通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書) 新書 – 2008/11/20

5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 96

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)
  • +
  • 子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)
  • +
  • 子どもの貧困連鎖 (新潮文庫)
総額: ¥2,408
ポイントの合計: 184pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

健康、学力、そして将来…。大人になっても続く、人生のスタートラインにおける「不利」。OECD諸国の中で第二位という日本の貧困の現実を前に、子どもの貧困の定義、測定方法、そして、さまざまな「不利」と貧困の関係を、豊富なデータをもとに検証する。貧困の世代間連鎖を断つために本当に必要な「子ども対策」とは何か。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

阿部/彩
マサチューセッツ工科大学卒業。タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修士号・博士号取得。国際連合、海外経済協力基金を経て、1999年より、国立社会保障、人口問題研究所国際関係部第2室長に就任。厚生労働省「ホームレスの実態に関する全国調査検討会」委員、内閣府男女共同参画会議監視・影響調査専門調査会「生活困難を抱える男女に関する検討会」メンバーなどを務める。『生活保護の経済分析』(共著、東京大学出版会、2008年)にて第51回日経・経済図書文化賞を受賞。研究テーマは、貧困、社会的排除、社会保障、公的扶助(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2008/11/20)
  • ISBN-10: 4004311578
  • ISBN-13: 978-4004311577
  • 発売日: 2008/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,825位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
子ども自身が貧困ではなく、子どものいる家庭が貧困に陥っているということだが、昔のように貧困家庭に育っても社会的に成功するチャンスがわれわれの親の世代程多くなく、むしろ貧困家庭に育つ→高等教育を受けるチャンスが激減→就職で不利に→自身が貧困層から抜け出すことができない、と貧困層が固定化してしまう傾向が強まりつつあるようだ。

 だれもすき好んで貧困になりたいとは思わないはずだが、貧困層が増加することで本人が苦しむのみならず、貧困がさらなる悲劇や苦痛をもたらすこともあるだろう。もっと言えば社会が不安定になることにもつながるかもしれない。その意味では「本人の責任」といって放置することはできないのである。

 その上、ショックだったのは、子どもの貧困率を家族給付や減税等による再配分の前後で比較したグラフ(p96)だ。OECD18カ国中、日本だけが再配分後の方が貧困率が増加している。社会保障制度や税制度によって日本の子どもの貧困率は悪化している!こんな国はない。

 なぜ日本だけこのようにお粗末な状態になっているかは、終身雇用と年功序列により会社が社会保障の役目を果たしていたため国が制度を考えなくても良かったからだというのが筆者の分析である。

 今後少子高齢化がどんどん進む中、若い人の活力をより一層引き出せるよ
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 picander トップ1000レビュアー 投稿日 2009/3/6
形式: 新書
ほとんどの日本人は、これまで
「アメリカに比べると、日本は高い税金が弱者にまわっているから子どもや弱者にやさしい社会のはず」
と漠然と思ってきたはずだ。
本書でその認識が間違いであったと示された(表3-3)。
日本の低所得者は米、仏、独、英等に比べて多くの税・社会保障負担を強いられている。
つまり、日本で貧困から抜け出すことは、他の先進国よりも難しい。

豊富なデータで、日本の子どもと子育てが、他の先進諸国に比べて劣悪な環境下でなされていることが立証される。
特筆すべきは政府の「逆機能」。税制や社会保障制度で、子どもの貧困率は改善ではなく悪化している(図3-4)。冷静な著者もここで「!」マークをつけて訴えるほど、驚くべき政治システムである。再配分は政治の根幹にある機能ではなかったのか。

本書で問題の所在は様々な角度から見事に検証されたが、読者はそのぶん疑問も増えるだろう。
本書にあるような目に見えるデータは以前からあったし、政府は知りえる立場であったにも関わらず、なぜ子ども・子育てへの支援は今なおここまで少ないのか?
そして、それを解決する制度をデザインするのは、厚労省?文部省?地方自治体?少子化担当大臣?
疑問は残るが、国民が薄々知っているのは、誰も
...続きを読む ›
2 コメント 160人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 不謹慎とは思うが最初に書いておく。結構面白いです。
 ばか笑いする内容ではないが、好奇心は刺激されます。
 例えばアメリカにおける「親の収入と子供の学力の関係」を調べる方法が紹介されてる。同一地区から無作為に選んだ二つのグループの片一方にのみ数年間援助しその後の学力の違いを見る。その結果、他の条件が全て同じでもお金で成績は変わるという結果が出てくる。
 評者は結果の意外性や研究者の実験アイデア、アメリカの自由な研究文化に驚き、面白いと感じました。

 著者は研究者であり、本書には人目を引く派手な逸話が並んでいるわけではない。母子家庭のアンケート結果は胸が詰まる内容だが、それくらいです。総じてデータの裏付けのある事実を述べている。
 それだけに著者の主張は重く受け止めるべきです。
 特に社会保障の逆進性による貧困率の上昇や、母子家庭の低賃金過重労働や、日本社会の貧困児童に対する冷淡さは、普通の日本人が抱いている日本のイメージとは大きく異なる。実態を世間に伝え、民意を形成していく事が必要と思う。

 本書の前半では親の貧困が子供の将来に渡って生活や能力に悪影響を与えており、豊かになった日本でも珍しくないことを記している。これは、自由競争の倫理的正当性を担保する機会の平等が達成されてない事を意味し
...続きを読む ›
3 コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 この本は、実は日本が子供貧困大国であることを示してくれる本です。

 「実は」と書きましたが、日本は高齢者優先社会なわけでして、子供・若者が犠牲になる社会であるということは、そんなに不思議なことではありません。そのことを様々なデータを用いて紹介してくれます。要は、我々は、子供が社会の成熟度に比して悲惨な状況にあることを、知らない、もしくは知ろうとしないというだけなのです。

 例えば、日本の社会の中では、子どもは約7人に1人は貧困状態にあるそうです(52頁)。この点は、日本の老人が5人に1人が貧困状態にあることを考えれば、「なんだ、やっぱり高齢者の方が弱いではないか」という結論に達しそうです。しかし、子どもの貧困率は、年々上昇傾向にあるそうで、社会保障制度において、まず子供から削られるのが、日本の政策・社会・文化だということが伺えそうです。ちなみに国際基準でも、決して貧困率が低い方ではなく、先進国基準では、アメリカ、イギリス、カナダ、イタリアに次いで貧困率が高いそうです。

 また、日本は、家族関連の社会支出が低いというデータも引用されています(77頁)。ほぼアメリカと同等で、ドイツの国民負担率(2%)の約4割の0.75%です。

 もう一つ面白いデータが。この本によれば、日本は税の再配分が行われると
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー