作品を上手くライトノベル向きに移行したのは、すごいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 

 新人作家の文庫デビュー作になります。

おそらくアニメやゲームに詳しい方ならば、作者がどんな作品に影響を受けているのかおもわず「にやり」とするに違いありません。

 知らないといって楽しくないわけではありません。若干押さえ気味なラブコメディを独特の高速なテンポで語っていく文章は読み手を思わず引き込んでいきます。

 ネタ元を探してみるもよし、イマジネーション前回でどっぷり作品世界にのめりこんでみるのもよし。

 おそらくこの世界観の作品はこれだけではないかとは思われますが、もっといろいろな分野を読んでみたいと思わせます。

 今後の作品にも期待したい作家です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告