通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
季刊ステレオサウンド no.195 特集:オーディ... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 エコロジ屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: !!表紙に傷みあります!!      代引き・コンビニ・ATM・Edy等全ての決済に対応。こちらの商品はAmazon配送センターより迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

季刊ステレオサウンド no.195 特集:オーディオ評論家の音/現代アンプの音楽再生力 ムック – 2015/6/2

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 466
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 季刊ステレオサウンド no.195 特集:オーディオ評論家の音/現代アンプの音楽再生力
  • +
  • 季刊ステレオサウンド no.194 黄金の組合せ2015 ベストバイスピーカーを鳴らす最良のアン
  • +
  • 季刊ステレオサウンド No.196
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 195pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

最新ハイエンドアンプが聴かせる音楽再生の極地


登録情報

  • ムック: 434ページ
  • 出版社: ステレオサウンド (2015/6/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880733628
  • ISBN-13: 978-4880733623
  • 発売日: 2015/6/2
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 315,557位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
筆者の機器の紹介が興味深い。普通の人が聞く事の出来ない物が多い。ただ、何処に憧れて惚れ込んだのか、日頃、どんな所に行けば聞けるのか知りたい。確信を持たないと買えない価格であるので
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
でも、昔のほうがいいかな。もっと、科学的な特性の評価とかも、あったほうがいいけど、文化論も大いに語ってほしいが、基本的なところは、きちんと評価してほしいものです。評論家でも、文化よりと技術よりのバランスがほしい。みんな年取っちゃって、無理ですかね。本当にそんなアンプだと、SNや最大パワー出るのとか、スピーカーだと音圧とパワーのリニアリティとか、F特とか、今は、表現があいまいだと思う
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
ある日、たまたま行き着けのオーディオショップの中の1店に立ち寄りましたら、丁度、店のテーブルの上に最新号と一緒にこの「195号」も置かれておりまして、改めてこの表紙の写真を繁々と見て…笑ってしまったのです。これをご覧の方々は当然もうお解りですよね。そう某メーカーの有名な?メインアンプです。さて、このメーカーはその昔「ケンソ〇ック」と名乗っていたんですよね。私はその様な昔の古い時代から最低でも15年間以上はこのメーカー(の大ファンでしてたので)取っ替え引っ替え購入しては目一杯使わせて頂いておりました。ですから尚のこと自信を持って断言をいたしますと、こういう製品を「張り子の虎」と申すんです。勿論、ケーブルだけの差し替えで散々聴き比べをしております。ですから例えば(遥か半額以下の)ラックスL-507uXにさえ全く太刀打ち出来ませんね。(まあラックスの出来が良かったのもありますが)。さて、こんな製品を表紙に持ってくる辺り…この雑誌のレベルと実体が良〜く解るじゃありませんか(笑)。これはあくまで私の個人的な予測ですが、このメーカーの製品にはマトモな製品が一品も無いし造る「技術」も「力」も無いから…だから評論家達の接待合戦にうつつを抜かしているのですよ。おそらく国内&国外を含め、接待費としての率は最高額ではないでしょうかね。…で「どうですか?メーカーさん、どこか、違いますでしょうか?」。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック