通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書込みなし、多少カバー等イタミ、多少経年の影響ありますが、本文自体には目立つイタミもなく、十分ご活用頂けます。旧カバー。帯なし。迅速発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

<子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス 新書 – 1996/5/20

5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • <子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
  • +
  • 子どものための哲学対話 (講談社文庫)
  • +
  • 翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫)
総額: ¥2,170
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自分ひとり裸一貫で哲学することのすすめ。なぜ悪いことをしてはいけないのか。なぜぼくは存在するのか。この二つの大問題に答えはあるだろうか。脳に汗して考え、自分の答えを見つけるプロセスを語る。(講談社現代新書)

著者について

1951年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得。現在、信州大学教授。専攻は哲学・倫理学。著書に『〈私〉のメタフィジックス』『〈魂〉に対する態度』―勁草書房、『翔太と猫のインサイトの夏休み』―ナカニシヤ出版―など。


登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 講談社 (1996/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061493019
  • ISBN-13: 978-4061493018
  • 発売日: 1996/5/20
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,482位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぶう2954 投稿日 2016/10/30
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白く最後まで読めた。
哲学は主体的な営為であり、思想とは異なるという整理の仕方が分かりやすい。
難しい内容だ。
もう一度よみたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
課題のために購入しました。思ったより早く届いて助かりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
近年活字恐怖症だからかもしれないが、やはり哲学は難しいと感じてしまった。
しかし他の入門書的なものよりかは解り易い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
哲学と聞くと多くの人がカントが、ニーチェが、ソクラテスが何を言った、という事を知る事だと思っている節がある。
あるいはなんかいい事を言った人みたいなイメージも多いと思う。
しかし、哲学の本質はそこではない、というところが大きなポイントの一つで、この本の中で具体的に論じられている問題はあくまで永井氏にとっての問題であって、別に共感を求めていないし、ただ批判があれば是非してくれ、という具合で別に読み手がどう思おうと一旦意に介さないような作りだと思う。

私は哲学については暇な時に気が向いて思索的な本を読む程度の興味ではあるが、この本の、というか永井氏の哲学に対する態度については非常に共感的に感じるところもあるので、非常に面白く読めました。
タイトルは別に子供向けに哲学入門書を書きました、ということではなく、あくまで(いつまでも素朴な疑問を素朴なまま悩み続ける)<こども>のための哲学(の仕方)についてなので、そこを期待されても後悔します。
所謂商業的な視点が100%ないことはないだろうけど、別に平易な内容ですということではないのでお気をつけて(笑)

哲学家なんてのはおよそ普通なら考えなくても生きていけるある種に取り付かれて悩み続ける社会的な適応性の低い人種である。
彼等によって書かれた書物はその苦
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
娘も私も読んでみましたが、、、何も残らなかった。残念ですが、私の理解度が低いのかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
1.著者は、本文中<子供>というのは 考え続ける大人のことだと言っているが、この著者はただ単に思い込みが激しいというか、自分のことしか眼中にないというか、つまり本当に子供なのだなあと感じた(自己中がプンプン匂ってくる)。    2. 認識論的独我論をなんの論拠も示さずに見当はずれだと決めつけ、自分の幼稚な子供の独我論こそが本物だと言い切っているのには呆れた。   3. 野矢茂樹氏の著書と同内容の部分があるがどちらが勝手に真似しているのだろう。 著者の性格からして私は著者のほうを疑っている。   4.こんな本を金を払って買ってしまったのがくやしい。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
前半はいわゆる「意識の超難問」を扱い、後半はメタ倫理学の議論を中心に触れながら、規範倫理学との架橋となるべきものが問題として扱われている。つまり道徳的に正しいことと、それを良い、好ましいと考えることに必然性は無い、という問題。
「意識の超難問」は、他分野の研究者間でもアカデミックな議論がされているので、良い意味で著者が単独で提起しているような孤立した形而上の問いではない。単純故に難解、という〈子ども〉の問題。子どもの頃に抱きがちな自分以外の世界は本当に存在してるのか、という独我論から、もう一段階進んだ、「〈ぼく〉がぼくであること」についての思索。大人になると柵ばかりで自分が誰だかわからないどころか一つの存在として固着されてしまうので、そんな自分から脱却した本当の「本当の」自分について考えられる一服の清涼剤としても機能する(かも)。ただ、善くも悪くもちょっと繰り返しが多い。丁寧な説明でも確かにあるのだが、そう考えるよりは紙幅を稼ぐためのように見受けられる。〈ぼく〉についての締めの逆説的な帰結は面白い。
後半は「なぜ悪いことをしてはいけないのか」という問題を扱い、より厳密に言うと「なぜ「よい」ことをすべきなのか」という問題を扱う。本来、道徳的によいことと、それに従うべき、ということの間には隙間があるはずで、そこをどう埋めるかについて、倫理学を倫理学たらしめているもの
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 子どものための哲学入門書(手引書)と銘打っているが、永井さんには問題を戯画化して料理してしまうような不誠実さ(おせっかいさ?)がぜんぜんないため、かなり重厚で慎重な展開となっており、「子どものための・・・」というわりにはハイレベル。
 テーマは2つ。「なぜぼくは存在するのか」と「なぜ悪いことをしてはいけないのか」である。
 この2つの疑問は普遍的な問題なのかもしれないし、そうでないのかもしれないが、いつまでもそこにとどまってもいられないのでどこかの段階でこれらの問いを「了解事項(永遠の棚上げ事項)」にして日常の問題に取り組んでいくのが「大人」なのかもしれない。
 きわめて私的で他人と共有できるかどうかもあやしい「私的な問い」を潜水するように追求することが哲学の入口であって、こういった肉感というか切迫感のないまま他人の哲学を勉強して思想の陳列棚を充実させることは哲学とはなんの関係もない、というのが本書の基本的立場である。哲学は役に立たない。役に立つとは何かの価値を前提としてその実現に貢献することだが、哲学にはどんな価値も前提としないことが許される唯一の営みである、ということに哲学の意義めいたものがある。哲学は尽きせぬ遊びのようにも思われる。
・・・2016年10月31日再読・・・
 曰く・・・
 子どものときに抱く素朴な疑
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告