通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
学び続ける力 (講談社現代新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

学び続ける力 (講談社現代新書) 新書 – 2013/1/18

5つ星のうち 4.1 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 学び続ける力 (講談社現代新書)
  • +
  • 伝える力 (PHPビジネス新書)
  • +
  • 伝える力2 (PHPビジネス新書)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

池上さんの等身大の学びと生き方論

初めて語った、父の背中に学んだこと。記者時代、コツコツ独学したこと。そして、いま大学で一般教養を教える立場になって考えること。
いまの時代に自分らしく生きるための「学び」について考えるエッセイ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池上/彰
1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年、NHK入局。2005年まで三二年間、報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1994年から一一年間は「週刊こどもニュース」のお父さん役を務めた。現在は、フリージャーナリストとして多方面で活躍中。2012年より、東京工業大学リベラルアーツセンター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062881888
  • ISBN-13: 978-4062881883
  • 発売日: 2013/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,797位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
専門外のものに関してもよく調べかなりかみ砕いて素人にわかるように教えることのできる著者。
そんなわかりやすい説明が好きで著者の『学び』についての考え方を知りたかった。
少し残念だったのは主軸が東工大で学生に一般教養を教えることになった部分であったことだ。
それにより教育方法論の色が濃くなってしまったように感じた。
ただ、前後の章で著者がどのように学び感じてきたのかはある程度理解できた。
非常に印象的だったのは著者の言葉ではないが、ショーペンハウエルの『読書は、他人にものを考えてもらうことである。・・・』
というくだりに衝撃を受けたという部分である。
私自身読書が好きで読書をしていると心が落ち着く。これは他人に考えてもらうことによりあたかも自身が考えているように錯覚してしまい
知恵をつけたような気になっているだけなのかと愕然とした。ただし、読書後の自信で考えるという作業を経てはじめて身になるというところで
今回気合いを入れて長めの書評を書いてみた。確かに、読書後その本の内容が綺麗さっぱり消えてしまっていることが多く読書のありかたを
見直すいい機会になった。
ショーペンハウエルの本は購入した。

(取り入れたい習慣)
・新聞を読む。
・読書後にアウトプットをする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
教育関係の挨拶の参考にと購入しました。参考にさせていただき、とても助かりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まず、個人的なことを言います。
私は今まで”レビュー”を書くことに少し抵抗がありました。
その商品や本に対する感想は、もちろん人それぞれなはずです。それなのに、レビューの中には著者に対する悪口や、他人のレビューに対するレビューなどがあり、それらが単に嫌いでした。また、レビューを書くことの意義もよく分かりませんでした。

そんな私でしたが、この本を読んで考えが変わりました。『第4章 読書の楽しさ』で著者が、本を読んだ後「著者は、何を言いたいのか。そこから自分は何を得ることがあるのかと考える時間を持たなければいけないのです」と述べてありました。
この章、そしてこの一節を読んだからです。

今まで本を読んだ後は、自分なりにその本について考えてきたつもりでした。その本から学んだこと、感想や感動、様々です。しかし大抵すぐに忘れてしまいます。
そこで、私はレビューを書くことにしました。

レビューを書くことで、単に考えるだけではなく、本から得た考えの整理、考える時間の確保、また”批判力”を身に付けたいと思ったからです。
もちろん、商品購入前の人の参考になるように書くことも念頭に置きますが、私はそのような意義で”レビュー”を書いていき、自分の成長に繋がるようにしていきたいです。
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本書の「はじめに」にこのようにあります:「この本のテーマは、「現代版教養のすすめ」なのです」。

その通り、本書は、池上彰さんの「リベラルアーツ(教養)をめぐる冒険物語」でした。

著者は「教養とはなにか」・「そもそも「学ぶ」とはどういうことなのか」というテーマについて、東工大リベラルアーツセンターの教授職を請けたことをきっかけに、自分の経歴や東工大で教えた体験とも照合しながら思索を重ね、とてもわかりやすい文章で論じたエッセイに仕立てています。

この思索過程がまるで冒険譚のようであり、ぐいぐいと引き込まれていくのです。

そして圧巻は最終章(第5章)に込められたメッセージでした;
いわく…
・「教養=リベラルアーツのリベラルとは、さまざまな枠組みから自由になること」
・「これまでの常識が通用しない、変化の激しいいまのような時代においては教養こそが次の解をだすための実践的な道具になり得る」
・「であるがゆえに、教養を身につけたからには、傍観していてはだめで、社会に対して、積極的にコミットメントする、参加する、関わっていかなければ、真の教養人とは言えない」

つまり、「教養を学ぶことにより、枠組みから自由になり、且つ、行動せよ」というメッセージだ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す