この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

孤高の画人―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2007/2

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 286
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

無欲恬淡に九七歳まで絵と書をかいた熊谷守一。白樺派と交遊、絵は独学だった中川一政。未来派を標榜し自由奔放に生きた東郷青児。ゴッホにならんと版画ひとすじに疾走した棟方志功ら独立独歩の画人たちの伝記。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

熊谷/守一
洋画家。1880(明治13)年岐阜県生まれ。1904年東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画科選科卒業。はじめ文展に、15年より二科展に出品し、16年会員。戦後47年三紀会創立に参加するが、51年退会し、以後無所属。64年パリで個展。色彩感豊かな独自の画風を確立、身辺の動植物を愛情をもって描いた。水墨画、書もよくした。77年97歳で逝去

中川/一政
洋画家。1893(明治26)年東京生まれ。中学時代から短歌や詩を投稿。1914年巽画会に「酒倉」が初入選。15年岸田劉生らと草土社を結成。二科展にも出品、21年二科賞受賞。24年春陽会会員。75年文化勲章受章。生き生きとした躍動感のある油絵を描き、岩彩・書にも優れる。随筆家としても親しまれ、著作が多数ある。91年97歳で逝去

東郷/青児
洋画家。1897(明治30)年鹿児島市生まれ。本名鉄春。1915年青山学院中学部卒業後、有島生馬に師事。16年二科展に初入選し二科賞受賞。21~28年渡仏。「サルタンバンク」などキュビスム的な滞欧作で広く認められる。45年二科会の再建に尽力、その中心的存在として活躍し61年会長に就任。60年日本芸術院会員。78年熊本において80歳で逝去

棟方/志功
版画家。1903(明治36)年青森市生まれ。家業の鍛冶職手伝いから20年青森地方裁判所の給仕になる。ゴッホにひかれて画家を志し上京、28年油絵が帝展に初入選。27年ころから川上澄生らに影響され版画を始め、平塚運一にも教わる。36年国画会出品「大和し美し」で柳宗悦ら民芸運動家に評価される。自らの版画を「板画」と呼ぶ。55年サンパウロ、56年ヴェネチアの各ビエンナーレでグランプリ受賞。70年文化勲章受章。75年72歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 478ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532193818
  • ISBN-13: 978-4532193812
  • 発売日: 2007/02
  • 梱包サイズ: 15 x 10.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,458位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2009年3月15日
形式: 文庫
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。キャリーバッグ リュック