中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

子どもを放射能汚染から守りぬく方法 単行本 – 2011/6/24

5つ星のうち 3.5 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

放射能は怖いけれど、何をすべきかわからない。政府は「健康に問題はない」と繰り返すばかりでとても信用できない。「いったいどれだけ被ばくすると危険なの?」「結局うちの子は大丈夫なの?」。福島第一原発の事故後、お母さん、お父さんの立場に立った政府やマスコミへの提言で熱い支持を受ける武田邦彦氏が、正しい放射線対策を伝授。危険な放射性物質の避け方、放射性物質を取り除く掃除法、食品の選び方など、子どもの被ばくを少しでも減らすための“日常生活でできる具体的な方法”をやさしく解説します。尾木直樹氏(尾木ママ)との緊急対談にもぜひ注目を。「被ばく量がわかる計算式」収録。

プロローグ 子どもの目線で放射性物質がたまりやすい
危険な場所をチェック
緊急対談 武田邦彦×尾木直樹
     「子どもの将来を守るために」
PART1 子どもを放射能から守る
PART2 ママとパパのための放射線対策
PART3 放射線を防ぐ日常生活の知恵
PART4 疑問や不安を解消するには
PART5 子どもたちの未来のために
●被ばく量がわかる計算式
●放射能の用語ミニ事典

内容(「BOOK」データベースより)

放射性物質を取り除くには掃除がいちばん。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 145ページ
  • 出版社: 主婦と生活社 (2011/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4391140799
  • ISBN-13: 978-4391140798
  • 発売日: 2011/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 406,124位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本を読んで泣けてきた。
いま子供を守ろうとする親は孤立しているからだ。

政府も役所も学校も、そして枝野も・・・

「健康に影響はない」

を繰り返すばかり。

だから、体育や給食、遠足等で、放射能の危険性を訴えれば
「おかしいんじゃない?」「神経質だ!」と疎んせられるのだ。

そんな中、唯一、武田さんは親の立場から
どうやったら自分の子供を守れるのか情報を発信している。
「後から考えれば大げさだったよね」と笑い話になるくらい
過剰に反応したほうがいい、という先生の言葉に
どれほど多くの子供を持つ親が勇気づけられていることか!

政府や役所も大手マスコミも信用できない中で
一人でも多くの小さな子供をもつ親御さんに
この本を読んでいただきたいと思う。
コメント 134人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MAZIC_TV 殿堂入りレビュアー 投稿日 2011/7/2
形式: 単行本
まず、この著書は、
HPで更新される武田邦彦氏のブログが、
ベースになっていると思います。

本書も、世界基準である、
「人が1年間で浴びて良いのは1ミリシーベルト」
を軸に、分かりやすく持論を展開します。

被ばく量、掃除の方法など、
参考になる情報は、他の著書と同じで、
相変わらず。

しかし今回は、
尾木直樹氏の視点が入った事で、
子どもが受ける教育現場の、
問題のある実態が浮き彫りになっていました。

特に、以下の情報は、
武田氏の他の著書には無かったり、
計算のサンプルなどは、
より詳しい解説があって分かり易かったです。
 ※( )はページの分量です。

・巻末のカラーページ地図(1ページ)
 →3月から5月までの放射性物質の飛散量を、
  日本地図で色分けした簡略の地図

・放射性物質がたまる危険な場所(10ページ)
 →子ども目線で綿ボコリが貯まる場所を、
  公園、家、玄関などイラスト付きで解説。

・武田邦彦氏と尾木直樹氏との対談(17ページ)
 →
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず、この本を読んで、すっきりした。
無駄な不安が払拭されたし、自分の気持ちが代弁されているような文が多く
11ヶ月の娘をもつ親としては本当に読んでよかった一冊。

政府発表もマスコミ報道もいまいち信用できず、
神奈川県に住む自分がどれほど放射能汚染を恐れ
対策するべきかモヤモヤしていたので、現段階で、
自力でなにができるかわかったのが、とても精神衛生上良かった。

また、"汚染された"食品(基準値以下なら安全か、ということについては本書参照)を
購入し、わが子を内部被爆させることは復興支援とは違うという『風評被害』問題については
まさにわが意を得たり、でスッキリ。

子供のいない人にも是非読んでもらい、子育て世代に理解協力して欲しい。
もちろん当人の身を守るにも役立つ。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 こんな項目から本書は書かれている
・子どもの目線で放射性物質がたまりやすい危険な場所を再チェック
・子どもを放射能から守る
・ママとパパのための放射能対策
・放射線を防ぐ日常生活の知恵
・疑問や不安を解消するには
・被ばく量のわかる計算式
・子どもたちの未来のために
武田邦彦と尾木直樹の対談もまさにそのとおりである。
誰でも分かり易く、セシウムのことやシーベルトの計算などを解説している。
カリウムの多い食品をとることがセシウム摂取を制限する、野菜の基準の嘘
など、どれもこれから有効な情報満載である。子どものいる家庭だけではなく、
多くの人々が常備しておいた方がいい本である。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
武田教授のホームページを見てからこの本を読めば放射能から防御する事はほぼ完全に出来ます。放射線を漏らす事故を起こす原子力政策に対しても鋭く切り込んでおり、これからのエネルギー選択の予備知識も得られ費用対効果は抜群です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック