中古品:
¥873
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月13日 - 15日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 計2ページ端に折れ跡ありますが、良好なコンディションです。チェックはしておりますが、見落としなどの理由で、数ページに書き込み・マーカーによるアンダーライン等がある場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


学び合う教室―教師としての学習者、プロデューサーとしての教師の学習臨床学的分析 (日本語) 単行本 – 2000/3/1

5つ星のうち2.9 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥873
¥2,000 ¥780
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

筆者は前著『なぜ、理科は難しいと言われるのか?』(東洋館出版社;1999)において、「教師が一番教えるのがうまい」という常識に疑問を呈した。本書では、一歩進んで「子どもたちが一番優秀な教師である」ということを共感してほしい。また、学び合う能力は学習者に内在しており、教師が特別な指導をしなくても学び合えることを理解してほしいと希望している。そして、子どもたちの間で学び合うクラスをつくりたい。

内容(「MARC」データベースより)

「教師は専門能力をもつのだから教えるのがうまいはずだ」という常識に疑問を呈し、「子どもたちが一番優秀な教師である」と考え、特別な指導なしで、子どもたちの間で学び合うクラスづくりを目指す。

登録情報

  • 出版社 : 東洋館出版社; 初版 (2000/3/1)
  • 発売日 : 2000/3/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 133ページ
  • ISBN-10 : 4491015996
  • ISBN-13 : 978-4491015996
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.9 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.9
星5つ中の2.9
2 件のグローバル評価
星5つ
29%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
71%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年3月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2007年9月5日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告