Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 950
ポイント : 9pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[岸見一郎]の子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気 (幻冬舎単行本)
Kindle App Ad

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気 (幻冬舎単行本) Kindle版

5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 950
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188 ¥ 1,477

商品の説明

内容紹介

親子関係に効くアドラー哲学

アドラー心理学研究の第一人者にして大ベストセラー『嫌われる勇気』著者・岸見一郎氏による、
子どもとよりよい関係を築くためのアドラー哲学が凝縮された一冊。

もくじ
第1章 叱らない、ほめない子育て
られてばかりのスケールの小さい子
誰もがやさしい言葉をかけてくれるとは限らない
親とて子どもの人生を決められない
ありのままの子どもを見よう
子どもが失敗した時は子どもが責任を取る
いつか親のもとを離れていく子どもたちへ
見ている人がいるからゴミを拾うのか?
無視されるよりられた方がまし
子どものことは親が一番よく知っているという思い込み
「悪い親」がいるのではない、「下手な親」がいるのだ
体罰に正義など何もない

第2章 勉強ができる子、できない子
知らないことを知る喜び
勉強がつらいとやめてしまう子、続けられる子
たしかに入試は競争だが、仲間もつくれる
医学部の勉強は入学してからが本当に大変
明日からダイエット! そんなセリフは聞き飽きた?
勉強は家事の手伝いより大切か?
受験生だからといって家族の中で特別視しない
子どもを上から目線で見ない
もしもゲームをしなければもっといい成績が取れたのに!?
子どもにイライラしたら見ないようにする
教科を教えるのではなく、教科で教える

第3章 一生強く生きられる勇気づけ
自分にはできないと思い込まない
援助は受けるだけでなく与えてこそ喜びとなる
メダルを取れなかったら、謝るのか
神に呼ばれたシュバイツァー
子どもの長所に光を当てよう
自分には価値がある、と思えるか
尊敬される十一歳の偉大な指揮者
劣等感は今の自分より前に進む原動力
地道な努力をしない成功は、すぐ失われる
子どもが自分自身の判断で、子どもの人生を決める

内容(「BOOK」データベースより)

叱ってはいけない、ほめてもいけない。「勉強しないわが子」親はどうすべき?ミリオンセラー『嫌われる勇気』の著者による、ありのままを受け入れる、親の強い心とは。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 505 KB
  • 紙の本の長さ: 112 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/10/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LWIY1QE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,777位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本書の特色は、子どもの勉強に親は何ができるかということについて詳しく言及していることです。
(「まえがき」より。)

『嫌われる勇気』の鮮烈な印象が強い著者ですが、
近年においては『子育てのためのアドラー心理学入門』、『叱らない子育て』など、
「子育て」をタイトルに冠する書籍のリリースにも意欲的です。
その実、読者は「子育て」のみではなく、「人生の機微」について学ぶところになるのですが。

「叱りなさい」「叱ってはいけない」
「ほめなさい」「ほめていはいけない」
育児に"即効性"を求める親が、溢れんばかりの情報に翻弄される様を筆者は看過できなかったのでしょう。
決定版ともいえる一冊に仕上がっています。

なお、この本に限らず、著者に対し「同語反復」の多さを指摘する主旨の書評を目にする機会があります。
本書に接することで確信を深めた点は、繰り返されるフレーズにこそ、
岸見一郎の真意の断片が散りばめられているということ。

その臨場感に注意深く接することで、内容の理解と体得への一助となるのではないでしょうか。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こんにちは、古舘 健です。

中学生の頃、親に勧められ、塾に体験入学したことがありました。その後、塾の先生が家に来て、いろいろな授業を勧めてくれました。塾の先生と両親に囲まれ、そのまま「塾に入る」ということが決まってしまったのです。

「この前、塾に入るって言ったよね。入学金をもう払ったよ」と両親は言いました。

自分は泣きました。「あの状況で『塾に入る』と言う選択肢以外なかったじゃないか」と私は言いました。結局、その塾には入らなくてすみました。

しかし、その事件があってから、自分のことは自分で決めることができる、と実感することができました。もし、あのとき無理やりその名門塾に通わされていたら、今とはまったく違った人生を歩んでいただろうと私は思います。

それから一年後、自分から両親に「塾に入りたい」と私は言いました。理由は単純でした。「一緒に塾で勉強しよう」と親友が言ったからです。

自分のことは自分で決める、という経験は、本書の以下の部分と重なりました。

「『あなたのためにいっている』というようなことを親はいったりしますが、多くの場合、愛情という名に隠された支配でしかありません。
受験について言えば、自分で進路を選び、その上で失
...続きを読む ›
コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読んだ後に知ったのですが、連載のまとめ本だったようで短めの文章で事例のようなものがたくさん載っています。
アドラー心理学の深い話には入り込まず、アドラー心理学ではこのような考えをしますよ。こういう考え方をしてみたらいかがですか?というような軽めのアドバイス本という印象です。
アドラー心理学に興味がない方でもサラッと読めるかと思います。

私は、「嫌われる勇気」を読んでからこの本を読みましたので、その復習本というように感じました。
嫌われる勇気を読んだことがある方には特に目新しい内容はないと思います。
私はこの本に、子育てに対する具体的な対処法を期待して読んだため、正直期待はずれでした。
ですがこの本を読み終わって思ったのは、具体的対処法は自分で考えるべきなのかなということです。アドラー心理学の基本理念を心に留めて行動していけば、自ずと対処法が明らかになるのではないかと思いました。
子育てでいえば、子供とは人間として対等に接し、手助けはすれど子供の課題に土足では踏み込まない。この考えが全てだなと感じました。
その前提の上で、十人十色の子供や親子関係やその時の状況に合わせて具体的な対処法というものは異なるでしょうし。まあ具体的な対処法というよりも、実践すれば結果が自ずとついてくる…という気がします
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「嫌われる勇気」の岸見氏の子育てに関するアドラー心理学の視点からのアドバイス集です。
本書全体を通して流れるテーマは、「子どもを大人の下に見ず、対等な関係として向き合おう」というものです。子どもを褒めたり叱ったりして評価するのではなく、子ども自身の意思や能力を認め、親の都合や感情で介入するのをやめて、子どもの存在を信頼し尊重することが、子の自立・自己肯定を育てるための良いアプローチである、と述べられています。

読んでいて、7つの習慣の著者のインサイド・アウトのアプローチの例えを思い出しました。著者の息子の泣き虫で意気地なしの原因が、著者自身の過干渉(親自身が息子は弱いという意識に捕らわれて過保護になっていた)だと気づき、意識的に親が介入しないようにして見守ることで、子どもの自信がメキメキ回復した、という話です。

また、「勉強しなさい」と叱るより、「学ぶことは面白い!楽しいんだ!」と思えるきっかけをつくることが大切、という点は、小さい子を持つ親としては本当にそうありたいな、と思わされます。前述の褒めない・叱らないことや「課題の分離」を親子感にも適用することなど、理想的にはそうできれば素晴らしいと思う反面、実践には相当に「親の側の鍛錬・根気」が求められるな、と感じました。

なお他のレビュワーの方も書かれています
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover