通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
子爵ヴァルモン〜危険な関係〜 1 (フラワーコミッ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子爵ヴァルモン〜危険な関係〜 1 (フラワーコミックスα) コミック – 2010/9/10

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 74

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 子爵ヴァルモン〜危険な関係〜 1 (フラワーコミックスα)
  • +
  • 子爵ヴァルモン〜危険な関係〜 2 (フラワーコミックスα)
  • +
  • VSルパン 1 (フラワーコミックスアルファ)
総額: ¥1,327
ポイントの合計: 22pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

稀代のプレイボーイ・ヴァルモンの誘惑術に酔う!!

18世紀、パリーー。稀代のプレイボーイ・ヴァルモンと、その愛人であり盟友であるメルトイユ夫人が、清純な少女・セシルに、快楽への道を手引きする…!
ーー発表当時、あまりにもスキャンダラスだったために問題視されたラクロの原作を、さいとうちほが大胆解釈! さいとう氏が22年間も温めてきた、背徳の古典を原作にしたコミックなだけに、含蓄のある台詞が随所に散りばめられています。2人の男女の往復書簡によって物語が進むさまは、現代のメール社会に生きる私たちにとって、ある意味示唆的。男の策略と女の建前をじっくり堪能できる、もはや文学といってもいいくらいの、身もだえするような恋愛ストーリーです。

編集担当者からのおすすめ情報
担当替えがあり、初めてこの作品を読んだときには、実はラクロの小説を元にしているということを知らなかったので、「この漫画で直木賞とれる!!!!」 と思ったほどです(笑) (※もちろん漫画なので直木賞はとれないのですが…) 。貴族で軍人だったラクロの文章は、心理作戦、スパイ情報戦、休戦、突撃といった要素にあふれています。この作品を知らないあなたは、たぶん人生の数パーセントを損しています。異性の心を知りたくなったら、まずはこの作品を手にとってみてください!!


登録情報

  • コミック: 170ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091333206
  • ISBN-13: 978-4091333209
  • 発売日: 2010/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ご存知ラクロの「危険な関係」のコミカライズ。
以前宝塚で「仮面のロマネスク」として上演された際にさいとう先生のビジュアルを見た記憶もあるのですが、記憶違いかしら?

とにかく一にも二にもヴァルモンのビジュアルと滴る色気がないと成立しないこのお話。
さいとう先生のヴァルモンは、さすが、ため息が出るばかりの美丈夫ぶりで、もうページをめくるのが大変でした。
漫画界広しといえど長髪の古典的西洋貴族を描かせたら右に出る方はそうはいないんじゃないかしら。

原作と照らし合わせているわけではないですが、手紙の引用の量をみると、かなり忠実に漫画化されていると思います。
それでいて、テンポは悪くない。

ヴァルモンとメルトゥイユの間にある、どんな睦言も刃を交えているようなひんやりした空気、
ヴァルモンとトゥールベルが接するときのほのかに白く輝く温かさ、
ヴァルモンがセシルを攻略する放蕩者本来の誘惑の色合い、
モノトーンの紙面から立ち上る色彩や情感がすばらしいです。
特にメルトゥイユ関連の独白の冷たい、陶器のような質感は身が引き締まる思い。

ラストもおそらく原作どおりなのでしょうが、おおいなる落日を楽しみにしております。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マッコ 投稿日 2011/12/12
形式: コミック Amazonで購入
原作に忠実で読み易く、しかも美しい。
ついでに、最後は泣けます。
(原作は、全て「手紙のやり取り」だけで構成されています。
それでちゃんと小説になるんだからすごいんだけど)
なによりも、
プレイボーイの「子爵ヴァルモン」(主人公)がホントに美しくて、
始終クラクラしていました。
あれくらい美しい男だから、この話ができたんだと思います。

純愛を突き詰めると、こうなっちゃうのかな。そうか……。
私はSFものしか読まないのですが、これは読めました。
というか、中身に読ませられました。
単なる甘々ストーリーじゃないのが、読ませどころですね。

文学に興味の無い人も、これは大いにおすすめです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
「漫画で読む…」シリーズはいろいろあるし、有名な小説を題材とした漫画は多いが、本作ほど原作に
忠実でありながら冗長に陥らずに漫画化できたものはあまりない。それほど見事なできばえ。革命前の
フランスをそのまま舞台として、退廃的な雰囲気の陰で複雑に絡み合った人間模様をうまく描き出している。

原作はすべて書簡だけから構成された特異な小説なので、映画化は数度の試みにもかかわらず、なかなか傑作
と呼べるものは現れていない。その点、本作は漫画というメディアの特性を生かし、原作の書簡の抜粋を取り
込みつつ、重要なシーンをビジュアル化することで、緩急を巧みにつけている。
さらには、お遊びのはずだった恋愛に、いつしか本当にはまっていくヴァルモン像を造形することで、
恋愛の危険と人間の脆さが、ある意味原作よりもいっそう身近に迫ってくる結果となった。

お勧めできる良作だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
さいとう先生の漫画は以前は線の細さがきになっていましたが
物語の進め方に吸引力があって、長編は好きでした。

今回は時代背景もご本人の入れ込みようも半端無い勢い感じが伝わり楽しめます
時代物を見る場合、当時の風俗の細かな部分についても
この漫画は大満足させてくれました

なんちゅうか。。全頁色っぽい。ドキドキしますよ
ヴァルモンのフェロモン全開♪

この話はラクロですね
20代で読んでましたが、原作がうろ覚え…(苦笑)

だから、最後の落とし処にも今後楽しみです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
まず、絵がきれいです。
ヴァルモンの美しさに酔いしれました。
そして、映画も見たはずだったけど、この漫画の方が私には印象に残りました。
漫画が視覚的な可能性をまさに味わわさせてくれる、まさにすばらしい作品でした。
2巻もよみましたが、もう心にしみるというか、
読んでしばらくぼーっとしました。
文学好き、難しい漫画好きな方におすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック