無料配送: 4月24日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 23日の金曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り15点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
子供たちに伝えたい「本当の日本」 がカートに入りました
+ ¥300 配送料
お届け日 (配送料: ¥300 ): 4月24日 - 26日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古書籍のため商品は経年の使用感、経年劣化,ヤケなどがある場合がございます。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことがございます。当社の出品は、アマゾンコンディションガイドライン 【良い】 に準じて出品を行っております。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。当社2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。 ゆうメールは、日曜、祝日の配達がないため到着予定日が日曜 祝日と重なる場合は、翌平日の配達となります。基本的に帯は付属しません。中古のためアクセスコードなどある場合、その有無は確認できません。ご了承いただけましたら幸いです。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


子供たちに伝えたい「本当の日本」 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/5/23

5つ星のうち4.6 59個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,540
¥1,540 ¥957

よく一緒に購入されている商品

  • 子供たちに伝えたい「本当の日本」
  • +
  • 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本
  • +
  • 坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」
総額: ¥4,840
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私たちが知るべき歴史や経済、日本の原動力である和の精神を彼らにどう伝えるかをわかりやすく解説!若者や子供たちに「日本」という誇りと夢を!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

神谷/宗幣
昭和52年福井県生まれ。関西大学法科大学院卒業。予備自衛官三等陸曹。元吹田市議会議員、元副議長。平成21年「龍馬プロジェクト全国会」を発足し全国を行脚し、会長として現在250名の会員を束ねる。平成24年11月議員を辞職し、自由民主党の候補者として衆議院選挙を戦う。平成25年、イシキカイカク株式会社を設立し、インターネットチャンネル『CGS』をスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 青林堂 (2019/5/23)
  • 発売日 : 2019/5/23
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 237ページ
  • ISBN-10 : 4792606497
  • ISBN-13 : 978-4792606497
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 59個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
59 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年5月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 近現代史の部分だけでも必見です
ユーザー名: あさこ、日付: 2019年5月28日
近現代500年の大まかな世界の流れが
冒頭のたった30ページ程に凝縮されていて非常にわかりやすく、
この部分だけでも読む価値があります。
(正直立ち読みでもいいから読んでほしいレベルです)

『学校の教科書では教えてくれない』
みたいなキャッチフレーズのテレビ番組や書籍は世の中たくさんありますが、
この本に書いてある事は絶対にメディアでは放送されません。
(これが放送されちゃったら、日本人黙っていられないと思うので‥‥)

おそらく、今の世の中に何かしらモヤモヤした疑問や不安を持っている人は、
この本を読めばその原因が摘めるかもしれません。
私達は想像以上に知らない事が多すぎて、
それが不運にも生活に直結してしまってるものだから、非常に厄介だと気付かされます。

歴史認識やマスメディア、健康、教育、
政治経済、軍事やスピリチュアルまで、
様々なジャンルを取り上げ、
全てが繋がっていることをわかりやすく説明
しています。

ここまでリアルに書いちゃって大丈夫なのかな、
と個人的には思いますが、
この本がとにかく沢山の人の元に届いてほしいなと願います。
(特に若い人やお子様のいるお母さんに読んでほしいですね)

表紙はなんだかホンワカしてますが
内容はグサグサ心に突き刺さりますので、
表紙の爽やかな著者の笑顔に騙されないようにお気を付けください(笑)

欲を言えば、中学生ぐらいから読むのを想定して少し難しい言葉にフリガナを付けて、
その分野のオススメ本などをもっと載せて頂けたら嬉しかったです。

YouTubeのCGSという番組にも、
この本をもっと深掘りした膨大な情報があるので、
見たことない人は是非参考にして欲しいですね。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 子供だけでなくその親、日本に留学している外国人には全員読んでもらいたいと思える1冊
ユーザー名: 『モテる男の最強健康ブログ』管理人大山誠人、日付: 2019年6月12日
超オススメ『子供たちに伝えたい「本当の日本」』
神谷宗幣氏 2019年5月初版

https://amzn.to/2WEpSrA

まず本書は子供、そして日本に留学している外国人全員に読んでもらいたい裏の教科書です。

裏と書くと聞こえは悪いですが、その表は勝者によって一方的に作られた現在学校で使われている教科書です。

世界の真の歴史を知るには、受験勉強だけでは完全に不足で、個人的には
『闇の世界史』
『カナンの呪い 寄生虫ユダヤ3000年の悪魔学』
『シオンの議定書』
『真のユダヤ史』
辺りを読んでおくとバランスが良いと思います。

なお、先ほど歴史は勝者によって作られると陳腐な言い回しを使いましたが、勝者とは米国ではないです。

よく日本はアメリカの言いなり、属国、とかアメリを悪く言う意見がありますが、私から見たらアメリカだって被支配国で被害国です。

近代数百年の歴史の中で絶えず莫大な利益を上げ続けてきたのは誰か、フランス、イギリス、アメリカを借金でがんじがらめにして裏で支配しているのは誰か、は陰謀論抜きにして明白だと思います。

そして日本の政治は闇の支配者達の意のまま、教育だって日本人のプライド、愛国心、道徳心を育てることのないものになっており、リーダーが生まれにくい環境になっています。

こんな絶望的な状況をどうやって子供に分かりやすく教えることができるのか、ネガティヴにさせるのではなく前向きに自分で考えることのできるような子供に育てることができるのか。

その1つの方法として、本書を読ませて、自分で気づかせ、考えさせるようにすれば良いのではと思います。

個人的にはさらに明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏の古事記関連の本を読むようにすればさらに良いと思います。

なお、本書は子供や前提知識がない一般の人が読んで分かりやすいようにすることを優先しており、エビデンスの記載がほとんどないのはネックです。

また著者は無農薬野菜、玄米を農家さんから買い勧めていますが、具体的な購入先の紹介もすれば、真面目な自然農法の農家さんのためにもなり、その購入に慣れていない読者の方にも良いのにな、と感じました。

ただそういうマイナス点があったとしても本書はお勧めです。

意見を押し付けるのではなく、なんとか読者に自ら気づかせよう、自ら調べ、考え、判断する力をつけさせようという著者の想いと配慮も感じられます。

ということで、繰り返しになりますが、個人的には子を持つ親、日本に留学している外国人には全員読んでもらいたいと思える1冊でした。

追伸
このレベルの内容でも本として出版するのは命のリスクがあるのではと感じました。

本書にも書かれていますがアメリカ(某ユダヤ)に従わず、日本を良くしようと志を持った政治家はなぜか病死したり失脚しています。

また本書には書かれていませんが、某ユダヤにとって巨額ドル箱のワクチン関連、抗がん剤関連のアンチ意見を書く医師などもリアルに命の危険があります。

それを防ぐ一つの手段としては自らの発信媒体を持つことで、本書の著者もそれを持っているので大丈夫かと思いますが、なんとか安全に啓蒙活動を続けていただきたいと思います。

追伸2
当たり前のことですがユダヤ人全員が問題というのではなくユダヤ人のトップのリーダー層(現代社会をお金の力で完全に支配している)の思想が問題なのです。

(以下ネタバレメモ一部)
大航海時代=大侵略時代

戊辰戦争の車は双方合わせて8500人程度

ペリーはアメリカにおけるロスチャイルド代理人オーガストベルモントの義理の父

西郷隆盛の映画ラストサムライのモデル

日露戦争で日本に資金提供したのはジェイコブシフというユダヤ人。

金融を握るユダヤ人はロマノフ王朝に迫害されていた。

ロシア革命で革命家に資本提供していたのはユダヤ人を中心とした資本家ということは教科書に書かれていない

日露戦争は近代における有色人種が白人国家に勝った初の戦い

お金の流れを追っていくと世界の戦争や紛争はその多くが小人たちと彼らが影響力を持つ国家の茶番劇

大東亜戦争の目的は日本の自立を守り白人の支配からアジアを解放することだった

自衛隊だけで日本を守る体制は戦後70年以上経った今でも作られていない

首都である東京の空は米軍の空域になっていて日本の飛行機は自国の空であるにもかかわらず自由に飛べない

日本の政治家に資金提供して最初に自民党を組織させたのはアメリカ、自民党に対抗した社会党には旧ソ連が資金提供していた

軍事的の戦いの3つの段階
1情報戦、心理戦
2経済戦
3実戦

日本がアメリカとの戦争に踏み切ったのは石油などの輸入を止めると言う経済性を仕掛けられたことがそもそものきっかけ

日本の潜水艦の性能と操作技術は高く世界トップレベルだと言われている

日本のゲーム機の部品を使って軍事用のドローンを作っている国がある

イスラエルが軍事研究をしてそこで生み出された技術を民間転用して世界でビジネスをしている

預かり証自体に価値を持たせたことが紙幣の始まり

架空の預かり証の偽造する信用創造の仕組みは東欧系ユダヤ人が考えた

知的財産権もユダヤ人が考え出した仕組み

資本を持つ商人にとって都合の悪い国は情報操作で悪者にしてからどこかの国に武器を渡して負けさせてから言うことを聞かせればいい

化学肥料が有効な理由
植物は地球に有害な物質を吸収し地球をする役割を持っているから有害な化学成分だと判断したらそれを全部吸い上げてくれて大きく育つというメカニズムになっている。
また吸い上げた有害成分を分解するために虫などがやってきてそれらを食べてくれる

日本の武士道の基本は自分の家族や一族を命をかけてしっかり守ると言う事

量子力学
すべてのものは量子であって量子は意思や念によって動く

熊野飛鳥むすびの里
陸上自衛隊の特殊作戦部隊をつくった荒谷卓

悟性とは知識とか頭だけで考えると言う事

循環を回し続ける力が理性、自然の循環を切り取って固めてしまう力が悟性

自然に近いものを着用した方が人間のエネルギーが高まると言う研究結果もある

戦後は人のエネルギーを高めてくれる大麻の栽培がGHQに禁止されてしまったがこれには何らかの意図がある

食生活が整い体が変化していくと「本当に良いものを少量食べる」と言う思考に変わっていく。そうすると病気もなくなり体もどんどん元気になりいいことずくめ

和歌山県ゆの里の特殊な湧き水

子育て中にのポイント
自分が子供の先生になる
家庭のルールを決めておく
ティーチングではなくコーチング
衣食住を見直す
子供の発達段階に合わせて関係を作る
フローに入れる状態を作る
日本語マスターを育てる
自分で料理をさせる
エサを与えずその取り方を教える
友人の選び方を伝える
家に神棚と仏壇を置く
命の使い方を考えさせる

0〜3歳
爬虫類脳
直感や反射神経、運動能力、行動力や決断力などを司る部分が1番育つタイミング

3〜10歳
哺乳類脳
人間の感性や共感力、対人コミニュケーション能力が育まれる時期

子供に本格的に勉強させるのは思考脳が発達してきた10歳以降

教育は学校任せにするのではなくて親が先生になってあげることが基本

イスラエルのITエンジニアはテレビやスマホのゲームは子供を馬鹿にするから与えないと言っていた

日本語と外国語では話すときに使う脳の部位も違ってくる

一緒にいて居心地が良い人とだけ付き合ってはいけない
その人といると自分がもっと頑張らなくちゃいけない、自分はなんて至らないんだろうと自分を奮発させてくれる人を選ばないといけない

戦後の日本にはリーダー教育がないのでリーダー不在のまま画一的に言われたことをきちんとできる人間を作る教育を変わらずにやってきた、それが今の社会

日本には今だけ、金だけ、自分だけと言う意識の人が昔に比べて増えてしまった
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年6月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告