Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 430

¥ 34の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ルソー]の孤独な散歩者の夢想(新潮文庫)
Kindle App Ad

孤独な散歩者の夢想(新潮文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 430
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

十八世紀以降の文学と哲学はルソーの影響を無視しては考えられない。しかし彼の晩年はまったく孤独であった。人生の長い路のはずれに来て、この孤独な散歩者は立ちどまる。彼はうしろを振返り、また目前にせまる暗闇のほうに眼をやる。そして左右にひらけている美しい夕暮れの景色に眺めいる。――自由な想念の世界で、自らの生涯を省みながら、断片的につづった十の哲学的な夢想。

内容(「BOOK」データベースより)

十八世紀以降の文学と哲学はルソーの影響を無視しては考えられない。しかし彼の晩年はまったく孤独であった。人生の長い路のはずれに来て、この孤独な散歩者は立ちどまる。彼はうしろを振返り、また目前にせまる暗闇のほうに眼をやる。そして左右にひらけている美しい夕暮れの景色に眺めいる。―自由な想念の世界で、自らの生涯を省みながら、断片的につづった十の哲学的な夢想。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1264 KB
  • 紙の本の長さ: 130 ページ
  • 出版社: 新潮社 (1951/4/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01CG2K45K
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 50,291位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
第一の散歩にて「この原稿は僕の夢想の、体をなさない日記」と書かれているように、基本的には他者に読まそうという類のものではなく、自己納得に向けた独白、だと思う。他レビューを見ると、本書からなにやら哲学的な意味合いを読み取ろうとしているようだが、あまり難しく受け止める必要はないのではないか。かつては栄華を誇った文化人が、晩年逆境に追い込まれた際に記述した愚痴・呪い・そして今後に向けた自己方針のための綴りの書である。ルソーの書いた本だから何となくご利益がありそうな雰囲気があるが、本人も書いているように「自分自身のために書いておく価値がある」ものなのである。著者の病的な性向は本書からかなり伝わってくる雰囲気があり、また書くことは精神の安定につながるのである。

しかし、そうはいっても愚痴の中から気づきや学びはある。たとえば、
「経験は常に教えるものである。しかし、経験は自分の前方に開けている時空のためにしか役立たないものである。死ななければならない間際になって、生きるべき方法を学ぶ時間などあるだろうか。」

この文章がもっともきつい印象として心に響いた。明日死ぬかのことく生き、永遠に生きるがごとく学ぶ。この言葉は真実なのだろうが、何を学ぶかということに関しては、本当に考えなければならない。生きるための学びというのは、結局のところ空虚だと、学
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ルソーが人生の酸いも甘いもすべて経験した後に語る究極の老境。かなり被害妄想・疑心暗鬼に満ちて始まるが、読み進めるうち、書き進めるうちにそれは安らかな諦念となり、まるでマーラーの「大地の歌」を聴くような気分になる。両者ともに懐疑のエネルギーを以て開始するが、最期にはささやかな人生と世界への愛情、そして告別を以て終わるのである。

ところで本著であるが、私はショーペンハウアーの人生論に非常に近いものを感じた。彼の幸福論は徹頭徹尾ネガティブで、「人生最大の幸福は、徹底的に不幸を遠ざけることにあり、他にはない」と言い切る。このような人生観は、万人に共通するものではむろんない。ショーペンハウアーが「偏狭な天才」(シュタイナー評)と呼ばれる所以はここにあり、彼は世俗を疎みながらも、世俗の人達が本質的には自分と同じ質の人間であると勘違いしている。

ルソーはそれに比べ、哲学的アフォリズムという形体を採っておらず、いわばエッセーのとつとつと語る味がある。実際、彼のように老いて自然に立ち戻る、というのは人間本来の姿であろう。私たちは、あたかも自らの老後を先行体験するかのような気分にさせられる。この二人の語る老境は、決して万人にあてはまるものではないことは明白だが、同質の人間にとってはこのうえない慰めとなりうる。彼らに共通する考えは、老いが基本的に若さに劣ったも
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nicooo 投稿日 2003/1/1
形式: 文庫
ルソーの作品に触れたのはこれが最初でした。
とても重い作品です。
しかし社交界で挫折した老翁は、孤独を積極的
に楽しみ、飽くまで明るい。
自分の夢想を書きとめる日課を通して
老作家は彼自身のみならず、読者にも孤独の本質を
語りかけてくるのです。
少なくとも
人との軋轢に苦しんでいる私にとって
これほど共感できる作品は、貴重です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 荒唐無稽 投稿日 2005/11/22
形式: 文庫
作品のタイトル通りに「孤独」です。何もない自然の広がるところで、誰と語ることもなく散歩をして思いに浸る―それは物凄く寂しいことです。世界を捉えるうえで理性さえも放擲してしまう、それは解説の書簡の引用に見られます。「理性は私を殺す。私は健康であるためには、狂人であってもいい」本文の中には繰り返し同じ言葉が出てきますが「零の存在」という言葉が一番印象に残っています。ひとつの疎外感を表した象徴的な言葉のような気がしてなりません。自分をどの世界に溶け込まそうとするのでもなく、ただ自分の内面において、形而上の世界において、自分自身にだけ語られる言葉です。人間が学び、何かを知ろうとするのは、自分の根源的な問いに答えるための行いであると思います。他人に教えるためでもなく、自分自身を知るためです。

「僕はちがう、自分が学ぼうと思ったときは、それは自分自身を知るためだったからで、教えるためではないのである」(第三の散歩)

狭い「私」という一人称の世界で語られるとき、「独断である」「固定観念に毒されている」などの批判がありますが、その一方で人間が自己の中で内なる広大な精神に思いを馳せたとき、このように際限のない世界があるのだと反面気づかされます。内なる自然も、ひとつの外なる自然と同じです。それは各々の判断ですが、私は

「自分自身を忘れる
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover