この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス) 単行本(ソフトカバー) – 1999/7/1

5つ星のうち4.1 4個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥4,821 ¥510
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonブラックフライデー開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンやエントリーで5,000ポイントが抽選で当たるキャンペーンも同時開催中。 Amazonブラックフライデーを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

子どもは感動したこと、発見したことを、実に魅力的に、独特の論理・絵の表現で物語ってくれる。頭から手足がでた「頭足人」などの作品例を年齢順に見ていき、脳の発達とともに、より複雑な表現を獲得していく道筋を跡付ける。第一線で美術教育・発達科学研究に携わったフィールドワークを踏まえ、子どもは何を描いているか、人間はなぜ描くのか、考える。また、「展開描法」「多視点画」など、古代人の絵とも共通性がある子どもの絵の特徴から、銅鐸や壁画に描かれた物語を読み解くユニークな試みも紹介する。

内容(「MARC」データベースより)

第一線で美術教育・発達心理学研究に携わったフィールドワークを踏まえ、子どもは何を描いているのか、人間はなぜ描くのかを考える。また、子どもと古代人の絵の共通性から銅鐸に描かれた物語を読む試みも紹介。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 214ページ
  • 出版社: NHK出版 (1999/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140018631
  • ISBN-13: 978-4140018637
  • 発売日: 1999/7/1
  • 梱包サイズ: 17.8 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,378位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
評価の数 4
星5つ
57%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
43%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件のカスタマーレビュー

2017年7月9日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2019年2月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月31日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年11月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告