中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子宮がん・卵巣がん全書 単行本 – 2005/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,601 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

28人の専門家が解説する婦人科がんの最新情報。症状や治療法から、後遺症対策・心のケアまで、深く知りたい人のための全書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野澤/志朗
1939年生まれ。65年慶應義塾大学医学部卒、70年同大学大学院研修科修了。国立がんセンター病院勤務を経て、76年慶應義塾大学医学部産婦人科講師就任。81年米国La Jolla Cancer Research Foundation(現・The Burnham Institute)留学後、90年慶應義塾大学医学部産婦人科教授に就任。2005年名誉教授に。その間に、婦人科腫瘍学を専門とし、日本産科婦人科学会会長、日本婦人科腫瘍学会理事長、日本産科婦人科手術学会理事長ほか、多数の要職を兼務。専門著書多数あり

青木/大輔
1958年生まれ。82年慶応義塾大学医学部卒。同年同大学医学部研修医、85年専修医となる。88年米国La Jolla Cancer Research Foundation(現・The Burnham Institute)留学後、90年国立東京第二病院(現・独立行政法人国立病院機構東京医療センター)出向。91年慶應義塾大学医学部産婦人科助手、96年講師を経て、2005年教授に就任。日本産科婦人科学会評議員、日本婦人科腫瘍学会理事、日本婦人科がん検診学会理事ほか多数の要職を兼務。専門書部分執筆多数あり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 775ページ
  • 出版社: 法研 (2005/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4879545201
  • ISBN-13: 978-4879545206
  • 発売日: 2005/11
  • 商品パッケージの寸法: 20.4 x 14.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,015,291位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 私自身、人間ドックで卵巣腫瘍と診断され、精密検査の結果が出るまでの不安な時期を乗り越えるのに「正しい知識を得たい」と思って買ったのですが、痒いところに手が届く、豊富な内容と具体的な書き方で、不安も疑問もかなり解けました。28人の医師が得意分野をやさしい言葉で解説していて、まさに「全書」! 写真やイラストも豊富で、とても分かりやすかったです。

 腫瘍が良性か悪性か分からないで不安な状態に置かれている人、「がん」と診断されたばかりで動揺している人、切除範囲・治療法を迷っている人、手術後のリンパ浮腫や更年期症状や性生活などに悩んでいる人、家族の方々など、婦人科がんをめぐるどの位置にいる患者・家族にとっても、きっと役に立つ一冊だと思います。

 私の場合は「切ってみないと悪性か良性かわからない」と言われ、まだ手術方法・範囲も定まっていなかったので、「婦人科がんに似た良性の主な病気と症状」「判定結果の見方」「治療法・医師選び」「セカンド・オピニオンを得たくなったら」「卵巣の摘出手術後に起こる症状とその対応」などの項が、実際にとても参考になりました。心強い知識をありがとう、です。手術の日にも、入院中も、退院後も、職場復帰してからも、いつでも取り出して読めるように手元に置いておきたいです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
母から、癌かもしれないと言われ、即刻手術をしてみないと腫瘍が良性か悪性かわからないという曖昧な状態だと・・・。
ただ・・・高齢の母親は自分の状態をイマイチわかってないようで医師からの説明を聞いてきてもよくわかってないようだったので、
レビューを読んで役に立ちそうだったので、この本を買ってプレゼントしました。
わかりやすい分だけ、残酷な事実もきちんと書かれているようですが、「私、この本を持って入院するわ!」と色々な覚悟が出来たようです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
卵巣腫瘍関係で色々な本を調べましたが、これが一番詳しく、かつ、丁寧に記載されています。

末尾の参考情報も豊富です。

唯一、問題があるとすると、2005年11月出版なので、今となっては、やや古い気もしないではありませんが、

その点を考慮しても最善の書だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告