中古品
¥ 138
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

季節の終り (ハヤカワ・ミステリ文庫) 文庫 – 1996/8

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 1996/8
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

著名な銀行家ベルターの依頼は切実だった。最近、出生証明書が偽造されていたことが判明した、妻のポーラの過去を探ってくれというのだ。わたしは記録を調べ、ポーラが養子だったという衝撃の事実を突きとめた。が、彼女の育ての母親はまったく事情を語ろうとしない。やがてわたしの前に、埋もれていた過去の悲劇が浮かぶが…知性派探偵サムスンが、人々の記憶のなかから五十年前の殺人事件の真実をたぐりよせる第六作。


登録情報

  • 文庫: 385ページ
  • 出版社: 早川書房 (1996/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150784094
  • ISBN-13: 978-4150784096
  • 発売日: 1996/08
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 846,985位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
リューインの緻密なプロットには毎回驚かされます。

始まりの依頼はたいしたことないのに、思わぬ展開へと発展していく。

妻の出生証明書が偽造されていることに気付いた夫が、妻の過去に

何があったのか調査を依頼する。まさかそれが50年前の殺人事件の

真相と関係があるとは…

埋もれていた過去の惨劇が明らかになっていく。

重要な登場人物に日本人がでています。

読み応えあり!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公の探偵の元に妻の出生の謎を解いてほしいという依頼がきて・・・というお話。
一人物の出生の謎を探る内にその家系の過去の忌まわしい出来事が露見され・・・というお話は、ロス・マクドルドや横溝正史が得意にしていたネタで、それ故にあまり新味は感じませんが、お話しやプロットが良く練られているので不満なく楽しく読めました。
ただ、登場人物の数が多く、人間関係も錯綜するので読んでいる途中で前のページに戻って、前後関係を確かめる事も何度もあり、その辺はあまりすっきりしない点として思ったのも真実です。
とはいえ、やはりハードボイルドの推理小説としては90年代半ばまで盛んに書かれた所謂ネオ・ハードボイルド派の中では出色のシリーズであり、作品ではあるのは論を待たない事実だと思います。なので興味がある方はマストでしょう。
解説の原さんのリューイン論も興味深く、同じタイプの作家としての観点からのリューイン氏の資質を探った読み応えのある解説でした。
シリーズが好調なのが嬉しいシリーズ第6作。機会があったら是非。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告