中古品
¥ 71
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

孤独死―被災地神戸で考える人間の復興 単行本 – 1999/5/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 71
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「社会の真っ只中で,死後相当な日数を経て遺体が発見される異常な死」の背景とは一体何なのか-.医師である著者は,震災以後,仮設住宅群の中の診療所に勤務した.そこで数々の生,そして死に向かい合ってきた.それらがあぶりだす現代日本における死に様,生き様,そして社会の在りようを鋭く問う揮身のレポート.

内容(「MARC」データベースより)

被災地における《孤独死》の背景とは一体何なのか。震災以後、仮設住宅群の中の診療所に勤務し、数々の生と死に向かい合ってきた著者が、現代日本における死にざま・生きざま、社会の在りようを鋭く問う渾身のレポート。


登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1999/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400022803X
  • ISBN-13: 978-4000228039
  • 発売日: 1999/5/26
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,047,398位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう