中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子供は理系にせよ! (生活人新書) 単行本 – 2008/4

5つ星のうち 2.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

文系支配はもう終わる。

理系学生のアンケートから、明らかになった衝撃の事実とは?
教授がつきとめた、子供を理科好きに育てる意外な方法を初公開。

出版社からのコメント

 日本の中枢を担ってきたのは文系である。ところが、この国をダメにしているのもこの文系の連中だということがわかってきた。

 ならば、これからは理系だ。

 理系は好きな研究に没頭し、人々の幸せに貢献して、しかも適正に評価される。気が進まないつきあいもない。

 では、子供を理系にするにはどうすればいいのか。

 衝撃の調査結果をレポートし、秘策を明らかにする!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2008/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140882514
  • ISBN-13: 978-4140882511
  • 発売日: 2008/04
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,068,103位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
確かに文系の学生が勉強をせず、世の中を堕落させたこともわかるし、技術が重要なこともよくわかる。
でも、なぜ理系に進むべきで、理系は今の世の中では正当に評価されているのであると言う点が、理系の大御所である大槻先生ともあろう方が、自分の卑近な例を数人挙げただけで、全ての理系を総称しているようにこじつけている感が残りました。つまり、説得し切れていないということです。
もう少し、グラフや統計から、データの正当性を示していただければ、納得がいくと思います。というか、グラフや図表は全く無しですが...
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
真面目な内容の本ではありません。理系人間の有利さ、素晴らしさを述べている
ことは分かるのですが、客観的な裏付けがほとんどありません。自らの経歴も含
め、理系人間の成功例を挙げてその有利さを語るのですが、わずかな例を挙げて
結論を導くという強引な帰納法?では説得力は皆無です。文章自体も、書き飛ば
したようなお粗末なもので、とても真剣に書かれたものとは思えません。

娯楽として面白おかしく読むなら(少なくとも加虐的理系人間と被虐的文系人間
にとっては)悪くない本かもしれません。私も文系人間ですが、楽しく読みまし
た。しかし、著者が本気で「本書は子供を理系に進学させたいと強く望んでいる
親や教師のためのものである。」(196頁)と考えているのであれば、冗談も
いい加減にしろよと言いたくなります。このようないい加減な話で人生を左右さ
れるとすれば、子供は不幸以外の何ものでもありません。

この本は、一言で言えば、およそ科学者が書いたとは思えない非科学的オカルト本
です。

NHK本体の質の悪さは白日の下に晒されつつありますが、こんな本を出版する
子会社の質も悪そうですね。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
題名を見たら、如何にも教育ママ・パパ向けに書いた教育本っぽいけれど、内容は、大槻教授がただただ理系の素晴らしさを一人ごちったもの。
これ読んで、「よし!子どもは是非理系に!」とは決断しかねる。
大槻教授って昔(最近はあまり見ない気がする)に火の玉やUFOはオカルトで、全て科学で証明できる!みたいなことをテレビで言っていた人。

理系のメリットも実体験に基づいた超個人的なものだし、冒頭にあるように本書は「文系をこき下ろし、徹底的に理系礼讃、科学至上主義で貫かれて」おり、「理系だったパパ・ママが子どもを理系に導くのに自信をつけられる効能」くらいしかないんじゃないかなぁ、と思う。

自分も高校に入ったころは、理系になりたかったけれど、高校の科学や数学にどうしてもついていけず、「これは無理や」と諦観できるほどだったので、本書の理系礼讃を読んだとしても全然悔しくなかった。苦笑

著者:大槻義彦(早稲田大学名誉教授)
発行: 2008.4.10 第1刷
読了:2015/06(065/03)★2.7
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分がばりばりの文系人間だからか、理系ってすごいと思う。9割以上の文系が大学で学んだことをまったく生かしていないが、理系は確実に仕事に生かせるのがうらやましい。本書はそんな理系礼賛を正に地で行き、理系は日本の生命線で、理系的生き方もすばらしい、そんな理系に子供をどう育てるかという本。文系は遊びほうけてるとか、早死にするとかだめだめ。その反面、理系は失業しない、質実剛健だと絶賛。文系はぼろくそなのだが、社会に貢献してるのに、「おたくっぽい」とか、「3K」とか不当に低い扱いを受ける理系をこれぐらい誉めてもいいのではないだろうかと思う。

いうまでもなく、著者・大槻教授は日本一有名なオカルトバスターであり、子供向け理科イベントの人気講師でもあるなど理科教育の普及でも第一人者だが、意外なことに、大槻教授のアンケート(本書執筆のために採ったんだとか)によると、今理系離れを防ぐために行われている各種科学イベントは単発で子供の印象に残らず、理系進学に大きな影響は与えないという。大槻教授は親が子供を常に理系に引き付けるような努力をしなければいけないと説く。大槻教授に質問の手紙を送った際に教授に招かれ、実験を教授の解説つきで生で見て、理系に進むことを決めたという、理系学生の話が印象に残る。研究、高等教育だけでなく、子供の好奇心にも応える大槻教授の口先だけではない、理科普及に懸ける
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告