通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学問のすゝめ (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良い状態の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

学問のすゝめ (岩波文庫) 文庫 – 1978/1

5つ星のうち 4.6 154件のカスタマーレビュー

その他(10)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 233
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 713 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 学問のすゝめ (岩波文庫)
  • +
  • 新訂 福翁自伝 (岩波文庫)
  • +
  • 学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
総額: ¥2,766
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」.著名なこの一文で始まる本書は,近代日本最大の啓蒙家である著者が,生来平等な人間に差異をもたらすのは学問の有無によると説く.彼のすすめる学問とは,西洋実学の批判的摂取である.明治の人心を啓発したその言は,一世紀を経た今日も清新である. (解説 小泉信三) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず近代日本を代表する思想家が本書を通してめざした国民の精神革命。自由平等・独立自尊の思想、実学の奨励を平易な文章で説く不朽の名著に丁寧な語釈・解説を付す --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 206ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1978/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003310233
  • ISBN-13: 978-4003310236
  • 発売日: 1978/01
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 154件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,805位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 それから トップ1000レビュアー 投稿日 2007/3/4
形式: 文庫
福沢諭吉の「学問のすすめ」は、冒頭の「『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』といえり。」は有名で知らない人は殆どいないであろう。しかし、全文を読んだ人は少ないのではないだろうか。かくいう小生もその一人である。

西洋の衝撃のもとに明治維新が実行され、国民国家形成が喫緊の要事となった。ここに初めて誕生した国民(士族を含めて平民)は、徳川時代のように“お上”に従っていればよいというのではなく、独立した国民としてふるまうことが求められ、その結果、国家の独立も達成される。「学問のすすめ」は狭い意味での勉強・学問のすすめというより、維新後の新しい国民(庶民)の生き方(勤労、倫理)の格好の教科書というにふさわしい。中村正直のスマイルズ「西国立志編」(生き方の見本が示されている)と並んで、明治初期のベストセラー書となったそうであるが、庶民にそれを受け入れるだけの土壌が江戸末期にあったともいえよう。国家と国民という概念に“揺らぎ”も散見される現在、もう一度、読んでみる価値があるのではないか?

本書は伊藤正雄氏による完璧な校注がなされており、原文にないルビや句読点を付いて、とても読みやすい。段落ごとに丁寧な注がついており、中学生にも十分、読んでかつ理解することができよう。さらに巻末には長文の解説と年譜があり、これから福沢諭吉を勉強してみたい人には好都合である。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/4/1
形式: 文庫
『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』
この文章は本書の冒頭第一文にあり、学問のすすめと言えばこれを思い起こす人も多いだろう。
しかし著者の最も言いたいことはこの文章ではない。
冒頭の文は、今の世の中の機会均等という性質を言っているにすぎない。
機会均等すなわち、誰にでもチャンスはあるんだから努力して学問しないともったいないではないか、というのが著者の本当の主張したい点である。
ここからさらに派生して、本書では、我々が社会の一員としてより豊かな人生を送るために「最低限」必要かつ超重要な事項が多く書き記されてある。
人間として、そして特に日本人として現代を生き抜きたいという意気込みを持っている人(あるいは持てないでいる人も)、一度は読んでみる価値あり。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
福沢諭吉が大好きです
なぜかと言うと福沢諭吉をたくさん集めるといろんなものが買えるからです
福沢諭吉愛してる
福沢諭吉いっぱーーいちょうだい
中国人の友人が毛沢東大好きな理由と似てるある
お水で生計たててる人たち
稼ぎが多い
そんな言葉をキャバクラなどで聞かされる度に大学のころ音読し続けた『学問のすすめ』が頭をかすめる
………
Kindleに『学問のすすめ』を入れた
久しぶりに音読している
俺が好きなのは『学問のすすめ』
もちろん集めればいろんなものと交換できるユッキーも好き
どっちかというとユッキーの方が好き
でもやっぱり『学問のすすめ』は捨てたくない
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルと著者名、『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』で
始まる事は日本人のほとんどが知っているはずです。
しかし、内容はあまり知られていないのが残念です。
私も読んで初めて知ったのですが、
「人は皆平等だが、その人に差をつけるものは学問である」
と福沢諭吉さんは伝えたいのです。
学問はした方が良いと痛感させられます。
文語体ですがわかりやすい文章で書かれていて読みやすいです。
一生に一度は読むべき本だと思います。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
率直な感想としては、とにかくめちゃくちゃ面白かったです。

学ぶべきところや気づかされるところがたくさんあります。

福沢諭吉が目の前で講義をしてくれているような、そんな臨場感にも溢れた本です。

言葉を尽くして大絶賛したいぐらい、とにかく素晴らしい本でした。

学問の意義、国家と法、西洋思想、独立自尊、国際社会における日本、などなど盛りだくさんの内容になっています。

明治時代に書かれた本ですが、今読んでも新鮮な発想や説教が心にしみいります。

またもともと一般向けに書かれた本なので、文語文とはいえ平易な文章で語られており読みやすいのもありがたいです。

いまさらですが、本書はやはり日本人の一般教養として国民みんなが読むべき「原点」としての本だと思いました。

安倍首相の「美しい国へ」なんか読むよりも、130年前に出版された本書を読む方がはるかに国民全体の底上げになり、本当の「美しい国」作りへ向けてのインフラ整備ができると思います。

政府にとって扱いやすいバカな国民にならないためにも、みなさんぜひ時間を作って「学問のすゝめ」を読まれることを強くお勧めいたします。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック