通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
孟姜女口承伝説集 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆特記事項◆◆『良い』相当の商品です。使用品の為、カバーに多少キズやイタミ、経年程度の使用感やヤケ、薄いヨゴレ等が有る場合もございますが、普通に読む分には問題のない商品です。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷やヤケ・ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

孟姜女口承伝説集 単行本(ソフトカバー) – 2008/3/24


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥4,180
¥4,180 ¥3,447
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

レビュー

高校時代の恩師、渡辺明次先生の第四弾。 わずか20歳の女性が千里遥々夫を探し、万里の長城を夫を思う嘆き の涙で崩壊させたという孟姜女伝説。私はこの伝説に心ひきつけられる ものがありました。是非皆さんも読んでみて下さい。 相田翔子 --『孟姜女口承伝説集』(日本僑報社)

日本語版「孟姜女伝説」が3月に出版へ 日本梁祝文化研究所の渡辺明次所長著の、初の日本語版の「孟姜女伝説」となる「孟姜女口承伝説集」が3月に日本僑報社から出版される。500ページ以上におよぶ同書は、文書や挿絵などが織り交ぜられ、中国各地に伝わる孟姜女の民間伝説を詳細に紹介している。 梁祝三部作の著者である渡辺明次氏は、中国版ロミオとジュリエットといわれる「梁山伯と祝英台」の故事を3冊にまとめた後、1年余りの期間をかけて、中国11省、1万6千キロメートルの行程を経て、27カ所におよぶ孟姜女の遺跡を巡った。中国各地の風俗文化を積極的に伝えようとする渡辺明次氏の姿は、多くの中日国民を感嘆させるものである。(編集WM) 写真は、3月2日に開催された日本僑報社の「日曜中国語会」の第29回目の交流活動において、「孟姜女口承伝説集」を紹介している渡辺氏の様子。 --「人民網日本語版」2008年3月4日

著者について

渡辺 明次(わたなべ あきつぐ) 梁祝文化研究所所長。 一九四一年生まれ。一九七〇年、中央大学文学部卒業。一九七二年より高校教諭となる。二〇〇二年に定年退職後、北京外国語大学国際交流学部(現中文学部)に留学。二〇〇六年本科を修了。北外の卒論(大学側から優秀論文賞が授与された)が、「梁祝」三部作第一弾の著 書『梁山伯祝英台伝説の真実性を追う』(日中対訳版)である。 これに続く第二弾として、翻訳書『小説 梁山伯と祝英台』、第三弾である『梁祝口承伝説集』(日本僑報社)が刊行されている。

登録情報

  • 発売日 : 2008/3/24
  • 単行本(ソフトカバー) : 536ページ
  • ISBN-10 : 4861850746
  • ISBN-13 : 978-4861850745
  • 出版社 : 日本僑報社 (2008/3/24)